出版案内
福祉事業団
47NEWS

萌える刀剣40点、髭切も公開 京都・北野天満宮

切っ先輝く国の重要文化財「安綱」。鬼切丸とも髭切とも呼ばれる(京都市上京区・北野天満宮)
切っ先輝く国の重要文化財「安綱」。鬼切丸とも髭切とも呼ばれる(京都市上京区・北野天満宮)

 京都市上京区の北野天満宮は、所蔵する刀剣を公開する「宝刀展」を境内の宝物殿で開催している。「鬼切丸(おにきりまる)」とも「髭切(ひげきり)」とも呼ばれる「安綱」など国の重要文化財5点と、初公開の刀剣合計40点を展示。「刀剣女子」の拝観に期待を寄せる。

 天満宮は、平安時代後期以降に奉納された約80点の刀剣を所蔵している。

 重文「安綱」は、刃の長さ84・4センチ、反り3・69センチ。平安時代に源満仲が作らせたと伝わる。その後、源氏の家系の足利氏、斯波氏に伝わり、天満宮には、1880(明治13)年に最上家から奉納されたという。刀剣や金工に詳しい京都国立博物館名誉館員の稲田和彦さん(77)によると、馬上で抜いて使えるように反りが深く、中心が下がった「腰反り」などの特徴から、平安時代後期の作ではないかという。

 また、1927(昭和2)年に侯爵前田利為から奉納された太刀は、天満宮本殿の内陣に神刀として納められていた。反りのない直刀で、宮内庁が所有する太刀を模したといわれる。鞘の装飾も優れている。

 天満宮への刀剣の奉納は、市内の神社で最も多いという。武運を祈るお社でもないのに、なぜ、学問の神様に刀剣が奉納されてきたのか。橘重十九宮司は「平清盛は、遷都した福原に、北野天満宮から分霊してまつった。弓道や農業の信仰もある。時代によって、天満宮に求めるものが移り変わってきたからではないか」と話す。

 宝刀展は3月13日までの午前9時~午後4時。拝観料が必要。

【 2016年02月03日 11時30分 】

ニュース写真

  • 切っ先輝く国の重要文化財「安綱」。鬼切丸とも髭切とも呼ばれる(京都市上京区・北野天満宮)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      皇居一般参観、当日も受け付け
      土曜も可能、気軽に

      20160625000008

       思い立ったらその日に皇居を散歩―。宮内庁は25日から、これまで事前の申し込みが必要で、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      青木がマイナーに降格
      負傷以外では5年目で初

      20160625000023

       【シアトル共同】米大リーグ、マリナーズは24日、再調整などを理由に青木宣親外野手(34..... [ 記事へ ]

      経済

      京都・滋賀の企業、円高・関税復活に警戒 英国民投票

      20160624000135

       英国民投票で欧州連合(EU)離脱派が勝利した24日、京都や滋賀の企業にも衝撃が広がった..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      高3「投票行く」4割 京都で600人調査、選挙権に戸惑いも

      20160625000021

       京都新聞社は、参院選(7月10日投開票)で選挙権を得た18歳を含む京都府乙訓地域の高校..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      衣服の模様、よく見ると… 京大で細胞写真使った作品展示

      20160625000032

       研究で撮影した細胞の写真を使った衣服などの展示「imagination2・0」が24日..... [ 記事へ ]

      国際

      EU離脱、米長官「動揺するな」
      国務省職員に呼び掛け

      20160625000029

       【ワシントン共同】「動揺してはいけない。冷静に対応しよう」。欧州連合(EU)からの離脱..... [ 記事へ ]