出版案内
福祉事業団

謎の「地震の間」公開 滋賀・近江八幡の旧商家

一般公開された「地震の間」(滋賀県近江八幡市・旧伴家住宅)
一般公開された「地震の間」(滋賀県近江八幡市・旧伴家住宅)

 滋賀県近江八幡市新町3丁目に残る近江商人の商家、旧伴家住宅で20日、用途が分からず謎の多い部屋「地震の間」が一般公開された。

 旧伴家住宅は1840年に完成した木造一部3階建ての邸宅で、現在は資料館として公開されている。

 3階にある「地震の間」は通常は非公開。室内の移動が困難なほど数多く据えられたはりや柱が特徴。以前同住宅を調査した滋賀県立大の濱﨑一志教授によると、柱の中に不自然に古材が混じり、伴家にとって縁の深い建物の柱を使うためにあえて設けた空間の可能性があるという。

 窓から旧市街が一望できることから、火災や不審者を見張った「自身番」が常駐した部屋とする説もあるが、現実的ではなく、用途や名前の由来は分からないままだ。この日も観光客を案内した濱﨑教授は「何のためにこんな使い勝手の悪い部屋をつくったのか。謎が多い」と説明していた。

【 2016年03月21日 15時30分 】

ニュース写真

  • 一般公開された「地震の間」(滋賀県近江八幡市・旧伴家住宅)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      アウトドアで観光振興 滋賀・長浜市とモンベルが連携協定

      20170223000062

       滋賀県長浜市は22日、アウトドア用品メーカーのモンベル(大阪市西区)と「連携・協力に関..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      小池氏、国際パラ委会長と会談
      ボッチャで対戦

      20170223000058

       東京都の小池百合子知事は23日、国際パラリンピック委員会(IPC)のクレーブン会長と都..... [ 記事へ ]

      経済

      京都のホテル、閑散期も好調 外国人客急増で収益性向上

      20170223000064

       訪日外国人客の急増で、京都市内のホテルの採算性が向上している。従来は閑散期とされた夏季..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      一足早い春、京都で笑顔弾ける 公立高前期選抜で合格発表

      20170222000159

       京都府内の公立高入試で前期選抜の合格発表が22日、54校であった。全日制と定時制の計5..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      建設中の中間貯蔵施設公開、福島
      除染廃棄物を保管

      20170222000120

       環境省は22日、東京電力福島第1原発事故の除染で出た汚染土壌や草木などの廃棄物を保管す..... [ 記事へ ]

      国際

      2千万人以上が食料不足
      南スーダンなど4カ国

      20170223000026

       【ニューヨーク共同】国連のグテレス事務総長は22日、ニューヨークの国連本部で記者会見を..... [ 記事へ ]