出版案内
福祉事業団

清めの川に十二単映え 斎王代、葵祭へ「御禊の儀」

御禊の儀で、御手洗川に手を浸して身を清める斎王代の西村和香さん(4日午前10時50分、京都市北区・上賀茂神社)
御禊の儀で、御手洗川に手を浸して身を清める斎王代の西村和香さん(4日午前10時50分、京都市北区・上賀茂神社)

 京都三大祭りの一つ、葵祭(15日)を前に、ヒロインの斎王代や女官を務める女性たちが身を清める「御禊(みそぎ)の儀」が4日、京都市北区の上賀茂神社で行われた。色鮮やかな十二単(ひとえ)が澄んだ水面に映り込む王朝絵巻さながらの光景に、大勢の見物客が見入っていた。

 午前10時半に始まり、斎王代の西村和香さん(26)=山科区=が女官たちを従えて鳥居をくぐり、地元の子どもからフタバアオイを受け取った。御手洗(みたらし)川に架かる橋殿(はしどの)でおはらいを受けた後、童女2人と水辺に近づき、両手をそっと川に差し入れて身を清めた。

 和香さんは、1980年に斎王代を務めた母和美さん(53)から「斎王になったつもりで、凛(りん)として」と助言を受けて臨んだという。和香さんは「十二単に歴史の重みを感じました。心地よい水の冷たさでした」と儀式を振り返った。

 御禊の儀は、平安時代の「斎王」にならって「斎王代」が創設された1956年に、葵祭の前儀として始まった。上賀茂、下鴨の両神社で、隔年交代で行われる。

【 2016年05月04日 22時40分 】

ニュース写真

  • 御禊の儀で、御手洗川に手を浸して身を清める斎王代の西村和香さん(4日午前10時50分、京都市北区・上賀茂神社)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      中華航空機事故から23年
      遺族ら参列、冥福祈る

      20170426000177

       乗客乗員264人が死亡した1994年の名古屋空港(現愛知県営名古屋空港)の中華航空機墜..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ソ4―1日(26日)
      ソフトBが一回に4点

      20170426000178

       ソフトバンクは一回に今宮が1号ソロを放ち、内川の適時打、デスパイネの3号2ランで計4点..... [ 記事へ ]

      経済

      窓から鴨川一望、ゆったり宿泊 京都、新ホテル相次ぎ完成

      20170426000139

       京都市中京区で26日、西日本鉄道(福岡市)と藤田観光(東京都)がそれぞれ近日オープンさ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      イラク帰還兵「社会復帰難しい」 京都の高校で講義

      20170426000046

       憲法施行70年(5月3日)を前に、高校生が憲法問題や平和、戦争について考える集会が25..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      金属使い多様な色作る彩色法
      理研が開発、半永久的に色保持

      20170426000154

       アルミニウムの薄い膜を使って表面に微細な凹凸加工をすることで、多様な色を作り出せる彩色..... [ 記事へ ]

      国際

      金正恩氏が攻撃演習視察
      軍創建記念で過去最大規模

      20170426000048

       【平壌共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は26日、朝鮮人民軍創建85年(25日)を祝う過去最大..... [ 記事へ ]