出版案内
福祉事業団

北陵そば、若い力で復興 京都・福知山、風味豊か

北陵そばを提供する荒砂さん。豊かな風味とかみごたえが特徴だ(福知山市雲原)
北陵そばを提供する荒砂さん。豊かな風味とかみごたえが特徴だ(福知山市雲原)

 京都府福知山市雲原の老舗「大江山 鬼そば屋」が、地元産の「北陵そば」を復興した。地域の若手農家と一緒に、途絶えかけていたソバ栽培を始め、昨年は収穫量が71キロまで増えた。店主は、大江山連峰に抱かれ、過疎高齢化が進む地域の活性化につながると期待する。

 鬼そば屋は江戸時代後期創業で作家水上勉も常連だった。店主は現在の荒砂尚樹さん(28)で6代目になる。

 雲原などの北陵地域は昼夜の寒暖差が大きく、朝霧が発生するため良質の「霧下そば」が採れる。ソバ栽培は地元農家が林業や焼き畑と組み合わせて行ってきたが、高齢化で減少。初代から地元産ソバを使ってきた同店も今は主に他県産を使う。

 2013年に北陵地域のソバ栽培農家が1軒に減り、危機感を覚えた荒砂さんは14年、「北陵そば物語」と銘打って若手農家らと店舗近くの休耕田4アールで栽培を開始。初年度はシカの食害もあったが、7キロ収穫した。2年目の昨年は協力農家の栽培面積が増え、収穫量は約10倍に。ソバは高値で買い取り、年末には店で年越しそばとしても提供した。

 北陵そばは、つなぎを使わない「十割そば」で豊かな風味とかみごたえが特徴だ。今年は1日10食限定(千円)で3月末ごろまで提供できる見込みという。荒砂さんは「通年で味わってもらえるようにしたい。ソバ栽培が地域で若者が暮らすための仕事の一つになれば」と話す。問い合わせは同店TEL0773(36)0016。

【 2016年02月11日 20時57分 】

ニュース写真

  • 北陵そばを提供する荒砂さん。豊かな風味とかみごたえが特徴だ(福知山市雲原)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      京都の空き家対策、実現性疑問? 「地域ごと事情違う」の声も

      20170123000018

       空き家の活用・流通などを図るため、京都市が策定を進める2017年度から10年間の「空き..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      マインツ武藤、4カ月ぶり復帰
      ドイツ1部サッカー

      20170123000017

       【マインツ(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグで武藤嘉紀のマインツは22日、ホー..... [ 記事へ ]

      経済

      鴻海会長「シャープから学んだ」
      旧正月前に忘年会

      20170122000064

       【台北共同】シャープの親会社である鴻海精密工業(台湾)の郭台銘会長は22日、春節(旧正..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      銅駝美工高、京都駅東地区に移転へ 市立芸大と連携

      20170123000014

       京都市と市教育委員会が銅駝美術工芸高(中京区)を下京区の京都駅東地区へ移転させる方向で..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      防衛省初衛星24日打ち上げ
      種子島から午後、H2Aで

      20170122000088

       宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は22日、防衛省が初めて保有し運用する通信..... [ 記事へ ]

      国際

      英国女性の禁錮刑確定
      イラン裁判所、控訴棄却

      20170123000010

       【テヘラン共同】イランに帰国中の昨年4月に体制転覆を企てたとして拘束され、一審で禁錮5..... [ 記事へ ]