出版案内
福祉事業団
47NEWS

神仏習合の美術、多彩 滋賀で企画展

仏教の影響を伝える、地主神社の僧形坐像や男神・女神坐像(近江八幡市安土町下豊浦・安土城考古博物館)
仏教の影響を伝える、地主神社の僧形坐像や男神・女神坐像(近江八幡市安土町下豊浦・安土城考古博物館)

 休館中の琵琶湖文化館(大津市)の所蔵品48点から、県内で多く見られる仏教・神道美術や神仏習合の世界を紹介した企画展「表現された神と仏」が、滋賀県近江八幡市安土町下豊浦の安土城考古博物館で開かれている。

 古くから日本で信仰された姿を持たない神々は、仏像を礼拝する仏教の影響を受け、神像として形を与えられた。蜊江(つぶえ)神社(守山市)に残る奈良時代の天部形立像や、地主神社(大津市)の平安時代の僧形坐(ざ)像や男神・女神坐像は、神と仏が近づいた当初の姿を示す。

 境内に山門や仏堂があり、神仏習合の跡をとどめる蜊江神社からは、祭神のタニシが琵琶湖からくわえて現れたと伝わる大般若経の一つ「理趣分」も出品されている。

 仏教は、仏を守る神としてインドの神々を取り入れ、その神々は後に弁財天や大黒天として親しまれる。観音寺(草津市)の大黒天半跏(はんか)像は険しい表情の武装神で、福の神とは違う一面を見せる。

 このほか、神は仏の仮の姿とする本地垂迹(すいじゃく)説に基づく神道曼荼羅(まんだら)など、混じり合う神と仏の姿を今に伝える品々が並ぶ。

 4月10日まで。月曜休館。有料。問い合わせは同博物館TEL0748(46)2424。

【 2016年03月08日 11時10分 】

ニュース写真

  • 仏教の影響を伝える、地主神社の僧形坐像や男神・女神坐像(近江八幡市安土町下豊浦・安土城考古博物館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      野党、1人区一本化完了
      佐賀選挙区で共産取り下げ

      20160531000163

       共産党佐賀県委員会は31日、参院選佐賀選挙区(改選数1)に擁立した新人の上村泰稔氏(5..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      全仏、A・ラドワンスカが敗退
      ストーサーは8強へ

      20160601000003

       【パリ共同】テニスの全仏オープン第10日は31日、パリのローランギャロスで行われ、女子..... [ 記事へ ]

      経済

      ローソン、品ぞろえ1割増へ
      価格も手頃にと竹増新社長

      20160601000007

       コンビニ2位のローソンは国内全体の4分の3に当たる約9千店舗で、品ぞろえを6月末までに..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      投票や選挙、若者語り合う 京都で座談会、関心高める方策探る

      20160531000177

       選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられる参院選に向け、京都府などの大学生、高校生によ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      娘の縫いぐるみ宇宙で活用
      大西さん、無重力確認に

      20160531000143

       【モスクワ共同】6月にロシアのソユーズ宇宙船で国際宇宙ステーションに向かう予定の宇宙飛..... [ 記事へ ]

      国際

      加州知事、クリントン氏支持表明
      7日に予備選

      20160601000009

       【ワシントン共同】米大統領選の民主党候補指名争いで、カリフォルニア州のブラウン知事(民..... [ 記事へ ]