出版案内
福祉事業団
47NEWS

家康の「伊賀越え」、宿泊は寺 滋賀・甲賀の郷土史家、資料発見

「伊賀越え」で徳川家康が妙福寺に泊まっていたことを示す記述を見つけた相良さんと関連資料(甲賀市信楽町小川出)
「伊賀越え」で徳川家康が妙福寺に泊まっていたことを示す記述を見つけた相良さんと関連資料(甲賀市信楽町小川出)

 1582(天正10)年6月の「本能寺の変」で、徳川家康が滞在先の河内国四條畷から本拠地の岡崎城へ逃げ帰った「伊賀越え」の際、小川村(甲賀市信楽町)の妙福寺に泊まったことを示す記述が浄土宗寺院の資料にあることが、郷土史家の相楽貞喜さん(82)=同市信楽町小川出=の調査で分かった。通説では家康の警護をした地元の武将多羅尾氏の小川城に泊まったとされてきたが、専門家も「極めて信頼性が高い」と評価している。

 資料は増上寺(東京都港区)の「増上寺史科集」(1980年発行)と、知恩院(京都市東山区)の「浄土宗全書」(78年発行)。両書は1696(元禄9)年に徳川幕府が全国の浄土宗寺院に提出させた「浄土宗寺院由緒書」が基になっており、国内の東を増上寺、西を知恩院が分担して調査結果をまとめて幕府に提出し、同じものを一部ずつ両寺が所蔵した。

 この中で「阿彌陀寺末寺 江州甲賀郡信樂小川村 妙福寺 天正十年六月此寺ニ権現様御一行宿」との記述があった。「権現様」は家康のことで、「天正十年六月」とあることから、伊賀越えでの宿泊とみてほぼ間違いないという。

 相楽さんは、地元の菩提(ぼだい)寺である清光寺の沿革を2013年2月から2年以上にわたり調べていて偶然、記述を見つけた。妙福寺は現存しないが、複数の資料から存在したことは確実で、地元の観音堂には1846(弘化3)年奉納の妙福寺と書かれた額もある。

 本能寺の変は、家康にとって生涯最大の危機とされる。小川城は山城だが、多羅尾氏の城だったことから家康の宿泊先と伝えられたとみられ、歴史書やガイド本でも紹介されている。小川村集落は城の北側の麓にあった。相楽さんは「山城に泊まるとみせかけて麓に泊まる家康の慎重な性格がうかがえる」と話し、資料について簡単な冊子にまとめ、知人らに配布した。

 小川城跡を調査したことがある中井均滋賀県立大教授(日本城郭史)は「中世の山城で人が生活できる場所はないため家康は泊まっていないと思っていた。戦国武将が寺に臨時に泊まるのは当たり前だった。幕府が命じて作られた資料なので極めて信頼性は高く、貴重な発見だ」と話している。

【 2015年12月31日 16時40分 】

ニュース写真

  • 「伊賀越え」で徳川家康が妙福寺に泊まっていたことを示す記述を見つけた相良さんと関連資料(甲賀市信楽町小川出)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      民進代表選、両陣営が臨戦態勢
      蓮舫氏も選対事務所設置

      20160830000129

       民進党代表選は30日、前原誠司元外相に続き蓮舫代表代行が東京都内のホテルに選挙対策事務..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ソフト上野、ジャパン杯で復帰
      「東京五輪への第一歩」

      20160830000120

       ソフトボール女子が2020年東京五輪の追加種目に決まって初の国際大会、ジャパンカップ(..... [ 記事へ ]

      経済

      MRJ、監視センサーが誤作動
      空調の不具合

      20160830000109

       三菱航空機(愛知県豊山町)は30日、開発する国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      医大生、地域医療学ぶ 京都・福知山、トリアージも体験

      20160830000084

       地域医療を学ぼうと、京都府立医科大(京都市上京区)の学生が29日、福知山市厚中町の福知..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ネズミ上陸、オオミズナギドリ繁殖に影響? 京都・舞鶴沖の冠島

      20160830000029

       京都府舞鶴市教育委員会と冠島調査研究会は、同市沖の冠島で繁殖する府の鳥オオミズナギドリ..... [ 記事へ ]

      国際

      ジャカルタ、ナンバー規制を導入
      正式に渋滞緩和策

      20160830000106

       【ジャカルタ共同】インドネシアの首都ジャカルタ特別州は30日、朝夕のラッシュ時に、車の..... [ 記事へ ]