出版案内
福祉事業団
47NEWS

びわ湖祝祭管弦楽団17年ぶり復活 3月に公演

「誇りを持って挑みたい」と話すソプラノ歌手斉藤さん(右)と、滋賀音楽振興会長の中谷さん=大津市浜町・しがぎんホール
「誇りを持って挑みたい」と話すソプラノ歌手斉藤さん(右)と、滋賀音楽振興会長の中谷さん=大津市浜町・しがぎんホール

 びわ湖ホール(大津市)の開館を記念して結成した「びわ湖祝祭管弦楽団」が3月21日、メンバーを一新して17年ぶりの演奏会を栗東芸術文化会館さきら(滋賀県栗東市綣2丁目)で開く。大津市出身の実力派ピアニストやソプラノ歌手を迎え、約70人編成でワーグナーやベートーベンの曲を演奏する。

 同管弦楽団は1999年に県内の音楽家や音楽指導者でつくる滋賀音楽振興会の主催で、1回目の演奏会をびわ湖ホールで開いた。今回は同振興会の設立25周年を記念して、広島交響楽団や京都市交響楽団の首席奏者らに声を掛け、中堅演奏家を中心に編成。県出身者か県内在住者も約30人に上る。

 曲目は、ワーグナー作曲「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より前奏曲など。ドイツで長い歴史がある学生対象コンクールで優勝した大津市出身ピアニスト久末航さん(21)、同市出身で、県新人演奏会でグランプリを受賞したソプラノ歌手斉藤智美さん(31)=大阪市中央区=の独奏もある。

 同振興会の中谷満会長(66)は「県内各地でジュニアやアマチュアのオーケストラが活発に活動している。将来に夢を持ってもらうためにも、滋賀にプロのオーケストラを創設するきっかけにしたい」と話す。

 入場料は2千~4千円。問い合わせはさきらTEL077(551)1455。

【 2016年02月25日 11時43分 】

ニュース写真

  • 「誇りを持って挑みたい」と話すソプラノ歌手斉藤さん(右)と、滋賀音楽振興会長の中谷さん=大津市浜町・しがぎんホール
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      テナント誘致、にぎわい創出へ 滋賀・草津川跡地整備

      20160529000122

       滋賀県草津市の草津川跡地整備事業で、「区間2」、「区間5」の工事が来年春のオープンに向..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      錦織、第1セット落とす
      全仏テニス第8日

      20160529000130

       【パリ共同】テニスの全仏オープン第8日は29日、パリのローランギャロスで行われ、シング..... [ 記事へ ]

      経済

      フィンテック強化へ提携に意欲
      みずほFG社長

      20160530000001

       みずほフィナンシャルグループ(FG)の佐藤康博社長は共同通信のインタビューに応じ、IT..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「『個』育ての勧め」 京都で教育創造フォーラム

      20160529000123

       「第9回京都21世紀教育創造フォーラム」が29日、京都市中京区の京都堀川音楽高で開かれ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      奄美大島でサンゴ産卵
      海はピンクの彩りに

      20160529000078

       サンゴ礁に囲まれた鹿児島県・奄美大島の沿岸で、今年もサンゴの産卵が確認された。精子と卵..... [ 記事へ ]

      国際

      北朝鮮との軍事協力やめる
      ウガンダ大統領が表明

      20160529000116

       【ソウル共同】韓国大統領府によると、北朝鮮と長年友好関係を維持してきたウガンダのムセベ..... [ 記事へ ]