出版案内
福祉事業団
47NEWS

京都・北野天満宮で梅花祭 春の香りおもてなし

梅の花が見頃を迎えた境内で、上七軒の芸舞妓の茶のもてなしを受ける参拝者ら(25日午前10時、京都市上京区・北野天満宮)
梅の花が見頃を迎えた境内で、上七軒の芸舞妓の茶のもてなしを受ける参拝者ら(25日午前10時、京都市上京区・北野天満宮)

 梅を愛した菅原道真の命日に遺徳をしのぶ「梅花祭」が25日、京都市上京区の北野天満宮であった。神事とともに、恒例の茶会が催され、参拝者は見頃を迎えた梅の花をめでながら野点(のだて)を楽しんだ。

 本殿では平安時代から続く神事が行われた。天満宮に仕えた人の子孫でつくる「七保会」の会員が、米を蒸して大小の台に盛った「大飯(おおばん)」と「小飯(こばん)」、和紙を筒状に整えて玄米を入れて紅白の梅の小枝を差した「紙立(こうだて)」を神前に供えた。

 境内では、安土桃山時代に豊臣秀吉が催した「北野大茶湯」にちなむ茶会が開かれ、参拝者や外国人観光客らが上七軒歌舞会の芸舞妓のもてなしを受けた。北区の小林美智子さん(72)は「芸舞妓さんが華やかで、快晴のもとでお茶をいただき最高でした。梅の甘い香りも漂い『東風(こち)吹かば』でした」と話していた。

 境内には約1500本の梅の木が植わる。梅園(有料)は3月下旬まで。

【 2016年02月25日 15時30分 】

ニュース写真

  • 梅の花が見頃を迎えた境内で、上七軒の芸舞妓の茶のもてなしを受ける参拝者ら(25日午前10時、京都市上京区・北野天満宮)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      米兵にメス、戦犯助教授の苦悩語る 九大生体解剖事件で講演

      20160731000018

       太平洋戦争末期、九州帝国大(現九州大)医学部で捕虜の米兵8人が死亡した「九大生体解剖事..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      重量挙げ三宅、調子上がってきた
      HPSCも活用して調整

      20160731000019

       【リオデジャネイロ共同】重量挙げの日本代表は30日、会場となるリオ中央体育館に隣接する..... [ 記事へ ]

      経済

      スーパー競争激化 京都・長岡京で出店、改装続々

      20160730000125

       京都府の長岡京市内でスーパーの新規出店や改装が相次いでいる。交通の便が良く、商品配送も..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      石畳の施工、手ほどき受け体験 滋賀・八日市の高校生

      20160729000067

       滋賀県東近江市の八日市南高花緑デザイン科の生徒が28日、同市五個荘金堂町の舗装工事現場..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「森の保全へ環境教育を」 京都協会10周年記念シンポ

      20160730000144

       住民参加の森林づくりを進める「京都モデルフォレスト協会」の10周年記念シンポジウムが3..... [ 記事へ ]

      国際

      法王、「カウチポテト」にノー
      シリア犠牲者に祈り

      20160731000026

       【クラクフ共同】ローマ法王フランシスコは30日夜、ポーランド南部クラクフ郊外で開かれた..... [ 記事へ ]