出版案内
福祉事業団
47NEWS

なぜ信長は本拠を近江に? 元安土城博副館長がガイド本

織田信長の歩みをたどるように県内の史跡を紹介する旅の本を出版した大沼さん(大津市瀬田南大萱町)
織田信長の歩みをたどるように県内の史跡を紹介する旅の本を出版した大沼さん(大津市瀬田南大萱町)

 安土城考古博物館元副館長で滋賀県文化財保護協会普及専門員の大沼芳幸さん(61)が、織田信長の県内での足跡をたどる旅行者向けのガイド本「信長が見た近江」を出版した。信長が築城や接収した城跡などを紹介し、華麗な天主と伝わる安土城築城の真意なども考察。「信長は戦うことよりも、視覚的に権威を示すことに重きを置いて天下取りを描いた。なぜ近江に本拠を置いたのか、人物像に少しでも迫れれば」と話している。

 大沼さんは琵琶湖文化史が専門。県教委文化財専門職員として、安土城の発掘調査や県内の文化財保存に長く携わってきた。

 書籍はオールカラーのA5判で136ページ。信長に仕えた太田牛一(おおたぎゅういち)が記した「信長公記(しんちょうこうき)」の記録に沿って、現代に残る城跡や古戦場、巨木などを巡る構成になっている。上洛途中に初めて信長が琵琶湖を見た1559年から始まり、物流と情報の拠点としての近江と琵琶湖の支配、安土城天主が完成した1579年ごろまでの湖国での足跡を追いながら、各史跡の歴史上の位置づけを記している。

 安土城については信長が自身を神格化するための「究極の装置」と紹介。「天皇という農耕神に対抗するため、信長はより神威の高い水と太陽をつかさどる神を目指した」などとし、金箔(きんぱく)張りの絢爛(けんらん)豪華な天主は神殿的な役割を担ったと解説している。

 山形県出身の大沼さんは「滋賀の人は信長に『侵略者』のイメージを持つ人が多いが、信長は天下取りの拠点として近江を重要視し琵琶湖にも大きく感化されたと思う。自分なりの物語を重ねながら史跡巡りを楽しんでほしい」と話している。

 2000円(税別)。サンライズ出版TEL0749(22)0627。

【 2016年01月02日 09時10分 】

ニュース写真

  • 織田信長の歩みをたどるように県内の史跡を紹介する旅の本を出版した大沼さん(大津市瀬田南大萱町)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      屋台の油かかり10人やけど
      北九州の祭り、5歳児重傷

      20160725000002

       24日午後9時ごろ、北九州市戸畑区で開かれた祭り「戸畑祇園大山笠」の会場付近で、調理用..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      F1、ハミルトンが3連勝
      ハンガリーGP

      20160725000001

       【モジョロード(ハンガリー)共同】自動車のF1シリーズ第11戦、ハンガリー・グランプリ..... [ 記事へ ]

      経済

      子牛増産へ京都府が対策本腰 TPP見据え反転狙う

      20160724000025

       京都府内で子牛の生産頭数が減少する中、府は本年度から、妊娠しにくくなった雌牛を引き取っ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自由研究どうすればいい? 京都4施設の職員に相談

      20160724000061

       京都市動物園、府立植物園、京都水族館、市青少年科学センターによる「夏休みの宿題いきもの..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      水の大切さ、環境保全を考える 大津でイベント

      20160724000038

       水の大切さや環境保全などを考えるイベント「水辺の匠(たくみ)」が23日、大津市黒津4丁..... [ 記事へ ]

      国際

      ロシア、クリミアへの架橋着々
      実効支配を強化

      20160724000068

       【モスクワ共同】ロシア政府は24日までに、ロシアが一方的に編入したウクライナ南部クリミ..... [ 記事へ ]