出版案内
福祉事業団

妊娠時被ばく、母の悩み描く ドキュメンタリー公開

「『ハグ』って一番大事な人をぎゅっと抱きしめること。人間の幸せの基本。この気持ちを社会全体に広げていけないか、という願いをタイトルに込めた」と話す海南さん(京都市下京区)
「『ハグ』って一番大事な人をぎゅっと抱きしめること。人間の幸せの基本。この気持ちを社会全体に広げていけないか、という願いをタイトルに込めた」と話す海南さん(京都市下京区)

 京都を拠点に活動するドキュメンタリー映画監督海南(かな)友子さん(44)が、自らの放射線被ばくと妊娠・出産を記録した映画「抱く(ハグ)(HUG)」が5日から京都シネマで公開される。自分自身を被写体として、東京電力福島第1原発事故が母子にもたらした痛みや苦しみ、この時代に母となることの意味をつづった作品。海南さんは「わが子を被ばくさせたかもしれないと自分を責め続ける女性がたくさんいる。私の姿を通して、彼女たちの気持ちを想像してもらえたら」と話す。

 海南さんは2011年4月、同原発がある福島県大熊町などで取材。原発から20キロ圏内の「警戒区域」に入り、4キロ以内にまで近づいた。取材中は線量計が鳴り続け、「毎時2300マイクロシーベルト」を示したという。

 高い線量下での取材を終えた直後、医師から妊娠4週目だと知らされる。あの時この子はおなかにいた。もし妊娠を知っていれば、福島に行ってなかったかもしれないのに-。強い後悔と不安、自責の念にさいなまれ、「これ以上子どもを被ばくさせてはいけない」と翌月、京都に住まいを移した。

 出産が近づくにつれ、原因不明の胸の痛みや吐き気に襲われるようになった。痛みと吐き気は臨月まで続き、放射性物質の影響を疑った。胎児に障害が出る可能性についても悩み続けた。

 映画は、妊娠が分かる直前から出産、子どもが1歳の誕生日を迎えるまでの約2年間の心の動きをつぶさに追う。長い懊悩(おうのう)の末、わが子とともに生き抜こうと決意する姿が印象的だ。

 13年に完成したが、公開する劇場や配給会社が決まらない。旧知の映画関係者に頼んでも断られた。「みな似たような理由だった。原発を肯定する人はたくさんいて、彼らからの反発や抵抗を受け止めきれないってことだったんだと思う」

 国内で公開できないまま海外の映画祭への出品が決まり、韓国、イタリアなど6カ国で上映。各国での高い評価を受けて今年、国内での公開が決まった。「震災と原発事故から5年たっての公開になったけど、それは逆に良かった」と海南さん。「あんなにすごい出来事だったのに、5年たつと忘れられかけ、(一部の原発では)再稼働もしている。『あの日』に感じた恐怖や不安を思い出し、次の20年、30年の『暮らしとエネルギー』を考える機会にしてほしい」と話している。

【 2016年03月02日 17時31分 】

ニュース写真

  • 「『ハグ』って一番大事な人をぎゅっと抱きしめること。人間の幸せの基本。この気持ちを社会全体に広げていけないか、という願いをタイトルに込めた」と話す海南さん(京都市下京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      辺野古反対派数百人が地裁敷地に
      勾留中のリーダー釈放求め

      20170224000136

       米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設反対派リーダーで、昨年10月に逮捕..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日本代表の則本、藤浪ら投球練習
      WBC強化合宿2日目

      20170224000124

       野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は2..... [ 記事へ ]

      経済

      ANAがピーチを子会社化
      304億円で株式取得

      20170224000017

       ANAホールディングスは24日、格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション(大阪府)..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      準備万端、25日から2次試験 京都・滋賀で1万5500人受験

      20170224000057

       国公立大の2次試験前期日程が25日、全国の大学で始まる。京都と滋賀では、京都大や滋賀大..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      佐賀・玄海町議会、再稼働に同意
      賛成多数、地元理解に前進

      20170224000064

       佐賀県玄海町議会は24日、原子力対策特別委員会を開き、町内に立地する九州電力玄海原発3..... [ 記事へ ]

      国際

      医療で結ぶベトナムとの縁 滋賀医大、現地国立病院と交流20年

      20170224000063

       滋賀医科大(大津市)が、ベトナムの国立チョーライ病院と20年近くにわたり、学術交流を続..... [ 記事へ ]