出版案内
福祉事業団
47NEWS

北陵そば、若い力で復興 京都・福知山、風味豊か

北陵そばを提供する荒砂さん。豊かな風味とかみごたえが特徴だ(福知山市雲原)
北陵そばを提供する荒砂さん。豊かな風味とかみごたえが特徴だ(福知山市雲原)

 京都府福知山市雲原の老舗「大江山 鬼そば屋」が、地元産の「北陵そば」を復興した。地域の若手農家と一緒に、途絶えかけていたソバ栽培を始め、昨年は収穫量が71キロまで増えた。店主は、大江山連峰に抱かれ、過疎高齢化が進む地域の活性化につながると期待する。

 鬼そば屋は江戸時代後期創業で作家水上勉も常連だった。店主は現在の荒砂尚樹さん(28)で6代目になる。

 雲原などの北陵地域は昼夜の寒暖差が大きく、朝霧が発生するため良質の「霧下そば」が採れる。ソバ栽培は地元農家が林業や焼き畑と組み合わせて行ってきたが、高齢化で減少。初代から地元産ソバを使ってきた同店も今は主に他県産を使う。

 2013年に北陵地域のソバ栽培農家が1軒に減り、危機感を覚えた荒砂さんは14年、「北陵そば物語」と銘打って若手農家らと店舗近くの休耕田4アールで栽培を開始。初年度はシカの食害もあったが、7キロ収穫した。2年目の昨年は協力農家の栽培面積が増え、収穫量は約10倍に。ソバは高値で買い取り、年末には店で年越しそばとしても提供した。

 北陵そばは、つなぎを使わない「十割そば」で豊かな風味とかみごたえが特徴だ。今年は1日10食限定(千円)で3月末ごろまで提供できる見込みという。荒砂さんは「通年で味わってもらえるようにしたい。ソバ栽培が地域で若者が暮らすための仕事の一つになれば」と話す。問い合わせは同店TEL0773(36)0016。

【 2016年02月11日 20時57分 】

ニュース写真

  • 北陵そばを提供する荒砂さん。豊かな風味とかみごたえが特徴だ(福知山市雲原)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      本庁舎表玄関、車いす入れず 京都市役所の整備素案

      20160525000147

       京都市の新庁舎整備事業で、昭和初期に完成した本庁舎を含めた整備内容やバリアフリー化の素..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      水上と水中で美しく躍動 シンクロ日本代表、大阪で公開練習

      20160525000139

       リオデジャネイロ五輪に出場するシンクロナイズドスイミングの日本代表は25日、大阪府門真..... [ 記事へ ]

      経済

      三菱自、ユーザー補償191億円
      ガソリンと減税分

      20160525000125

       三菱自動車は25日、燃費不正問題の影響で、4月下旬に公表した2016年3月期連結決算を..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生数低迷、老朽化…京大など原子力教育先細りも

      20160524000131

       東京電力福島第1原発事故後、約2年間止まっている京都大と近畿大の研究用原子炉が原子力規..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      韓国でコウノトリひな誕生
      ルーツは兵庫・豊岡

      20160525000111

       兵庫県立コウノトリの郷公園(兵庫県豊岡市)は25日、韓国西部の忠清南道・礼山にある飼育..... [ 記事へ ]

      国際

      ウクライナ女性中尉が解放
      ロシアと捕虜交換

      20160525000173

       【モスクワ共同】ロシアに拘束されていたウクライナ軍パイロットの女性中尉(34)が25日..... [ 記事へ ]