出版案内
福祉事業団

鮮やかに山飾る「宵掛け」修復 祇園祭・役行者山

修復した「宵掛け」の懸装品がかけられた役行者山。雲龍の図柄の見送。今年は山鉾町最古の角金具も取り付けた(京都市中京区)
修復した「宵掛け」の懸装品がかけられた役行者山。雲龍の図柄の見送。今年は山鉾町最古の角金具も取り付けた(京都市中京区)

 祇園祭の役行者(えんのぎょうじゃ)山保存会(京都市中京区室町通姉小路通下ル)が、山を飾る「宵掛け」と呼ばれる懸装(けそう)品を修復した。21日の宵々々山から23日の宵山までの3日間、会所前の山で見られる。

 期間中、懸装品を付けない山もある中で、役行者山は、巡行では使わない、専用の懸装品がある。今回修復したのは、前掛と東西の胴掛、後掛、見送、水引。

 前掛には、赤色の緋羅紗(ひらしゃ)地に宝珠や波濤(はとう)紋の刺繍(ししゅう)を施してある。両面の胴掛にも、それぞれ雲龍などを刺繍し、両面の龍が、前掛の玉のような宝珠に向かう図柄になっている。見送は雲龍の図柄の綴織(つづれおり)。

 保存会によると、これらの宵掛けの懸装品は「ぼろぼろ」の状態で、刺繍がほどけて糸が垂れていた状態だったという。そこで、昨年の祭りが終わってから修理に取りかかり、刺繍をほどいてとじ直す、細かな作業で修復した。袈裟(けさ)や刺繍修理の和光舎(伏見区)が修復に当たった。保存会の林寿一理事長(63)は「3日間は、宵掛けの懸装品を山に使い、巡行で使用するものは会所に飾る。両方を見てもらいたい」と話す。

 期間中は、現存する山鉾の飾り金具で最古という、18世紀前半までに作られた欄縁角金具(らんぶちすみかなぐ)も取り付ける。

【 2016年07月21日 09時51分 】

ニュース写真

  • 修復した「宵掛け」の懸装品がかけられた役行者山。雲龍の図柄の見送。今年は山鉾町最古の角金具も取り付けた(京都市中京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      京都府警本部に文化庁 流動的要素多く、先行き不安の声も

      20170725000181

       文化庁の京都移転について政府と京都府、京都市は25日に東京都内で開いた移転協議会で、府..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      京都成章、19年ぶり夏の甲子園 高校野球京都大会

      20170725000159

       第99回全国高校野球選手権京都大会最終日は25日、京都市右京区のわかさスタジアム京都で..... [ 記事へ ]

      経済

      富裕層専用ラウンジ新設 グランドプリンスホテル京都

      20170725000153

       大規模なリニューアルを進めているグランドプリンスホテル京都(京都市左京区)は25日、改..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      琵琶湖の空に「鳥人間」の夢 コンテストへ京都・滋賀の学生

      20170725000085

       滋賀県彦根市の琵琶湖岸で今月末に開かれる人力飛行機の大会「第40回鳥人間コンテスト」に..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海外原発事故の検知体制強化へ
      規制委、長崎や沖縄に装置

      20170723000106

       原子力規制委員会が、韓国や台湾など、海外の原発で事故が起きた際の放射線拡散情報の検知体..... [ 記事へ ]

      国際

      北朝鮮、潜水艦で日米韓けん制か
      ミサイル警戒の艦船など

      20170725000104

       【ソウル共同】北朝鮮が弾道ミサイル発射実験の動きを見せているのを受け、日米韓の防衛当局..... [ 記事へ ]