出版案内
福祉事業団

京都の若手職人、感性の帯共作 28日に制作公開

共作する帯に使う糸を選ぶ小川さん(左)と嶋岡さん=京都市上京区・「奏絲綴苑」上七軒工房
共作する帯に使う糸を選ぶ小川さん(左)と嶋岡さん=京都市上京区・「奏絲綴苑」上七軒工房

 織物や図案の修業に励む20代の若手職人2人が、着物の帯を共作している。制作風景を公開して受注につなげる初の催しを28日、京都市上京区五辻通七本松西入ルの「奏絲(そうし)綴苑(つづれえん)」上七軒工房で開く。販路を開拓し、職人としの未来を切り開こうと技術と感性を合わせて勝負をかける。

 西陣爪掻(つめがき)本綴織(ほんつづれおり)の職人、小川聖令奈(せれな)さん(25)と、図案家を志す嶋岡知美さん(26)。2人は昨年、京都府と京都市などによる伝統産業を担う人材育成を目的とした「若手職人OJT事業」に応募して知り合った。

 華やかだと思って飛び込んだ職人の世界だが、「『売れない』とか『倒産』とか、暗い話題ばかりで、知れば知るほど将来が不安になる」と小川さん。嶋岡さんも図案家の工房に弟子入りしたが、昔に比べて仕事は減り、新しい図案を考える機会は少ないという。

 OJT事業の研修では、「自分で作って売る」ことが重要と教わった。そこで、自ら制作と販売の機会を企画した。

 帯作りでは、小川さんが「静かな場所になじみながらも浮かび上がる感じ」などとイメージを伝え、嶋岡さんが絵に落とし込む。何度も意見交換し、図案を仕上げる。互いに「自分にはできないことをやってくれる」と喜ぶ。

 催しでは、完成した図案をもとに小川さんがサンプルを織る。帯は一点もので40万~50万円を想定。注文があれば購入者の希望も聞きながら、2~3カ月かけて仕立てる。

 本業での収入は少なく、バイトをしながら修業を続ける2人。「自分たちが動くことで、周りの状況を変えていくことができれば」と期待を込める。

 催しは午後1~3時。無料。申し込みは事前に小川さん携帯電話080(3115)6577へ。

【 2016年02月27日 19時42分 】

ニュース写真

  • 共作する帯に使う糸を選ぶ小川さん(左)と嶋岡さん=京都市上京区・「奏絲綴苑」上七軒工房
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      アウトドアで観光振興 滋賀・長浜市とモンベルが連携協定

      20170223000062

       滋賀県長浜市は22日、アウトドア用品メーカーのモンベル(大阪市西区)と「連携・協力に関..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      小池氏、国際パラ委会長と会談
      ボッチャで対戦

      20170223000058

       東京都の小池百合子知事は23日、国際パラリンピック委員会(IPC)のクレーブン会長と都..... [ 記事へ ]

      経済

      京都のホテル、閑散期も好調 外国人客急増で収益性向上

      20170223000064

       訪日外国人客の急増で、京都市内のホテルの採算性が向上している。従来は閑散期とされた夏季..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      一足早い春、京都で笑顔弾ける 公立高前期選抜で合格発表

      20170222000159

       京都府内の公立高入試で前期選抜の合格発表が22日、54校であった。全日制と定時制の計5..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      建設中の中間貯蔵施設公開、福島
      除染廃棄物を保管

      20170222000120

       環境省は22日、東京電力福島第1原発事故の除染で出た汚染土壌や草木などの廃棄物を保管す..... [ 記事へ ]

      国際

      2千万人以上が食料不足
      南スーダンなど4カ国

      20170223000026

       【ニューヨーク共同】国連のグテレス事務総長は22日、ニューヨークの国連本部で記者会見を..... [ 記事へ ]