出版案内
福祉事業団

祭り・民俗行事「維持困難」26% 滋賀県教委アンケート

 滋賀県内の祭りや民俗行事の継承に関して県教委が保護団体などを対象に初めて実施したアンケートの回答で、約4分の1が人口減少などのため従来通り続けられず、規模の縮小や不定期開催に変更するなどしていることが分かった。県教委担当者は「祭りにかける情熱を地域全体で維持するのが難しくなってきているのでは」と危ぶんでいる。

 アンケートは、祭り継承に向けた新たな支援体制を検討するため昨年12月~今年1月、県指定無形民俗文化財などの祭りや民俗行事を担う約120地域の保護団体や自治会に実施。97団体から回答があった。

 このうち約26%に当たる26団体が祭りを従来通り続けられなくなっており、4団体は休止状態で再開のめどが立っていない。現在抱えている深刻な問題を複数回答で尋ねると、約6割の54団体が「演じ手不足」を挙げ、「熱意や意欲が弱くなった」(34団体)、「地域の人口減少」(29団体)と続いた。

 継承に向けた工夫については、61団体が「している」、25団体が「したいができない」と答えた。具体的な取り組みは「地域外で暮らす人に祭礼のときは帰ってきてもらう」「地域外の人にも参加してもらう」を挙げる団体が多く、今後必要なのは「勉強会や研究会の開催」「新住民にも参加してもらうようにする」などが挙がった。

 県教委は一昨年、県内の保護団体に呼び掛けて「県民俗文化財保護ネットワーク」を発足。各地域の取り組みを共有して保存、継承につなげようと今月10日に初の研修会を守山市内で開き、アンケートの結果を速報として発表した。

 調査では約7割に当たる69団体がほぼ従来通りの活動を続けていることも分かり、県教委文化財保護課の矢田直樹主査は「もっと厳しい数字も予想されたが、踏みこたえている。厳しいところをより詳細に分析し、今後の支援のあり方を探りたい」としている。

【 2016年02月18日 08時47分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      民進「牙城」に自民公募挑む 衆院京都2区、党府連が繁本氏擁立

      20170118000158

       自民党京都府連は18日、次期衆院選で京都2区の立候補予定者に、衆院議員秘書の繁本護氏(..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大坂なおみ、2回戦で敗れる
      全豪テニス第4日

      20170119000037

       【メルボルン共同】テニスの全豪オープン第4日は19日、メルボルンで行われ、女子シングル..... [ 記事へ ]

      経済

      米、年前半の追加利上げも
      FRB議長「景気次第」

      20170119000028

       【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は18日、米西部サンフラ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      獅童さん、歌舞伎のこころ語る 京都文教大で講演

      20170119000046

       歌舞伎俳優の中村獅童さん(44)が「歌舞伎と日本的精神性」をテーマに語る講演会が18日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      暖冬影響? 水鳥の姿激減 滋賀・草津の琵琶湖岸

      20170119000030

       今冬、滋賀県草津市の琵琶湖岸に飛来する水鳥が激減している。「冬の使者」と呼ばれる渡り鳥..... [ 記事へ ]

      国際

      米大使候補、国連批判鮮明
      拠出金見直し訴え

      20170119000013

       【ワシントン共同】トランプ次期米大統領が国連大使に指名した南部サウスカロライナ州知事の..... [ 記事へ ]