出版案内
福祉事業団
47NEWS

びわ湖祝祭管弦楽団17年ぶり復活 3月に公演

「誇りを持って挑みたい」と話すソプラノ歌手斉藤さん(右)と、滋賀音楽振興会長の中谷さん=大津市浜町・しがぎんホール
「誇りを持って挑みたい」と話すソプラノ歌手斉藤さん(右)と、滋賀音楽振興会長の中谷さん=大津市浜町・しがぎんホール

 びわ湖ホール(大津市)の開館を記念して結成した「びわ湖祝祭管弦楽団」が3月21日、メンバーを一新して17年ぶりの演奏会を栗東芸術文化会館さきら(滋賀県栗東市綣2丁目)で開く。大津市出身の実力派ピアニストやソプラノ歌手を迎え、約70人編成でワーグナーやベートーベンの曲を演奏する。

 同管弦楽団は1999年に県内の音楽家や音楽指導者でつくる滋賀音楽振興会の主催で、1回目の演奏会をびわ湖ホールで開いた。今回は同振興会の設立25周年を記念して、広島交響楽団や京都市交響楽団の首席奏者らに声を掛け、中堅演奏家を中心に編成。県出身者か県内在住者も約30人に上る。

 曲目は、ワーグナー作曲「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より前奏曲など。ドイツで長い歴史がある学生対象コンクールで優勝した大津市出身ピアニスト久末航さん(21)、同市出身で、県新人演奏会でグランプリを受賞したソプラノ歌手斉藤智美さん(31)=大阪市中央区=の独奏もある。

 同振興会の中谷満会長(66)は「県内各地でジュニアやアマチュアのオーケストラが活発に活動している。将来に夢を持ってもらうためにも、滋賀にプロのオーケストラを創設するきっかけにしたい」と話す。

 入場料は2千~4千円。問い合わせはさきらTEL077(551)1455。

【 2016年02月25日 11時43分 】

ニュース写真

  • 「誇りを持って挑みたい」と話すソプラノ歌手斉藤さん(右)と、滋賀音楽振興会長の中谷さん=大津市浜町・しがぎんホール
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      発砲後会社の車で逃走か、和歌山
      45歳男、逮捕状請求へ

      20160829000094

       和歌山市の建設会社「和大興業」で従業員が撃たれ、1人が死亡、3人が重傷を負った事件で、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカーの岡崎、本田が合流
      日本代表、サイド攻撃を確認

      20160829000132

       サッカー日本代表は29日、さいたま市内でワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向けて練..... [ 記事へ ]

      経済

      クボタが農業ドローン参入
      農薬散布のコスト軽減

      20160829000110

       クボタは29日、空中から農薬を散布する農業用ドローン事業に参入すると発表した。2017..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      答えのない授業、高校生挑む 京大で開催 「若い発想大切に」

      20160829000135

       著書「ミライの授業」などで若い世代に知の力を伝授する京都大客員准教授瀧本哲史さんが、高..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      月面探査車のモデル公開
      コンテストの民間チーム

      20160829000100

       民間による月面探査の国際コンテストに参加している日本のチーム「HAKUTO(ハクト)」..... [ 記事へ ]

      国際

      政権疑惑報道紙の主筆辞意
      韓国、大統領派が接待暴露

      20160829000133

       【ソウル共同】朴槿恵韓国大統領の最側近の不正疑惑を特ダネ報道した保守系最大手紙、朝鮮日..... [ 記事へ ]