出版案内
福祉事業団
47NEWS

県名変更論も出たが…「シガ」の呼び名は7世紀から

1939年にしゅん工された滋賀県庁。滋賀は歴史ある地名だが全国的には認知度が低い。昨年の県議会で「県名を変更しては」と提案された(大津市京町4丁目)
1939年にしゅん工された滋賀県庁。滋賀は歴史ある地名だが全国的には認知度が低い。昨年の県議会で「県名を変更しては」と提案された(大津市京町4丁目)

 ブランド力が低いとして、昨年に県名変更まで議論された「滋賀県」。琵琶湖を抱え、「水が潤沢にある豊かな土地」との意味もあるとされる県名の定着は、明治初期までさかのぼる。

 1871(明治4)年、廃藩置県の公布で既に創設されていた大津をはじめ、彦根や水口など8県ができた。すぐに大津県と長浜県に統合され、翌年、大津県が滋賀県、長浜県が犬上県へと改称。同年秋に2県が合併して滋賀県となった。その後の一時期、現在の福井県の一部にあたる敦賀や大飯など4郡を編入し、滋賀県が日本海に面していた時期もある。

 大津市歴史博物館(大津市)によると、そもそも地名としての「シガ」の成立は少なくとも、7世紀ごろまでさかのぼることができる。文献では続日本紀の717年の記載に「志我」とあり、日本書紀にも「志賀」と記されている。万葉集の中にも、多くの歌が残されている。

 歴史ある地名だが、全国的に認知度が低いことから、昨年の県議会では「県名を変更しては」との提案もされた。県は、昨年6月の県政世論調査に県名を変えるべきかどうかの質問項目を加えたところ、82・8%の人が「変える必要はない」と回答。6・5%だった「変えるべき」を突き放した。

 結果的に、県民の愛着が確認された県名変更騒動。今後も、滋賀県は長い歴史を刻んでいく。

【 2016年03月30日 17時00分 】

ニュース写真

  • 1939年にしゅん工された滋賀県庁。滋賀は歴史ある地名だが全国的には認知度が低い。昨年の県議会で「県名を変更しては」と提案された(大津市京町4丁目)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      横浜事件、国賠は遺族敗訴
      違法捜査認定も責任なし

      20160630000077

       戦時下最大の言論弾圧とされる横浜事件の再審で免訴の判決が確定した元被告2人の遺族が、裁..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      山県「9秒台目指す」
      2度目の舞台へ意気込み

      20160630000074

       陸上男子100メートルでリオデジャネイロ五輪に出場する山県亮太が30日、東京都内で所属..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株、一時200ドル高

      20160629000184

       【ニューヨーク共同】29日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅続伸し、前..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・京丹波を「ホッケーの聖地」に 指導者招き小学校で授業

      20160629000026

       ホッケーの好選手を多く輩出する京都府京丹波町で本年度から、小学校の授業に町ホッケー協会..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      天然スギ20本超初確認 京都・舞鶴と高浜にまたがる青葉山

      20160630000033

       京都府舞鶴市と福井県高浜町にまたがる青葉山の高浜町域に、氷河期の生き残りの子孫とみられ..... [ 記事へ ]

      国際

      米揚陸艦隊を追加派遣へ
      警戒強化、中国けん制

      20160630000048

       【ワシントン共同】米海兵隊総軍のウィスラー司令官は29日、アジア太平洋地域に強襲揚陸艦..... [ 記事へ ]