出版案内
福祉事業団

鮮やかに山飾る「宵掛け」修復 祇園祭・役行者山

修復した「宵掛け」の懸装品がかけられた役行者山。雲龍の図柄の見送。今年は山鉾町最古の角金具も取り付けた(京都市中京区)
修復した「宵掛け」の懸装品がかけられた役行者山。雲龍の図柄の見送。今年は山鉾町最古の角金具も取り付けた(京都市中京区)

 祇園祭の役行者(えんのぎょうじゃ)山保存会(京都市中京区室町通姉小路通下ル)が、山を飾る「宵掛け」と呼ばれる懸装(けそう)品を修復した。21日の宵々々山から23日の宵山までの3日間、会所前の山で見られる。

 期間中、懸装品を付けない山もある中で、役行者山は、巡行では使わない、専用の懸装品がある。今回修復したのは、前掛と東西の胴掛、後掛、見送、水引。

 前掛には、赤色の緋羅紗(ひらしゃ)地に宝珠や波濤(はとう)紋の刺繍(ししゅう)を施してある。両面の胴掛にも、それぞれ雲龍などを刺繍し、両面の龍が、前掛の玉のような宝珠に向かう図柄になっている。見送は雲龍の図柄の綴織(つづれおり)。

 保存会によると、これらの宵掛けの懸装品は「ぼろぼろ」の状態で、刺繍がほどけて糸が垂れていた状態だったという。そこで、昨年の祭りが終わってから修理に取りかかり、刺繍をほどいてとじ直す、細かな作業で修復した。袈裟(けさ)や刺繍修理の和光舎(伏見区)が修復に当たった。保存会の林寿一理事長(63)は「3日間は、宵掛けの懸装品を山に使い、巡行で使用するものは会所に飾る。両方を見てもらいたい」と話す。

 期間中は、現存する山鉾の飾り金具で最古という、18世紀前半までに作られた欄縁角金具(らんぶちすみかなぐ)も取り付ける。

【 2016年07月21日 09時51分 】

ニュース写真

  • 修復した「宵掛け」の懸装品がかけられた役行者山。雲龍の図柄の見送。今年は山鉾町最古の角金具も取り付けた(京都市中京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      口からビー玉、入院患者への虐待疑い謝罪 京都・舞鶴市民病院

      20170328000028

       舞鶴市立舞鶴市民病院(京都府舞鶴市倉谷)は27日、60代の男性入院患者2人について、体..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス、尾崎は世界1位に完敗
      マイアミ・オープン4回戦

      20170328000017

       【マイアミ共同】テニスのマイアミ・オープンは27日、米マイアミで女子シングルス4回戦が..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株8日続落、45ドル安
      政策懸念、5年8カ月ぶり

      20170328000006

       【ニューヨーク共同】週明け27日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、トラン..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「あられグラノーラ」高校生が商品化 京都、牛乳かけて食べて

      20170327000048

       京都すばる高(京都市伏見区)の3年生たちが、京都産の黒米やドライフルーツを使って、あら..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      神経難病、サルで再現
      治療、病態解明の手掛かり

      20170328000008

       遺伝子の改変によって神経難病である脊髄小脳変性症の症状があるマーモセット(小型のサル)..... [ 記事へ ]

      国際

      京都市・レジリエント統括監に、藤田副市長任命へ

      20170328000025

       京都市は、災害やテロが起きても早期に復旧できる都市を目指すため、米財団のプロジェクトに..... [ 記事へ ]