出版案内
福祉事業団

三成CM反響、滋賀県も予想外 狙いは笑いより知名度

昭和のテレビCMを感じさせる構成が人気を集めている滋賀県制作の石田三成PR動画=県提供
昭和のテレビCMを感じさせる構成が人気を集めている滋賀県制作の石田三成PR動画=県提供

 地元ゆかりの戦国武将、石田三成のPRを進めている滋賀県が制作し、特設サイトで今月5日から公開したCM動画が大きな反響を呼んでいる。16日で再生回数は80万回を超えた。昭和のテレビCMを連想させるような映像と覚えやすいメロディーが独特の緩さを演出し、自治体の制作と思えない意外性に注目が集まっている。

 県は、関ケ原の合戦に敗れて悪評を広められた三成の人間的な魅力に着目し、県の知名度アップにもつなげようと「石田三成発信プロジェクト」を始めた。動画はその一環で、ネット上でいかに関心を集めるかを重視して制作会社と協議した。

 39秒の動画は、「武将と言えばみつなり~」「イチ、ゴー、ロク、ゼロ、滋賀県生まれ」と歌いながら三成や豊臣秀吉にふんした男性、少年らが踊り、「忠義心ナンバーワン宣言」と実直さをアピールする。

 5日に公開後、県の広報資料で紹介した以外に宣伝はしていなかった。「何とか5万回再生されればというのが目標だった」(広報課)が、ネット上で評判の動画を集めるサイトに紹介されてアクセス数が急増し、1日約10万回に上る日もあった。

 県広報課は27日から第2弾の動画を公開する予定で、「これほどの反響は予想外。どういう内容にするかしっかり考えたい」。狙いは笑いを取ることでなく、三成のイメージと県の知名度を高めることで、「この流れを生かしたい」と策略を練っている。

【 2016年03月17日 06時00分 】

ニュース写真

  • 昭和のテレビCMを感じさせる構成が人気を集めている滋賀県制作の石田三成PR動画=県提供
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      不明警官の勇姿伝えたい
      福島、テーマソング完成

      20161001000006

       東日本大震災で住民の避難誘導中に津波に遭い、行方不明になった警察官の勇姿を後世に伝えた..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      松坂大輔、初の1軍登板へ
      最終戦中継ぎの見込み

      20160930000198

       ソフトバンクの工藤公康監督は30日、シーズン最終戦の10月2日の楽天戦(コボスタ宮城)..... [ 記事へ ]

      経済

      こだわりの服、化粧品…中国の大型連休に照準 京都の百貨店

      20160930000193

       中国の大型連休・国慶節(10月1~7日)が始まるのを踏まえ、京都や大阪の百貨店や小売店..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      GLM 2車種目EVカー 京大発ベンチャー 走行距離など向上

      20160929000167

       京都大発の電気自動車(EV)製造ベンチャー、GLM(京都市左京区)は29日、量産車とし..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      オオヒシクイ初飛来、秋の深まり告げる 滋賀・琵琶湖 

      20160930000160

       国の天然記念物に指定されている渡り鳥のオオヒシクイ2羽が30日、長浜市湖北町今西の琵琶..... [ 記事へ ]

      国際

      ペレス前大統領の死悼む
      国葬にオバマ氏ら多数参列

      20160930000120

       【エルサレム共同】28日に93歳で死去したイスラエルのシモン・ペレス前大統領の国葬が3..... [ 記事へ ]