出版案内
福祉事業団
47NEWS

本屋で「立ち飲み」いかが 京都で異色営業

書棚の脇に設けた居酒屋スペース。常連客がグラスを傾けながら語り合う(京都市南区・遠藤書店)
書棚の脇に設けた居酒屋スペース。常連客がグラスを傾けながら語り合う(京都市南区・遠藤書店)

 「立ち読み」から「立ち飲み」へ―。京都市南区の書店が夜間に立ち飲み居酒屋として営業している。本のインターネット販売や大型書店に押され、全国的に個人経営の書店が減る中、試行錯誤の末に居酒屋にたどり着いた。手作りの料理と真心を込めた接客を武器に、「まちの本屋さん」が新規客開拓に挑む。

 南区竹田街道九条上ルで80年続く「遠藤書店」。午後6時、店先の提灯に明かりがともった。雑誌などが並ぶ店内で、古くからの常連から最近訪れるようになった人までがビールグラスを片手に語らう声が響く。

 店主の遠藤宗男さん(57)が昨年6月に始めた。もともと料理好きでもあったが、低迷する書店の売り上げを回復させるのが目的だった。

 父親から店を継いだ10年ほど前から、ネット販売などの影響で売り上げが落ち始めた。同様の理由で全国的に書店は減っており、京都府書店商業組合の加盟店も20年ほど前の約400店から、現在は155店と半分以下になった。遠藤さんも文房具や菓子、DVD、古本といろいろな商品を店に並べてみたものの、売り上げは下降線をたどり、「最盛期の10分の1に落ち込み、客が1日2、3人のときもあった」という。

 居酒屋営業を決め、思い切って店の3分の2ほどのスペースを改修した。費用はかけられないため、友人と2人でキッチンやテーブルを手作りし、書棚は客の荷物入れに再利用した。

 最初は串カツとおでんの2品だけだった料理は次第に増え、今は50品近い。大半が100~300円と手ごろな価格ながら、手作りにこだわる。立ち飲みスタイルだが椅子もある。

 本業は配達が中心になり、本の売り上げはさらに落ちた。しかし、遠藤さんは「居酒屋の分を合わせた全体の売り上げは少し良くなった。夜になると静かな店内で伝票整理をしていたころに比べ、お客が来てくれるので店がうるおう」と喜ぶ。ただ、「居酒屋はあくまで本屋を続けるため。やっぱり本が好き。おやじがつくった大事な店を少しでも長く続けていきたい」。

 居酒屋の営業時間は午後6~11時(同10時半ラストオーダー)。第2、3木曜休み。

【 2016年01月09日 17時00分 】

ニュース写真

  • 書棚の脇に設けた居酒屋スペース。常連客がグラスを傾けながら語り合う(京都市南区・遠藤書店)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      本庁舎表玄関、車いす入れず 京都市役所の整備素案

      20160525000147

       京都市の新庁舎整備事業で、昭和初期に完成した本庁舎を含めた整備内容やバリアフリー化の素..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      水上と水中で美しく躍動 シンクロ日本代表、大阪で公開練習

      20160525000139

       リオデジャネイロ五輪に出場するシンクロナイズドスイミングの日本代表は25日、大阪府門真..... [ 記事へ ]

      経済

      三菱自、ユーザー補償191億円
      ガソリンと減税分

      20160525000125

       三菱自動車は25日、燃費不正問題の影響で、4月下旬に公表した2016年3月期連結決算を..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生数低迷、老朽化…京大など原子力教育先細りも

      20160524000131

       東京電力福島第1原発事故後、約2年間止まっている京都大と近畿大の研究用原子炉が原子力規..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      韓国でコウノトリひな誕生
      ルーツは兵庫・豊岡

      20160525000111

       兵庫県立コウノトリの郷公園(兵庫県豊岡市)は25日、韓国西部の忠清南道・礼山にある飼育..... [ 記事へ ]

      国際

      ウクライナ女性中尉が解放
      ロシアと捕虜交換

      20160525000173

       【モスクワ共同】ロシアに拘束されていたウクライナ軍パイロットの女性中尉(34)が25日..... [ 記事へ ]