出版案内
福祉事業団

名物おかみの居酒屋閉店へ 京都・東山 半世紀「出会い感謝」

なじみの客と談笑する「お食事処 伏見」のおかみ川原多津子さん(右)=京都市東山区
なじみの客と談笑する「お食事処 伏見」のおかみ川原多津子さん(右)=京都市東山区

 京都市東山区で60年、営業を続けてきた居酒屋「お食事処 伏見」が5月末で閉店する。新鮮な海産物とおかみ川原多津子さん(67)のざっくばらんな人柄が人気で、俳優の故大滝秀治さんも通った名物店。道路や公営住宅を整備する市の住宅地区改良事業に伴い店の土地売却を求められ、決断した。川原さんは「人との出会いの大切さを学べた」と感謝を胸に、残り少ない営業に精を出している。

■故大滝秀治さんら著名人常連

 川原さんの父・故西澤繁三朗さんが1955年ごろ開店した。川原さんは18歳から手伝い、父が体調を崩した75年ごろに継いだ。店内はコの字型のカウンター席で二十数人も座れば満員。父の代から付き合いがある問屋で仕入れる伊勢エビやアワビ、タイなど天然の海産物を生かした料理を売りにしてきた。

 近くの京都大や同志社大、立命館大の学生や教員らが主な客で、酒を片手に良く議論を交わしていた。川原さんも大学紛争のころ、客に誘われ火炎瓶が飛び交う現場を訪ねたことも。バブル景気の頃はサラリーマンが多く「接待で伊勢エビがたくさん売れました」と笑う。

 故夏目雅子さんや京唄子さんら著名人も多く訪れた。故大滝秀治さんも常連の1人。「1人で静かに食べたり飲んだりしながらお客さんの振る舞いを観察していた。俳優のかがみだと思いました」

 「自分の都合で店を閉じるのではない」と悔しい思いもあるが、閉店を知ったなじみ客が多く詰めかける中、変わらぬ明るさで店に立つ。30年通う上京区の公務員男性(50)は「誰にでも平等に接するおかみさんの人柄が好きだった」。多津子さんは「たくさん一期一会を経験し、私自身成長させてもらった」と振り返る。

 31日に閉店。営業時間は午後5時から午後10時半(入店は10時まで)。日曜休み。TEL075(751)7458。

【 2016年05月18日 10時20分 】

ニュース写真

  • なじみの客と談笑する「お食事処 伏見」のおかみ川原多津子さん(右)=京都市東山区
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      口からビー玉、入院患者への虐待疑い謝罪 京都・舞鶴市民病院

      20170328000028

       舞鶴市立舞鶴市民病院(京都府舞鶴市倉谷)は27日、60代の男性入院患者2人について、体..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス、尾崎は世界1位に完敗
      マイアミ・オープン4回戦

      20170328000017

       【マイアミ共同】テニスのマイアミ・オープンは27日、米マイアミで女子シングルス4回戦が..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株8日続落、45ドル安
      政策懸念、5年8カ月ぶり

      20170328000006

       【ニューヨーク共同】週明け27日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、トラン..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「あられグラノーラ」高校生が商品化 京都、牛乳かけて食べて

      20170327000048

       京都すばる高(京都市伏見区)の3年生たちが、京都産の黒米やドライフルーツを使って、あら..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      神経難病、サルで再現
      治療、病態解明の手掛かり

      20170328000008

       遺伝子の改変によって神経難病である脊髄小脳変性症の症状があるマーモセット(小型のサル)..... [ 記事へ ]

      国際

      京都市・レジリエント統括監に、藤田副市長任命へ

      20170328000025

       京都市は、災害やテロが起きても早期に復旧できる都市を目指すため、米財団のプロジェクトに..... [ 記事へ ]