出版案内
福祉事業団

びわ湖祝祭管弦楽団17年ぶり復活 3月に公演

「誇りを持って挑みたい」と話すソプラノ歌手斉藤さん(右)と、滋賀音楽振興会長の中谷さん=大津市浜町・しがぎんホール
「誇りを持って挑みたい」と話すソプラノ歌手斉藤さん(右)と、滋賀音楽振興会長の中谷さん=大津市浜町・しがぎんホール

 びわ湖ホール(大津市)の開館を記念して結成した「びわ湖祝祭管弦楽団」が3月21日、メンバーを一新して17年ぶりの演奏会を栗東芸術文化会館さきら(滋賀県栗東市綣2丁目)で開く。大津市出身の実力派ピアニストやソプラノ歌手を迎え、約70人編成でワーグナーやベートーベンの曲を演奏する。

 同管弦楽団は1999年に県内の音楽家や音楽指導者でつくる滋賀音楽振興会の主催で、1回目の演奏会をびわ湖ホールで開いた。今回は同振興会の設立25周年を記念して、広島交響楽団や京都市交響楽団の首席奏者らに声を掛け、中堅演奏家を中心に編成。県出身者か県内在住者も約30人に上る。

 曲目は、ワーグナー作曲「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より前奏曲など。ドイツで長い歴史がある学生対象コンクールで優勝した大津市出身ピアニスト久末航さん(21)、同市出身で、県新人演奏会でグランプリを受賞したソプラノ歌手斉藤智美さん(31)=大阪市中央区=の独奏もある。

 同振興会の中谷満会長(66)は「県内各地でジュニアやアマチュアのオーケストラが活発に活動している。将来に夢を持ってもらうためにも、滋賀にプロのオーケストラを創設するきっかけにしたい」と話す。

 入場料は2千~4千円。問い合わせはさきらTEL077(551)1455。

【 2016年02月25日 11時43分 】

ニュース写真

  • 「誇りを持って挑みたい」と話すソプラノ歌手斉藤さん(右)と、滋賀音楽振興会長の中谷さん=大津市浜町・しがぎんホール
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      竹島周辺のアシカ漁、申請確認
      「日本の行政権裏付け」

      20170120000168

       竹島(島根県隠岐の島町)周辺でアシカ漁をしたいとして、1906年に「竹島漁業組合」が当..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      京都翔英・石原ら優秀選手表彰 京都府高野連報告総会

      20170120000165

       京都府高野連は20日、京都市右京区の京都外大で評議員会と報告総会を開き、昨夏の甲子園に..... [ 記事へ ]

      経済

      国内初、全自動の細胞培養装置開発 ロートとマイクロニクス

      20170120000167

       ロート製薬と医療機器製造のマイクロニクス(京都府久御山町)は20日、全自動の細胞培養装..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      育てたメダカを売って募金 滋賀・伊香立中に文科大臣賞

      20170119000071

       大津市伊香立下在地町の伊香立中アクアリウム部が、寄付や慈善活動に取り組む若者を顕彰する..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      黒潮で爆弾低気圧が急発達
      海洋機構、スパコンで解析

      20170121000001

       日本の南岸を沿うように太平洋を西から東日本沖へと流れる黒潮が、冬に大雨や大雪をもたらす..... [ 記事へ ]

      国際

      英国でトランプ氏に抗議の横断幕
      ロンドンの観光名所

      20170120000157

       【ロンドン共同】ロンドンの観光名所、タワー・ブリッジで20日、不法移民対策でメキシコと..... [ 記事へ ]