出版案内
福祉事業団
47NEWS

城の半鐘どこまで聞こえた? 京都・木津川で実験

ポール先端の発煙筒から煙を出して実施したのろしの実験。今年はのろしを合図に半鐘をつき、届く範囲を確かめる(昨年2月1日、木津川市鹿背山・鹿背山城跡)
ポール先端の発煙筒から煙を出して実施したのろしの実験。今年はのろしを合図に半鐘をつき、届く範囲を確かめる(昨年2月1日、木津川市鹿背山・鹿背山城跡)

 中世の情報伝達を調べている京都府木津川市の市民グループ「木津の文化財と緑を守る会」が2月14日、同市鹿背山の鹿背山城跡から「半鐘」がどこまで聞こえるか実験する。「のろし」を上げた昨年の実験に続く第2弾で、小中学生に協力を求めている。

 昨年は、約9・5キロ離れた京田辺市まで、のろしが確認できた。一方、会員から「雨や風の日に緊急事態があったらどうするのだろう」とのろしへの疑問の声が上がり、半鐘実験が決まった。

 当日は午前9時から2回に分け、半鐘を鳴らす。音が届き4種類のリズムを聞き分けられるかどうか、城跡すぐ近くの木津小鹿背山分校や府立南山城支援学校(精華町)など約3キロ以内にある21カ所で確認する。

 このほかの地点で調べるため、同会は小4~中3を対象に実験参加者を募っている。岩井照芳会長(67)は「子どもに鹿背山城にも興味をもってほしい」と話す。希望者は岩井さん宅ファクス0774(72)0014へ連絡先や住所を書いて申し込む。

 同日午後1時半から木津川市役所で実験報告会や中井均・滋賀県立大教授の講演がある。

【 2016年01月30日 11時56分 】

ニュース写真

  • ポール先端の発煙筒から煙を出して実施したのろしの実験。今年はのろしを合図に半鐘をつき、届く範囲を確かめる(昨年2月1日、木津川市鹿背山・鹿背山城跡)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      石破氏、支持組織の意見聴くべき
      総裁任期延長で

      20160926000160

       自民党の石破茂前地方創生担当相は26日、共同通信加盟社論説研究会で講演し、党総裁の任期..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日本ハムがマジック1
      27日にも4年ぶりの優勝

      20160926000156

       パ・リーグは26日、首位日本ハムがオリックスに4―3で勝ち、2位ソフトバンクがロッテに..... [ 記事へ ]

      経済

      シーシーエス新社長に大西氏

      20160926000144

       シーシーエスは26日、各務嘉郎社長(69)が退任し、後任に大西浩之常務(51)を充てる..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      植民地史料、ウェブで共有 立命大教授ら計画 

      20160923000038

       日本の植民地支配に関する史料の情報を、韓国や台湾などの研究者とウェブ上で共有する取り組..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      乾電池で飛行、ギネスに挑戦
      パナと東海大、10キロ以上目標

      20160926000145

       パナソニックは26日、東海大の学生と組み、乾電池を動力源とした固定翼航空機による飛行距..... [ 記事へ ]

      国際

      韓国検察、ロッテ会長逮捕状請求
      横領や背任容疑

      20160926000060

       【ソウル共同】韓国ロッテグループの裏金疑惑を捜査しているソウル中央地検は26日、創業者..... [ 記事へ ]