出版案内
福祉事業団
47NEWS

忍者子孫宅から巻物や手裏剣 滋賀・甲賀、31世帯に残る

先祖が甲賀武士(忍者)であったことが書かれていた古文書を手にする伴さん(右)=甲賀市水口町下山の自宅
先祖が甲賀武士(忍者)であったことが書かれていた古文書を手にする伴さん(右)=甲賀市水口町下山の自宅

 「忍者が今も息づくまち」のイメージを観光戦略と地域活性化に生かそうと、滋賀県甲賀市が今年1月から始めた甲賀武士(忍者)の子孫調査で、市内の31世帯が忍術に関する書や短刀、掛け軸など「忍者ゆかりの品」が残っていると回答した。聞き取り調査に応じた農家の古文書には、先祖が「島原の乱」(1637~38年)で城の偵察に従軍していたことが記されていた。

 調査は市職員や有識者でつくる「甲賀流忍者調査団」が行っている。甲賀武士のルーツになる甲賀五十三家と同じ名字の約720世帯にアンケートを郵送し、224世帯から回答を得た。「ゆかりの品」を挙げたのは、書状や巻物などの文書が18世帯、薬関連の道具6世帯、装束などの忍道類5世帯、手裏剣類2世帯。「探せばきっと出てくる」との回答も6世帯あった。

 このうち、ただ1人聞き取り調査に応じた同市水口町下山の農業伴資男(すけお)さん(73)方には、徳川幕府に仕官を求めたときの「甲賀古士(こし)由緒書」が残り、戦国時代に家康に貢献したとあった。また、江戸時代中頃まで記入された家系図も伝わり、先祖が「島原の乱」で城内に行ったことが書かれていた。

 市によると、1721年の文書「甲賀衆肥後切支丹一揆軍役由緒書案」に同じ名前の人物が活躍した様子が書かれているという。伴さんは「忍者とは関係ないと思っていたので驚いている。刀は3、4本あったが戦時中に供出したと聞いている」と話した。

 市は21日午前10時から同市甲南町の「忍の里プララ」で開く「甲賀流忍者復活祭」で、調査結果のパネル展示や伴さんらが出席したトークセミナーなどを予定している。

【 2016年02月20日 08時40分 】

ニュース写真

  • 先祖が甲賀武士(忍者)であったことが書かれていた古文書を手にする伴さん(右)=甲賀市水口町下山の自宅
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      放置遺体は塗装業男性、北海道
      自首の60歳男と知り合い

      20160824000123

       北海道岩見沢市の住宅で放置された男性の遺体が見つかった事件で、道警は24日、遺体の身元..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      WBA田口が宮崎戦へ練習公開
      「進化見せたい」

      20160824000126

       世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王者の田口良一(ワタナベ)は24日、東京都内..... [ 記事へ ]

      経済

      8月の景気判断据え置き
      公共投資は引き上げ

      20160824000107

       政府は24日、8月の月例経済報告を発表し、全体の景気判断を「このところ弱さもみられるが..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・大津の中学美術部員、芸術を語ろう 27日に初サミット

      20160823000041

       美術部に所属する京滋の中学生が集まり、芸術の未来について語り合う初の「中学生美術部サミ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      被災農地を転換、芝生生産地に 京都の高校生「復興一助に」

      20160824000078

       農業技術を研究している桂高(京都市西京区)の教員と生徒が、東日本大震災で津波被害を受け..... [ 記事へ ]

      国際

      トルコ軍がシリア地上侵攻
      対イスラム国、異例の作戦

      20160824000120

       【カイロ共同】トルコのアナトリア通信によると、トルコ軍の戦車部隊が24日、国境を越えて..... [ 記事へ ]