出版案内
福祉事業団
47NEWS

貴重な桜の4品種、幼木で「帰郷」 京都・平野神社

増殖に成功して鉢に植えられた幼木と、親木として枝を採取した「魁桜」(京都市北区・平野神社)
増殖に成功して鉢に植えられた幼木と、親木として枝を採取した「魁桜」(京都市北区・平野神社)

 桜の名所として知られる京都市北区の平野神社が、樹齢100年以上の珍しい品種の増殖に成功し、このほど境内に「帰郷」した。

 平野神社には、明治以前に公家たちが植えた貴重な桜を中心に約60種400本がある。樹齢100年以上とされる珍しい種もあり、継承が課題だったが、岡山県の研究機関の協力を得て、4品種の増殖に成功。桜のシーズンに合わせて、このほど、高さ約1メートルの幼木が境内に「帰郷」し、関係者を喜ばせている。

 4品種は、神門前のシダレザクラ「魁桜」や、拝殿前に植わるサトザクラ「寝覚め」、桜苑のサトザクラ「平野夕日」、境内の出世導引稲荷社前にあるサトザクラ「平野撫子(なでしこ)」。いずれも「ほかの桜に先駆けて開花する」、「一夜にして咲く」などのいわれがあり、神社が重視する木だ。

 多くの参拝者に知られる木を絶やさないようにするため、樹木の遺伝子を残す活動をする「森林総合研究所林木育種センター」関西育種場(岡山県勝央町)に増殖を依頼した。境内の老木から採った枝を使い、昨年2月に枝を採取し、接ぎ木で計57本に増やした。一部を育種場に残し、うち41本が神社に戻った。

 神社は幼木を順次、境内に植え替える予定。権禰宜(ごんねぎ)の中村聡朗さん(37)は「枝を取った親木とともに幼木を大切にして、次代にサクラの名木を引き継いでいきたい」と語る。

【 2016年03月24日 11時10分 】

ニュース写真

  • 増殖に成功して鉢に植えられた幼木と、親木として枝を採取した「魁桜」(京都市北区・平野神社)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      相馬野馬追がクライマックス
      旗なびかせ騎馬武者疾走

      20160724000101

       福島県相馬・双葉地方の伝統行事「相馬野馬追」は24日、騎馬武者が旗をなびかせて疾走する..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日2―3オ(24日)
      オリックス連敗止める

      20160724000097

       オリックスが連敗を3で止めた。1点を追う八回にモレルの二塁打で追い付き、若月のスクイズ..... [ 記事へ ]

      経済

      子牛増産へ京都府が対策本腰 TPP見据え反転狙う

      20160724000025

       京都府内で子牛の生産頭数が減少する中、府は本年度から、妊娠しにくくなった雌牛を引き取っ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自由研究どうすればいい? 京都4施設の職員に相談

      20160724000061

       京都市動物園、府立植物園、京都水族館、市青少年科学センターによる「夏休みの宿題いきもの..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      水の大切さ、環境保全を考える 大津でイベント

      20160724000038

       水の大切さや環境保全などを考えるイベント「水辺の匠(たくみ)」が23日、大津市黒津4丁..... [ 記事へ ]

      国際

      南シナ海巡り協議難航、外相会議
      ASEAN、声明取りまとめ

      20160724000088

       【ビエンチャン共同】ラオスの首都ビエンチャンで24日、南シナ海のほぼ全域で中国が主張す..... [ 記事へ ]