出版案内
福祉事業団

わかる人にしかわからない漫画展 南光さんら一こまの美学

結成45周年を記念し、一こま漫画の作品展を開いた漫画家集団「ぼむ」のメンバー(京都市中京区・アートスペース余花庵)
結成45周年を記念し、一こま漫画の作品展を開いた漫画家集団「ぼむ」のメンバー(京都市中京区・アートスペース余花庵)

 京都精華大教授の篠原ユキオさん(67)や落語家の桂南光さん(64)らが参加する漫画家集団「ぼむ」が結成45周年を迎え、記念作品展「わかる人にしかわからない漫画展」を京都市中京区寺町通御池上ルのアートスペース余花庵(よかあん)で開いている。主流のストーリー漫画に対して、一こまの美学を貫くメンバーは「作者独自の視点や風刺、謎解きの要素を一枚の絵で表現する楽しさを知ってほしい」と呼びかける。

 「ぼむ」は1971年、当時、新聞の一こま漫画投稿欄の常連メンバーだった篠原さんや立命館大大学院教授の団士郎さん(68)らを中心に結成。現在は京都や大阪などを拠点にする50~60代の8人で活動している。

 会場には、油の代わりに三日月で光をともすランプ、車体に血液の目盛りがある献血車、「五郎丸ポーズ」で魚を狙う釣り人など、ユーモアや風刺あふれる絵やイラスト計37点が並ぶ。雪舟の絵図などをモチーフにした日本的な作品もある。

 大学で一こま漫画制作を指導する篠原さんは「仕事にかかわらず、知識や刺激を与え合うことを目的に例会などを気負わず重ね、45年続けてこられた。若い人ともこのジャンルの面白さを共有していければ」と話す。

 高校時代に新聞に作品を投稿していた南光さんも「すぐ分かるオチや、よく考えて後から分かる笑いまで多彩な表現があるのは漫画も落語も同じ。ただ、画力がないから落語のほうが楽でんな。アイデアはあるから、ほかのメンバーぐらいの技術があればもっとうまく描けるんやけど」と仲間を笑わせた。28日まで。無料。

【 2016年02月24日 18時58分 】

ニュース写真

  • 結成45周年を記念し、一こま漫画の作品展を開いた漫画家集団「ぼむ」のメンバー(京都市中京区・アートスペース余花庵)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      乳がん啓発、各地でライトアップ
      姫路城など希望のピンクに

      20161001000124

       乳がんの正しい知識の普及や検診による早期発見の大切さを呼び掛ける「乳がん月間」が1日、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      中日の多村外野手が引退へ
      右の長距離打者として活躍

      20161001000112

       中日は1日、多村仁志外野手(39)に来季の契約を結ばないことを通告したと発表した。球団..... [ 記事へ ]

      経済

      「通りすがる駅から立ち寄る駅に」 JR大津駅がリニューアル

      20161001000052

       JR大津駅(大津市春日町)に1日、複合商業施設「ビエラ大津」がオープンした。カフェとカ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      GLM 2車種目EVカー 京大発ベンチャー 走行距離など向上

      20160929000167

       京都大発の電気自動車(EV)製造ベンチャー、GLM(京都市左京区)は29日、量産車とし..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ジカ熱感染で小頭症、アジアでも
      「楽観論」吹き飛ぶ

      20161001000094

       【シンガポール共同】小頭症で生まれたタイの赤ちゃん2人が母親のジカ熱感染と関連があると..... [ 記事へ ]

      国際

      邦人女性事件で捜査続く、カナダ
      古川さんの友人ら悲嘆

      20161001000114

       【バンクーバー共同】カナダに留学中、行方不明になった青森県出身の古川夏好さん(30)が..... [ 記事へ ]