出版案内
福祉事業団
47NEWS

「大路」名ばかり、「小路」より狭く 平安京東端の道

東京極大路の道路の断面層。石を敷き詰め、土で平らに整地した面が重なって見られた(2014年、京都市中京区)
東京極大路の道路の断面層。石を敷き詰め、土で平らに整地した面が重なって見られた(2014年、京都市中京区)

 平安京の最東端の道だった「東京極大路(ひがしきょうごくおおじ)」の変遷が京都市埋蔵文化財研究所の発掘調査で26日までに分かった。平安時代から小さい道路幅で整備され、鎌倉時代からさらに狭くなったことが分かり、「大路」とは名ばかりの小さな道路だったことが確認された。

 平安京の「大路」の幅は朱雀大路(現在の千本通あたり)の約85メートルをはじめ、おおむね24メートル以上の大きな道を指す。文献の「延喜式」では、東京極大路も30メートル級の道とされていた。

 埋文研が中京区御幸町通竹屋町上ルで実施した調査では、石を敷き詰めて土を盛り、平らにならして整備した東京極大路の遺構が9世紀前半ごろから積み重なって残っていた。

 道路幅は造営当初は7・7メートル以上あったが、10世紀前半ごろには4・5メートルに縮小されていた。平安京の左京の開発が進んだ10世紀後半には大規模に再造成され、路面幅は拡幅されていたが、8・0メートルと大路としては狭かった。また、鎌倉時代から室町時代には5・5メートルに再度縮小され、平安京の「小路」(約12メートル)よりも小さい道だった。安土桃山時代には豊臣秀吉の京都改造でなくなっている。

 文献では、東京極大路の東側では平安時代中期以降、藤原道長による法成寺が建設され、東京極大路と鴨川の間に「東朱雀大路」という新しい大路を設けたとされる。また、平安京の西端の「西京極大路」も発掘調査では10メートル前後の小さな道と確認されている。都の両端の道路はさほど重視されていなかったようで、埋文研は「大きな東朱雀大路があったことから、東京極大路は『大路』として使われず、あまり大きさは必要なかったのではないか」とみている。

 調査地では「海老錠(えびじょう)」と呼ばれる錠前も出土した。銅製で全面に鍍金(ときん)が施され、宝相華(ほうそうげ)の美しい文様が彫られていた。仏壇などに付けたとみられ、精巧な作りから、東京極大路の脇には高い身分の貴族の邸宅があったと考えられる。発掘はすでに終了した。

 東京極大路の遺構の写真パネル、海老錠や土器など出土物は上京区の市考古資料館で展示している。2月28日まで。無料。

【 2016年01月26日 17時00分 】

ニュース写真

  • 東京極大路の道路の断面層。石を敷き詰め、土で平らに整地した面が重なって見られた(2014年、京都市中京区)
  • 調査地から出土した銅製の「海老錠」(上京区・市考古資料館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      原発避難区域の桜、3D化
      福島県富岡町

      20160730000012

       東京電力福島第1原発事故で全域が避難区域となっている福島県富岡町はこのほど、「桜のトン..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      池田67、通算3アンダー
      全米プロゴルフ第2日

      20160730000001

       【スプリングフィールド(米ニュージャージー州)共同】男子ゴルフのメジャー最終戦、全米プ..... [ 記事へ ]

      経済

      「1億円」の重み体感 日銀京都支店で親子セミナー

      20160729000158

       日本銀行の仕事やお金について学ぶ夏休み親子セミナーが29日、京都市中京区の日銀京都支店..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      石畳の施工、手ほどき受け体験 滋賀・八日市の高校生

      20160729000067

       滋賀県東近江市の八日市南高花緑デザイン科の生徒が28日、同市五個荘金堂町の舗装工事現場..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      傾いて泳ぐサメ発見
      エネルギー節約か、極地研

      20160729000142

       サメの一種「ヒラシュモクザメ」が、海の中で体を横に傾ける変わった姿勢で泳ぐことを発見し..... [ 記事へ ]

      国際

      法王、アウシュビッツ訪問
      静かに祈り、生存者と面会

      20160729000150

       【オシフィエンチム共同】ローマ法王フランシスコは29日、ポーランド南部オシフィエンチム..... [ 記事へ ]