出版案内
福祉事業団
47NEWS

占領地の通貨「軍票」展示、戦争実情知って 滋賀・高島

個人が収集した軍票など55点を展示している企画展「記憶の中の軍票」(高島市朽木野尻・朽木資料館)
個人が収集した軍票など55点を展示している企画展「記憶の中の軍票」(高島市朽木野尻・朽木資料館)

 占領地で使われた軍票(軍用手票)を集めた企画展「記憶の中の軍票」が、滋賀県高島市朽木野尻の市立朽木資料館で開かれている。各地の55点を展示し、実体のない通貨で物資を調達した戦争の断面を浮かび上がらせている。

 軍票は物資調達や兵隊の給料の支払いなどに使われた。西南戦争で発行された「西郷札」が最初とされ、日清・日露戦争、シベリア出兵などでも発行された。

 企画展では、明治時代発行の紙幣「明治通宝」、それをモデルにして作られた日露戦争時の軍票などを展示。日中戦争時のものは、聖徳太子や武内宿禰(たけのうちのすくね)などの肖像のある当時の通貨に朱で「軍用手票」と印刷している。竜や鳳凰(ほうおう)など軍票としてデザインされたもの、太平洋戦争の際、オランダやイギリス領だった地域で使われた現地通貨建ての軍票、戦後に在日米軍が沖縄で発行したものなどが並んでいる。

 1944年に京都で製造され、流通せず終戦で廃棄処分となった陶製の貨幣「陶貨」(直径14・5ミリ)もあり、表に富士山、裏に八重桜が刻印されている。

 コレクションは元朽木村史編集委員長の石田敏さん(69)が6年がかりで収集した。石田さんの叔父がインドネシアで従軍した際、給料として支給された3枚が蔵に残っているのを見つけ、収集を始めたという。

 石田さんは「自国通貨を戦地向けに発行すると、インフレが起きたり、反日活動の工作資金になったりする恐れがあった。軍票は戦後、紙切れになり、現地経済を混乱させた。そうした戦争の実情を知ってほしい」と話している。

 31日まで。月、火曜と20日は休館。無料。

【 2016年03月16日 08時50分 】

ニュース写真

  • 個人が収集した軍票など55点を展示している企画展「記憶の中の軍票」(高島市朽木野尻・朽木資料館)
  • 1938年発行の日中戦争の軍票。朱で「日本銀行兌換(だかん)券」に線が引かれ、「軍用手票」と記されている
  • 1945年に発行され、占領下の沖縄で使われた在日米軍の軍票
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      吉本芸人のテントさん死亡
      大阪、車にはねられる

      20160928000001

       27日午後7時50分ごろ、大阪市天王寺区生玉前町の交差点で、吉本興業所属の芸人テントさ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      西武・田辺監督、今季限りで辞任
      3年連続でCS逃す

      20160927000158

       西武の田辺徳雄監督(50)が27日、今季限りで辞任すると発表した。試合前に球団に辞意を..... [ 記事へ ]

      経済

      ヤフー、新幹線や自転車通勤導入
      働き方見直し、週休3日制も

      20160927000125

       IT大手のヤフーは27日、新しい人事制度を来月から導入すると発表した。通勤時間が2時間..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      繭から糸繰り、高校生が体験 京都・福知山で特別授業

      20160927000053

       由良川沿いの地域でかつて盛んだった養蚕についての特別授業が26日、京都府福知山市大江町..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      鳥取砂丘で月面探査車試験
      国際コンテスト参加の民間チーム

      20160927000116

       民間による月面探査一番乗りを競う国際コンテストに参加している日本の民間チーム「HAKU..... [ 記事へ ]

      国際

      ロッテ創業者の事実婚相手を起訴
      在宅で韓国検察

      20160927000082

       【ソウル共同】韓国ロッテグループ経営陣の背任容疑などを捜査中の韓国検察は27日、創業者..... [ 記事へ ]