出版案内
福祉事業団
47NEWS

煎茶味わい和やかに 京都の2流派初茶会

(上)香り高い玉露がふるまわれ、新年のあいさつを交わした二條流初煎茶会(京都市中京区・京都ホテルオークラ)と、(下)新春を祝う大福茶をふるまい、新年のあいさつをする森下眞翠家元(左から2人目)と高仰副家元(左)=京都市北区・清風苑道場
(上)香り高い玉露がふるまわれ、新年のあいさつを交わした二條流初煎茶会(京都市中京区・京都ホテルオークラ)と、(下)新春を祝う大福茶をふるまい、新年のあいさつをする森下眞翠家元(左から2人目)と高仰副家元(左)=京都市北区・清風苑道場

 京都の煎茶2流派で10日、初茶会が開かれ、各界の招待客や門人らがすがすがしい新春の茶を味わい、和やかにあいさつを交わした。

 二條流は、中京区のホテルで初煎会を催し、約160人が列席した。二條雅荘家元が「初春をことほぎ、一煎つとめさせていただきます」とあいさつ。雅英家元嗣がえとにちなんだ「三猿図」の茶碗などを用いて、ふくよかな玉露を丁寧に入れ、列席者にふるまった。

 席には富岡鉄斎の「梅花書屋画」の軸とボケや黄センリョウなどが生けられ、華やぎを醸し出した。香煎席では梅と昆布の茶で、一年の幸を願った。

 皇風煎茶禮式(れいしき)の初茶会は、北区の清風苑道場で開かれた。約300人が訪れ、森下眞翠(しんすい)家元や高仰(こうぎょう)副家元らと新年を祝った。

 眞翠家元は「物質文化一辺倒の今こそ、茶の道を通して精神文化の向上に努めたい」とあいさつ。高仰副家元の手前で昆布と小梅入りの大福茶をふるまい、無病息災を祈った。

 茶室の床には、荻生徂徠筆の「流風」軸が掛けられたほか、道場にはマンリョウや松の実生などの鉢も飾られ、風情を添えた。

【 2016年01月11日 11時29分 】

ニュース写真

  • (上)香り高い玉露がふるまわれ、新年のあいさつを交わした二條流初煎茶会(京都市中京区・京都ホテルオークラ)と、(下)新春を祝う大福茶をふるまい、新年のあいさつをする森下眞翠家元(左から2人目)と高仰副家元(左)=京都市北区・清風苑道場
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      旭山動物園で氷のプレゼント
      ホッキョクグマやサルに、北海道

      20160731000068

       北海道旭川市の旭山動物園で31日、ホッキョクグマやサルなどに計約1・4トンの氷柱がプレ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大リーグ、ナ軍がメランソン獲得
      昨季最多の51セーブマーク

      20160731000060

       米大リーグ、ナショナルズは30日、パイレーツとのトレードで昨季両リーグを通じて最多の5..... [ 記事へ ]

      経済

      スーパー競争激化 京都・長岡京で出店、改装続々

      20160730000125

       京都府の長岡京市内でスーパーの新規出店や改装が相次いでいる。交通の便が良く、商品配送も..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      人物や建物、アートで再現 大津成安造形大で作品展

      20160731000061

       カメラや3Dプリンターではできない、アートの「再現性」について考える作品展「Repro..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      スタジアム計画の課題議論 京都・亀岡、専門家ら招きシンポ

      20160731000039

       京都府の球技専用スタジアムの整備など、JR亀岡駅北地区の開発を考えるシンポジウムが30..... [ 記事へ ]

      国際

      シンガポール前大統領重体

      20160731000072

       【シンガポール共同】シンガポールのナーザン前大統領(92)が31日、脳卒中のため重体と..... [ 記事へ ]