出版案内
福祉事業団

占領地の通貨「軍票」展示、戦争実情知って 滋賀・高島

個人が収集した軍票など55点を展示している企画展「記憶の中の軍票」(高島市朽木野尻・朽木資料館)
個人が収集した軍票など55点を展示している企画展「記憶の中の軍票」(高島市朽木野尻・朽木資料館)

 占領地で使われた軍票(軍用手票)を集めた企画展「記憶の中の軍票」が、滋賀県高島市朽木野尻の市立朽木資料館で開かれている。各地の55点を展示し、実体のない通貨で物資を調達した戦争の断面を浮かび上がらせている。

 軍票は物資調達や兵隊の給料の支払いなどに使われた。西南戦争で発行された「西郷札」が最初とされ、日清・日露戦争、シベリア出兵などでも発行された。

 企画展では、明治時代発行の紙幣「明治通宝」、それをモデルにして作られた日露戦争時の軍票などを展示。日中戦争時のものは、聖徳太子や武内宿禰(たけのうちのすくね)などの肖像のある当時の通貨に朱で「軍用手票」と印刷している。竜や鳳凰(ほうおう)など軍票としてデザインされたもの、太平洋戦争の際、オランダやイギリス領だった地域で使われた現地通貨建ての軍票、戦後に在日米軍が沖縄で発行したものなどが並んでいる。

 1944年に京都で製造され、流通せず終戦で廃棄処分となった陶製の貨幣「陶貨」(直径14・5ミリ)もあり、表に富士山、裏に八重桜が刻印されている。

 コレクションは元朽木村史編集委員長の石田敏さん(69)が6年がかりで収集した。石田さんの叔父がインドネシアで従軍した際、給料として支給された3枚が蔵に残っているのを見つけ、収集を始めたという。

 石田さんは「自国通貨を戦地向けに発行すると、インフレが起きたり、反日活動の工作資金になったりする恐れがあった。軍票は戦後、紙切れになり、現地経済を混乱させた。そうした戦争の実情を知ってほしい」と話している。

 31日まで。月、火曜と20日は休館。無料。

【 2016年03月16日 08時50分 】

ニュース写真

  • 個人が収集した軍票など55点を展示している企画展「記憶の中の軍票」(高島市朽木野尻・朽木資料館)
  • 1938年発行の日中戦争の軍票。朱で「日本銀行兌換(だかん)券」に線が引かれ、「軍用手票」と記されている
  • 1945年に発行され、占領下の沖縄で使われた在日米軍の軍票
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      辺野古反対派数百人が地裁敷地に
      勾留中のリーダー釈放求め

      20170224000136

       米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設反対派リーダーで、昨年10月に逮捕..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日本代表の則本、藤浪ら投球練習
      WBC強化合宿2日目

      20170224000124

       野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は2..... [ 記事へ ]

      経済

      ANAがピーチを子会社化
      304億円で株式取得

      20170224000017

       ANAホールディングスは24日、格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション(大阪府)..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      準備万端、25日から2次試験 京都・滋賀で1万5500人受験

      20170224000057

       国公立大の2次試験前期日程が25日、全国の大学で始まる。京都と滋賀では、京都大や滋賀大..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      佐賀・玄海町議会、再稼働に同意
      賛成多数、地元理解に前進

      20170224000064

       佐賀県玄海町議会は24日、原子力対策特別委員会を開き、町内に立地する九州電力玄海原発3..... [ 記事へ ]

      国際

      医療で結ぶベトナムとの縁 滋賀医大、現地国立病院と交流20年

      20170224000063

       滋賀医科大(大津市)が、ベトナムの国立チョーライ病院と20年近くにわたり、学術交流を続..... [ 記事へ ]