出版案内
福祉事業団
47NEWS

響け!ユーフォニアム、秘話 舞台設定は豪雨きっかけ

故郷への思いや作品の秘話を語る武田さん(宇治市折居台・市中央図書館)
故郷への思いや作品の秘話を語る武田さん(宇治市折居台・市中央図書館)

 故郷の京都府宇治市を舞台に吹奏楽に打ち込む高校生を描いた小説「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ」の著者で同志社大4年の作家武田綾乃さん(23)がこのほど、同市折居台の市中央公民館で初めて一般向けに講演した。2012年の府南部豪雨をきっかけに舞台を宇治に設定したことや吹奏楽部の経験など作品の秘話を語った。

 「響け!ユーフォニアム」はテレビアニメにもなり人気を集めている。武田さんは「洪水があって、普遍的な観光地と思っていた宇治があっという間に変わった。記憶の中にある宇治の風景を書き留めようとした」と話した。

 作品には宇治の観光地が多く盛り込まれ、特に県祭(あがたまつり)や大吉山が印象的に描かれていることについて「小学生の時、県祭にみんなで行ってくじ引きをした。どうしても入れたかった」と振り返った。

 小中学生の時に吹奏楽部で、ユーフォニアムやチューバに熱中。中学の吹奏楽部のふくよかで優しい先輩や「弦を弾きすぎて(指から)血が出た」というマーチングの名門高校に進学した友人をモデルにしたといい、「葛藤を抱えながら一つの目標に向かう物語を作りたかった。根底のテーマは『特別』。『誰かにとって特別でありたい』という奥深い欲求が思春期にある」と語った。

 小学生のころから読書が好きで、高校時代は友人のために毎日小説を書いたという。次回作について「そろそろミステリーが出版されるかも」と明かした。

 講演後、今春から東京で作家活動に入るという武田さんは「一つ一つの作品をきちんと残していきたい」と抱負を述べた。講演は市中央図書館が主催し、市民ら約150人が参加した。

【 2016年02月02日 11時49分 】

ニュース写真

  • 故郷への思いや作品の秘話を語る武田さん(宇治市折居台・市中央図書館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      放射性廃棄物の最終処分地、滋賀県内自治体に方針説明 経産省

      20160526000164

       経済産業省は26日、原発から出る高レベル放射性廃棄物を地中深くで埋設する最終処分地の建..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      全仏テニス、奈良は2回戦敗退
      ナダル、ジョコら3回戦へ

      20160526000140

       【パリ共同】テニスの全仏オープン第5日は26日、パリのローランギャロスで行われ、女子シ..... [ 記事へ ]

      経済

      童夢、欧州メーカーと提携 炭素繊維材、世界展開へ

      20160526000159

       レーシングカー開発・設計の童夢(滋賀県米原市)は26日、アイルランドの炭素繊維複合材メ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京大病院に母体胎児のICU、6月開設 重症妊婦ケア充実へ

      20160526000143

       京都大医学部付属病院は6月1日、リスクの高い妊婦をケアする「母体胎児集中治療室(MFI..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙の新住居棟、膨らまず
      NASAが試験中止

      20160526000137

       【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は26日、宇宙空間で風船のように膨らむ新型の..... [ 記事へ ]

      国際

      NYマンハッタンで銃撃
      コンサートホール4人死傷

      20160526000080

       【ニューヨーク共同】米ニューヨーク・マンハッタンのコンサートホールで25日夜、銃撃事件..... [ 記事へ ]