出版案内
福祉事業団

神仏習合の美術、多彩 滋賀で企画展

仏教の影響を伝える、地主神社の僧形坐像や男神・女神坐像(近江八幡市安土町下豊浦・安土城考古博物館)
仏教の影響を伝える、地主神社の僧形坐像や男神・女神坐像(近江八幡市安土町下豊浦・安土城考古博物館)

 休館中の琵琶湖文化館(大津市)の所蔵品48点から、県内で多く見られる仏教・神道美術や神仏習合の世界を紹介した企画展「表現された神と仏」が、滋賀県近江八幡市安土町下豊浦の安土城考古博物館で開かれている。

 古くから日本で信仰された姿を持たない神々は、仏像を礼拝する仏教の影響を受け、神像として形を与えられた。蜊江(つぶえ)神社(守山市)に残る奈良時代の天部形立像や、地主神社(大津市)の平安時代の僧形坐(ざ)像や男神・女神坐像は、神と仏が近づいた当初の姿を示す。

 境内に山門や仏堂があり、神仏習合の跡をとどめる蜊江神社からは、祭神のタニシが琵琶湖からくわえて現れたと伝わる大般若経の一つ「理趣分」も出品されている。

 仏教は、仏を守る神としてインドの神々を取り入れ、その神々は後に弁財天や大黒天として親しまれる。観音寺(草津市)の大黒天半跏(はんか)像は険しい表情の武装神で、福の神とは違う一面を見せる。

 このほか、神は仏の仮の姿とする本地垂迹(すいじゃく)説に基づく神道曼荼羅(まんだら)など、混じり合う神と仏の姿を今に伝える品々が並ぶ。

 4月10日まで。月曜休館。有料。問い合わせは同博物館TEL0748(46)2424。

【 2016年03月08日 11時10分 】

ニュース写真

  • 仏教の影響を伝える、地主神社の僧形坐像や男神・女神坐像(近江八幡市安土町下豊浦・安土城考古博物館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      民進、原発ゼロ法案化は会期内に
      電力総連へ伝達

      20170223000005

       民進党の野田佳彦幹事長が、党の「2030年代原発ゼロ」目標の前倒しを巡り、電力総連など..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      欧州CL、レスター初戦落とす
      岡崎は出場機会なし

      20170223000032

       【セビリア(スペイン)共同】サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は22日、各地で..... [ 記事へ ]

      経済

      米FRB、利上げ「比較的早く」
      3月の可能性も

      20170223000013

       【ワシントン共同】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)が22日に公表した..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      一足早い春、京都で笑顔弾ける 公立高前期選抜で合格発表

      20170222000159

       京都府内の公立高入試で前期選抜の合格発表が22日、54校であった。全日制と定時制の計5..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      建設中の中間貯蔵施設公開、福島
      除染廃棄物を保管

      20170222000120

       環境省は22日、東京電力福島第1原発事故の除染で出た汚染土壌や草木などの廃棄物を保管す..... [ 記事へ ]

      国際

      2千万人以上が食料不足
      南スーダンなど4カ国

      20170223000026

       【ニューヨーク共同】国連のグテレス事務総長は22日、ニューヨークの国連本部で記者会見を..... [ 記事へ ]