出版案内
福祉事業団
47NEWS

びわ湖祝祭管弦楽団17年ぶり復活 3月に公演

「誇りを持って挑みたい」と話すソプラノ歌手斉藤さん(右)と、滋賀音楽振興会長の中谷さん=大津市浜町・しがぎんホール
「誇りを持って挑みたい」と話すソプラノ歌手斉藤さん(右)と、滋賀音楽振興会長の中谷さん=大津市浜町・しがぎんホール

 びわ湖ホール(大津市)の開館を記念して結成した「びわ湖祝祭管弦楽団」が3月21日、メンバーを一新して17年ぶりの演奏会を栗東芸術文化会館さきら(滋賀県栗東市綣2丁目)で開く。大津市出身の実力派ピアニストやソプラノ歌手を迎え、約70人編成でワーグナーやベートーベンの曲を演奏する。

 同管弦楽団は1999年に県内の音楽家や音楽指導者でつくる滋賀音楽振興会の主催で、1回目の演奏会をびわ湖ホールで開いた。今回は同振興会の設立25周年を記念して、広島交響楽団や京都市交響楽団の首席奏者らに声を掛け、中堅演奏家を中心に編成。県出身者か県内在住者も約30人に上る。

 曲目は、ワーグナー作曲「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より前奏曲など。ドイツで長い歴史がある学生対象コンクールで優勝した大津市出身ピアニスト久末航さん(21)、同市出身で、県新人演奏会でグランプリを受賞したソプラノ歌手斉藤智美さん(31)=大阪市中央区=の独奏もある。

 同振興会の中谷満会長(66)は「県内各地でジュニアやアマチュアのオーケストラが活発に活動している。将来に夢を持ってもらうためにも、滋賀にプロのオーケストラを創設するきっかけにしたい」と話す。

 入場料は2千~4千円。問い合わせはさきらTEL077(551)1455。

【 2016年02月25日 11時43分 】

ニュース写真

  • 「誇りを持って挑みたい」と話すソプラノ歌手斉藤さん(右)と、滋賀音楽振興会長の中谷さん=大津市浜町・しがぎんホール
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      北陸新幹線ルート、京都と滋賀“火花” 県効果試算に府が不快感

      20160926000161

       北陸新幹線の敦賀-大阪間延伸で、国がルート調査の検討対象としている3案について、滋賀県..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス、クルム伊達が離婚
      膝の手術からリハビリ中

      20160927000005

       女子テニスのクルム伊達公子(エステティックTBC)が27日付の自身のブログで、自動車レ..... [ 記事へ ]

      経済

      シーシーエス新社長に大西氏

      20160926000144

       シーシーエスは26日、各務嘉郎社長(69)が退任し、後任に大西浩之常務(51)を充てる..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      植民地史料、ウェブで共有 立命大教授ら計画 

      20160923000038

       日本の植民地支配に関する史料の情報を、韓国や台湾などの研究者とウェブ上で共有する取り組..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      乾電池で飛行、ギネスに挑戦
      パナと東海大、10キロ以上目標

      20160926000145

       パナソニックは26日、東海大の学生と組み、乾電池を動力源とした固定翼航空機による飛行距..... [ 記事へ ]

      国際

      韓国検察、ロッテ会長逮捕状請求
      横領や背任容疑

      20160926000060

       【ソウル共同】韓国ロッテグループの裏金疑惑を捜査しているソウル中央地検は26日、創業者..... [ 記事へ ]