出版案内
福祉事業団

舞妓さんを引っ張らないで 京都・祇園にマナー高札

外国人観光客らにマナー違反項目を伝える高札(京都市東山区花見小路通四条下ル)
外国人観光客らにマナー違反項目を伝える高札(京都市東山区花見小路通四条下ル)

 舞妓(まいこ)さんを引っ張ったり、垣根にもたれ掛かったらあきまへん-。京都市東山区の祇園町南側地区協議会は、外国人観光客らにイラストでマナー向上を呼び掛ける高札を作製した。マナー違反の事例が目立つ同地区の花見小路通など4カ所に設置した。

 祇園町南側地区協議会によると、京都市を訪れる外国人観光客の増加に伴い、2013年ごろからマナー違反の事例が増えてきた。喫煙や飲食をしながら歩く姿や、ごみのポイ捨てが相次いだ。写真撮影しようと舞妓さんの袖を引っ張って破いてしまったり、観光客が無断で家屋に入ったりする事例もあったという。

 高札は木製で高さ約2メートル。外国人も一目で分かるように、違反に当たる6項目をイラストで表現した。舞妓さんを触らない▽垣根にもたれたり座り込んだりしない▽「自撮り棒」を使わない-など、絵に「×」を付けて示した。

 祇園町南側は市の歴史的景観保全修景地区に指定されている。祇園町南側地区協議会は「祇園の風情・情緒」や「商環境・住環境」を損なう恐れのある業種の営業を自主規制している。コンビニや大衆飲食店も規制対象となっている。

 同協議会の高安美三子会長(75)は「景観に配慮するため高札の設置は躊躇(ちゅうちょ)していたが、マナー違反が目に余るようになった」と説明する。「この地域は何でもありの観光地ではない。道を通るなとは言えないので、少しでも事情を理解してもらうため、発信を続けていきたい」と話す。

【 2016年01月20日 08時47分 】

ニュース写真

  • 外国人観光客らにマナー違反項目を伝える高札(京都市東山区花見小路通四条下ル)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      人よりクマが大切? 京都府の保護政策に疑問の声

      20161204000055

       京都府内でツキノワグマの出没が最も多い丹後地域で、府の保護政策に対する疑問の声が上がっ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ラグビー、五郎丸はメンバー外
      仏1部トゥーロン

      20161204000052

       ラグビーのフランス1部リーグ、トゥーロンは3日、ホームで4日午後4時15分(日本時間5..... [ 記事へ ]

      経済

      ゆるキャラで京都米PR、短大生に特選 

      20161204000033

       地元で収穫された「京都米」の魅力を発信する提案事業の表彰式が3日、京都市中京区のホテル..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      岩盤や急斜面に緑を 京都・北桑田高生、独自キットで植樹

      20161203000112

       京都府内で唯一、林業を学ぶ学科を持つ北桑田高(京都市右京区)の生徒たちが、企業と開発し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      パリ協定の行方、トランプ氏を注視 京都で温暖化防止シンポ

      20161203000126

       脱炭素社会の道筋を探るシンポジウム「市民が進める温暖化防止2016」が3日、京都市上京..... [ 記事へ ]

      国際

      キューバ革命蜂起の地で追悼式典
      カストロ前議長の遺灰到着

      20161204000050

       【サンティアゴデクーバ共同】キューバの故フィデル・カストロ前国家評議会議長が1953年..... [ 記事へ ]