出版案内
福祉事業団

京都の「菓子木型」途絶 伝統産業の職人で初

京菓子作りを支える菓子木型。この木型を作った男性が亡くなり、継承が途絶えている(京都市左京区・京都伝統産業ふれあい館)
京菓子作りを支える菓子木型。この木型を作った男性が亡くなり、継承が途絶えている(京都市左京区・京都伝統産業ふれあい館)

 「西陣織」や「京人形」「京すだれ」など京都市が指定する74種の伝統産業のうち、京菓子作りを支える「菓子木型」の作り手が途絶えている。職人がいなくなったのは全種を通じて初めて。市は指定を外さない方針だが、同様に後継者がおらず、継承の危機にある職種も複数あり、関係者が不安を募らせている。

 菓子木型は干菓子作りなどに用いられる。歴史は押し菓子が生まれた江戸後期にさかのぼり、主に京都の職人が携わってきた。堅く水に強いヤマザクラの板に繊細な彫刻を施すため高度な技術が必要とされる。

 1980年代から技術の継承が危ぶまれ、ただ1人となっていた木型彫刻師の男性が数年前に死去。この男性は2004年の京都新聞の記事で、「新規注文は少なくなり、仕事は古い木型を修整してくれ、というものばかり。もう(仕事が)なくなるんとちゃうか」と語っていた。

 京都市は、国や府が指定する伝統産業に加え、06年から「市の伝統産業」として74種を指定。菓子木型について、担当の市伝統産業課は「職人がいなくなっても指定を外す規定が定まっていない。現在も京菓子作りには男性が作った木型が使われている」と話す。市の指定制度が始まる以前は「京釣竿(つりざお)」のように作り手がいなくなった例がある一方、「京こま」のように一度途絶えた後で復活したケースもある。

 さらに、京都伝統産業ふれあい館(左京区)によると、「京足袋(たび)」など職人が1人しかいなくなった職種もある。就業者は多いものの、行程の一部で担い手が少ない分野もあり、生産活動への影響が懸念されている。同館は「京都の文化を支えているのが伝統産業。技術が途絶えることは文化の衰退につながりかねない。市民や観光客に関心を持ってもらえるよう、さらに情報発信したい」と話している。

【 2016年06月25日 21時40分 】

ニュース写真

  • 京菓子作りを支える菓子木型。この木型を作った男性が亡くなり、継承が途絶えている(京都市左京区・京都伝統産業ふれあい館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      最南端スキー場、存続へ
      宮崎、入場者最低でも経営改善

      20170329000074

       宮崎県五ケ瀬町は29日、入場者の減少を理由に閉鎖を検討していた日本最南端のスキー場「五..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカーW杯、ブラジルが出場権
      南米予選、世界最速で突破

      20170329000032

       サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会南米予選は28日、各地で行われ、首位のブラジ..... [ 記事へ ]

      経済

      東証もみ合い、終値は14円高
      1万9217円

      20170329000077

       29日の東京株式市場は利益確定の売りと円高一服を好感した買いが交錯し、日経平均株価(2..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「あられグラノーラ」高校生が商品化 京都、牛乳かけて食べて

      20170327000048

       京都すばる高(京都市伏見区)の3年生たちが、京都産の黒米やドライフルーツを使って、あら..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      叡電に環境ラッピング列車 京都

      20170329000054

       米国で地球温暖化対策の規制を見直す方針が示され、パリ協定の行く末が懸念される中、地球温..... [ 記事へ ]

      国際

      トランプ氏、支持率36%
      就任後最低、法案撤回響く

      20170329000063

       【ワシントン共同】トランプ米大統領の支持率が就任後最低の36%に落ち込んだとする最新世..... [ 記事へ ]