出版案内
福祉事業団

県名変更論も出たが…「シガ」の呼び名は7世紀から

1939年にしゅん工された滋賀県庁。滋賀は歴史ある地名だが全国的には認知度が低い。昨年の県議会で「県名を変更しては」と提案された(大津市京町4丁目)
1939年にしゅん工された滋賀県庁。滋賀は歴史ある地名だが全国的には認知度が低い。昨年の県議会で「県名を変更しては」と提案された(大津市京町4丁目)

 ブランド力が低いとして、昨年に県名変更まで議論された「滋賀県」。琵琶湖を抱え、「水が潤沢にある豊かな土地」との意味もあるとされる県名の定着は、明治初期までさかのぼる。

 1871(明治4)年、廃藩置県の公布で既に創設されていた大津をはじめ、彦根や水口など8県ができた。すぐに大津県と長浜県に統合され、翌年、大津県が滋賀県、長浜県が犬上県へと改称。同年秋に2県が合併して滋賀県となった。その後の一時期、現在の福井県の一部にあたる敦賀や大飯など4郡を編入し、滋賀県が日本海に面していた時期もある。

 大津市歴史博物館(大津市)によると、そもそも地名としての「シガ」の成立は少なくとも、7世紀ごろまでさかのぼることができる。文献では続日本紀の717年の記載に「志我」とあり、日本書紀にも「志賀」と記されている。万葉集の中にも、多くの歌が残されている。

 歴史ある地名だが、全国的に認知度が低いことから、昨年の県議会では「県名を変更しては」との提案もされた。県は、昨年6月の県政世論調査に県名を変えるべきかどうかの質問項目を加えたところ、82・8%の人が「変える必要はない」と回答。6・5%だった「変えるべき」を突き放した。

 結果的に、県民の愛着が確認された県名変更騒動。今後も、滋賀県は長い歴史を刻んでいく。

【 2016年03月30日 17時00分 】

ニュース写真

  • 1939年にしゅん工された滋賀県庁。滋賀は歴史ある地名だが全国的には認知度が低い。昨年の県議会で「県名を変更しては」と提案された(大津市京町4丁目)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      民進「牙城」に自民公募挑む 衆院京都2区、党府連が繁本氏擁立

      20170118000158

       自民党京都府連は18日、次期衆院選で京都2区の立候補予定者に、衆院議員秘書の繁本護氏(..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ロドリゲス氏が野球殿堂入り
      バグウェル氏らと3人

      20170119000021

       【ニューヨーク共同】米国野球殿堂は18日、今年の殿堂入り選手を発表し、強肩強打の捕手と..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株続落、22ドル安
      経済政策に不透明感

      20170119000016

       【ニューヨーク共同】18日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、トランプ次期..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      歓喜の春、笑顔咲く 京都・公立高付属中で合格発表

      20170118000152

       京都府内の公立高付属中で18日、2017年度入試の合格発表があった。京都市立西京高付属..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      向井さん、宇宙ごみ議論に意欲
      国連の科学技術小委で議長に

      20170118000110

       日本初の女性宇宙飛行士の向井千秋さん(64)が国連宇宙空間平和利用委員会の科学技術小委..... [ 記事へ ]

      国際

      中国から英に貨物列車
      「一帯一路」の一環

      20170119000005

       【ロンドン共同】中国浙江省と英ロンドンを結ぶ国際定期貨物列車の第1便が18日、ロンドン..... [ 記事へ ]