出版案内
福祉事業団
47NEWS

萌える刀剣40点、髭切も公開 京都・北野天満宮

切っ先輝く国の重要文化財「安綱」。鬼切丸とも髭切とも呼ばれる(京都市上京区・北野天満宮)
切っ先輝く国の重要文化財「安綱」。鬼切丸とも髭切とも呼ばれる(京都市上京区・北野天満宮)

 京都市上京区の北野天満宮は、所蔵する刀剣を公開する「宝刀展」を境内の宝物殿で開催している。「鬼切丸(おにきりまる)」とも「髭切(ひげきり)」とも呼ばれる「安綱」など国の重要文化財5点と、初公開の刀剣合計40点を展示。「刀剣女子」の拝観に期待を寄せる。

 天満宮は、平安時代後期以降に奉納された約80点の刀剣を所蔵している。

 重文「安綱」は、刃の長さ84・4センチ、反り3・69センチ。平安時代に源満仲が作らせたと伝わる。その後、源氏の家系の足利氏、斯波氏に伝わり、天満宮には、1880(明治13)年に最上家から奉納されたという。刀剣や金工に詳しい京都国立博物館名誉館員の稲田和彦さん(77)によると、馬上で抜いて使えるように反りが深く、中心が下がった「腰反り」などの特徴から、平安時代後期の作ではないかという。

 また、1927(昭和2)年に侯爵前田利為から奉納された太刀は、天満宮本殿の内陣に神刀として納められていた。反りのない直刀で、宮内庁が所有する太刀を模したといわれる。鞘の装飾も優れている。

 天満宮への刀剣の奉納は、市内の神社で最も多いという。武運を祈るお社でもないのに、なぜ、学問の神様に刀剣が奉納されてきたのか。橘重十九宮司は「平清盛は、遷都した福原に、北野天満宮から分霊してまつった。弓道や農業の信仰もある。時代によって、天満宮に求めるものが移り変わってきたからではないか」と話す。

 宝刀展は3月13日までの午前9時~午後4時。拝観料が必要。

【 2016年02月03日 11時30分 】

ニュース写真

  • 切っ先輝く国の重要文化財「安綱」。鬼切丸とも髭切とも呼ばれる(京都市上京区・北野天満宮)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      豊洲市場問題でPT初会合
      移転の経緯を確認

      20160929000098

       築地市場(東京都中央区)の移転先である豊洲市場(江東区)の土壌汚染対策や総事業費などを..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー、Aマドリードが2連勝
      欧州チャンピオンズリーグ

      20160929000020

       【メンヘングラッドバッハ(ドイツ)共同】サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は2..... [ 記事へ ]

      経済

      明治前期の町家を再生 老舗問屋、辻利一本店

      20160929000062

       宇治茶の老舗問屋、辻利一本店が28日、京都府宇治市宇治の宇治橋通の創業地近くに宇治本店..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「股のぞき」研究評価に驚き イグ・ノーベル東山教授

      20160929000091

       ユニークなテーマに取り組む世界の研究者に贈られる「イグ・ノーベル賞」で、今年の知覚賞を..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      鳥取砂丘で月面探査車試験
      国際コンテスト参加の民間チーム

      20160927000116

       民間による月面探査一番乗りを競う国際コンテストに参加している日本の民間チーム「HAKU..... [ 記事へ ]

      国際

      ホワイトハウスには「大人」必要
      ミシェル夫人、支援に本腰

      20160929000034

       【ワシントン共同】ミシェル・オバマ米大統領夫人は28日、東部フィラデルフィアの大学で行..... [ 記事へ ]