出版案内
福祉事業団

家康の「伊賀越え」、宿泊は寺 滋賀・甲賀の郷土史家、資料発見

「伊賀越え」で徳川家康が妙福寺に泊まっていたことを示す記述を見つけた相良さんと関連資料(甲賀市信楽町小川出)
「伊賀越え」で徳川家康が妙福寺に泊まっていたことを示す記述を見つけた相良さんと関連資料(甲賀市信楽町小川出)

 1582(天正10)年6月の「本能寺の変」で、徳川家康が滞在先の河内国四條畷から本拠地の岡崎城へ逃げ帰った「伊賀越え」の際、小川村(甲賀市信楽町)の妙福寺に泊まったことを示す記述が浄土宗寺院の資料にあることが、郷土史家の相楽貞喜さん(82)=同市信楽町小川出=の調査で分かった。通説では家康の警護をした地元の武将多羅尾氏の小川城に泊まったとされてきたが、専門家も「極めて信頼性が高い」と評価している。

 資料は増上寺(東京都港区)の「増上寺史科集」(1980年発行)と、知恩院(京都市東山区)の「浄土宗全書」(78年発行)。両書は1696(元禄9)年に徳川幕府が全国の浄土宗寺院に提出させた「浄土宗寺院由緒書」が基になっており、国内の東を増上寺、西を知恩院が分担して調査結果をまとめて幕府に提出し、同じものを一部ずつ両寺が所蔵した。

 この中で「阿彌陀寺末寺 江州甲賀郡信樂小川村 妙福寺 天正十年六月此寺ニ権現様御一行宿」との記述があった。「権現様」は家康のことで、「天正十年六月」とあることから、伊賀越えでの宿泊とみてほぼ間違いないという。

 相楽さんは、地元の菩提(ぼだい)寺である清光寺の沿革を2013年2月から2年以上にわたり調べていて偶然、記述を見つけた。妙福寺は現存しないが、複数の資料から存在したことは確実で、地元の観音堂には1846(弘化3)年奉納の妙福寺と書かれた額もある。

 本能寺の変は、家康にとって生涯最大の危機とされる。小川城は山城だが、多羅尾氏の城だったことから家康の宿泊先と伝えられたとみられ、歴史書やガイド本でも紹介されている。小川村集落は城の北側の麓にあった。相楽さんは「山城に泊まるとみせかけて麓に泊まる家康の慎重な性格がうかがえる」と話し、資料について簡単な冊子にまとめ、知人らに配布した。

 小川城跡を調査したことがある中井均滋賀県立大教授(日本城郭史)は「中世の山城で人が生活できる場所はないため家康は泊まっていないと思っていた。戦国武将が寺に臨時に泊まるのは当たり前だった。幕府が命じて作られた資料なので極めて信頼性は高く、貴重な発見だ」と話している。

【 2015年12月31日 16時40分 】

ニュース写真

  • 「伊賀越え」で徳川家康が妙福寺に泊まっていたことを示す記述を見つけた相良さんと関連資料(甲賀市信楽町小川出)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      事故や飲酒運転、タックルで吹っ飛ばせ 京都、府民運動始まる

      20161209000135

       年末の交通事故防止府民運動(11~31日)のスタート式が9日、京都市左京区の岡崎公園で..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      卓球、平野が逆転勝ちで8強へ
      伊藤敗退、グランドファイナル

      20161209000173

       【ドーハ共同】卓球のワールドツアー上位選手で争うグランドファイナル第2日は9日、ドーハ..... [ 記事へ ]

      経済

      エルメス流「おとぎ話の森の世界」 京都、祇園店で催し

      20161209000147

       大丸の創業300年を記念して京都市東山区祇園に期間限定で営業している「エルメス祇園店」..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      統計データ活用で連携 滋賀大と統計センターが協定締結

      20161209000165

       滋賀大(滋賀県彦根市馬場1丁目)と独立行政法人統計センター(東京都新宿区)は9日、統計..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      こうのとり打ち上げ成功
      6回連続、信頼性高める

      20161209000187

       宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は9日午後10時26分、国際宇宙ステーショ..... [ 記事へ ]

      国際

      平和賞は「天の贈り物」
      コロンビア大統領が会見

      20161209000188

       【オスロ共同】今年のノーベル平和賞に決まったコロンビアのサントス大統領は今月10日の授..... [ 記事へ ]