出版案内
福祉事業団

響け!ユーフォニアム、秘話 舞台設定は豪雨きっかけ

故郷への思いや作品の秘話を語る武田さん(宇治市折居台・市中央図書館)
故郷への思いや作品の秘話を語る武田さん(宇治市折居台・市中央図書館)

 故郷の京都府宇治市を舞台に吹奏楽に打ち込む高校生を描いた小説「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ」の著者で同志社大4年の作家武田綾乃さん(23)がこのほど、同市折居台の市中央公民館で初めて一般向けに講演した。2012年の府南部豪雨をきっかけに舞台を宇治に設定したことや吹奏楽部の経験など作品の秘話を語った。

 「響け!ユーフォニアム」はテレビアニメにもなり人気を集めている。武田さんは「洪水があって、普遍的な観光地と思っていた宇治があっという間に変わった。記憶の中にある宇治の風景を書き留めようとした」と話した。

 作品には宇治の観光地が多く盛り込まれ、特に県祭(あがたまつり)や大吉山が印象的に描かれていることについて「小学生の時、県祭にみんなで行ってくじ引きをした。どうしても入れたかった」と振り返った。

 小中学生の時に吹奏楽部で、ユーフォニアムやチューバに熱中。中学の吹奏楽部のふくよかで優しい先輩や「弦を弾きすぎて(指から)血が出た」というマーチングの名門高校に進学した友人をモデルにしたといい、「葛藤を抱えながら一つの目標に向かう物語を作りたかった。根底のテーマは『特別』。『誰かにとって特別でありたい』という奥深い欲求が思春期にある」と語った。

 小学生のころから読書が好きで、高校時代は友人のために毎日小説を書いたという。次回作について「そろそろミステリーが出版されるかも」と明かした。

 講演後、今春から東京で作家活動に入るという武田さんは「一つ一つの作品をきちんと残していきたい」と抱負を述べた。講演は市中央図書館が主催し、市民ら約150人が参加した。

【 2016年02月02日 11時49分 】

ニュース写真

  • 故郷への思いや作品の秘話を語る武田さん(宇治市折居台・市中央図書館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      京都・舞鶴漂着、人骨回収の木造船 右前部大きく損傷

      20161203000015

       京都府舞鶴市沖の若狭湾で11月30日に見つかり、船内や海底から8人分の人骨が回収された..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      米女子ゴルフ予選会、畑岡が首位
      来季の出場資格争う

      20161203000011

       【デイトナビーチ(米フロリダ州)共同】米女子ゴルフツアーの来季出場資格を争う最終予選会..... [ 記事へ ]

      経済

      ペッパーが観光案内や授業 京都府とソフトバンク協定締結

      20161202000159

       京都府は2日、情報通信技術(ICT)を生かした地域活性化を目指し、情報通信大手ソフトバ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      日焼けやシミ、メラニン仕組み解明 京都大、化粧品開発に期待

      20161202000150

       日焼けや肌のシミに関係するメラニン色素が表皮の中を広がっていく過程の一端を、京都大理学..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      青森、系列農場でも鳥インフル
      アヒル4千羽処分へ

      20161202000115

       青森県は2日、青森市北部の農場で食用アヒル(フランスカモ)が死んでいるのが見つかり、遺..... [ 記事へ ]

      国際

      政権転覆計画で10人拘束
      インドネシア、活動家ら

      20161202000100

       【ジャカルタ共同】インドネシア国家警察の報道官は2日、首都ジャカルタで同日開かれたバス..... [ 記事へ ]