出版案内
福祉事業団
47NEWS

祭り・民俗行事「維持困難」26% 滋賀県教委アンケート

 滋賀県内の祭りや民俗行事の継承に関して県教委が保護団体などを対象に初めて実施したアンケートの回答で、約4分の1が人口減少などのため従来通り続けられず、規模の縮小や不定期開催に変更するなどしていることが分かった。県教委担当者は「祭りにかける情熱を地域全体で維持するのが難しくなってきているのでは」と危ぶんでいる。

 アンケートは、祭り継承に向けた新たな支援体制を検討するため昨年12月~今年1月、県指定無形民俗文化財などの祭りや民俗行事を担う約120地域の保護団体や自治会に実施。97団体から回答があった。

 このうち約26%に当たる26団体が祭りを従来通り続けられなくなっており、4団体は休止状態で再開のめどが立っていない。現在抱えている深刻な問題を複数回答で尋ねると、約6割の54団体が「演じ手不足」を挙げ、「熱意や意欲が弱くなった」(34団体)、「地域の人口減少」(29団体)と続いた。

 継承に向けた工夫については、61団体が「している」、25団体が「したいができない」と答えた。具体的な取り組みは「地域外で暮らす人に祭礼のときは帰ってきてもらう」「地域外の人にも参加してもらう」を挙げる団体が多く、今後必要なのは「勉強会や研究会の開催」「新住民にも参加してもらうようにする」などが挙がった。

 県教委は一昨年、県内の保護団体に呼び掛けて「県民俗文化財保護ネットワーク」を発足。各地域の取り組みを共有して保存、継承につなげようと今月10日に初の研修会を守山市内で開き、アンケートの結果を速報として発表した。

 調査では約7割に当たる69団体がほぼ従来通りの活動を続けていることも分かり、県教委文化財保護課の矢田直樹主査は「もっと厳しい数字も予想されたが、踏みこたえている。厳しいところをより詳細に分析し、今後の支援のあり方を探りたい」としている。

【 2016年02月18日 08時47分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      崩落の阿蘇大橋、下流で架け替え
      国交省検討、5日に提示へ

      20160701000147

       国土交通省が、熊本地震で崩落した阿蘇大橋(熊本県南阿蘇村)について、元の場所より下流に..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      上原「決勝に進めたら」
      五輪陸上女子5000m代表

      20160701000146

       リオデジャネイロ五輪の陸上女子5000メートル代表で20歳の上原美幸(第一生命)が1日..... [ 記事へ ]

      経済

      シャープ本社、堺工場に移転
      経費削減、新天地で再起

      20160701000121

       経営再建中のシャープは1日、本社を大阪市阿倍野区から堺市堺区の堺工場へ移転した。経費節..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      役になりきり自信の狂言 大津・長等小 能舞台で熱演

      20160701000050

       大津市大門通の長等小は30日、「狂言発表会」を同市園城寺町の市伝統芸能会館で開いた。は..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      木星のオーロラ捉えた画像公開
      ハッブル宇宙望遠鏡

      20160701000148

       米航空宇宙局(NASA)は1日までに、ハッブル宇宙望遠鏡で木星のオーロラを捉えた画像を..... [ 記事へ ]

      国際

      習近平総書記、一党独裁堅持へ
      中国共産党創建95年で演説

      20160701000097

       【北京共同】中国共産党の習近平総書記(国家主席)は1日、共産党創建95年祝賀大会で演説..... [ 記事へ ]