出版案内
福祉事業団

鮮やかに山飾る「宵掛け」修復 祇園祭・役行者山

修復した「宵掛け」の懸装品がかけられた役行者山。雲龍の図柄の見送。今年は山鉾町最古の角金具も取り付けた(京都市中京区)
修復した「宵掛け」の懸装品がかけられた役行者山。雲龍の図柄の見送。今年は山鉾町最古の角金具も取り付けた(京都市中京区)

 祇園祭の役行者(えんのぎょうじゃ)山保存会(京都市中京区室町通姉小路通下ル)が、山を飾る「宵掛け」と呼ばれる懸装(けそう)品を修復した。21日の宵々々山から23日の宵山までの3日間、会所前の山で見られる。

 期間中、懸装品を付けない山もある中で、役行者山は、巡行では使わない、専用の懸装品がある。今回修復したのは、前掛と東西の胴掛、後掛、見送、水引。

 前掛には、赤色の緋羅紗(ひらしゃ)地に宝珠や波濤(はとう)紋の刺繍(ししゅう)を施してある。両面の胴掛にも、それぞれ雲龍などを刺繍し、両面の龍が、前掛の玉のような宝珠に向かう図柄になっている。見送は雲龍の図柄の綴織(つづれおり)。

 保存会によると、これらの宵掛けの懸装品は「ぼろぼろ」の状態で、刺繍がほどけて糸が垂れていた状態だったという。そこで、昨年の祭りが終わってから修理に取りかかり、刺繍をほどいてとじ直す、細かな作業で修復した。袈裟(けさ)や刺繍修理の和光舎(伏見区)が修復に当たった。保存会の林寿一理事長(63)は「3日間は、宵掛けの懸装品を山に使い、巡行で使用するものは会所に飾る。両方を見てもらいたい」と話す。

 期間中は、現存する山鉾の飾り金具で最古という、18世紀前半までに作られた欄縁角金具(らんぶちすみかなぐ)も取り付ける。

【 2016年07月21日 09時51分 】

ニュース写真

  • 修復した「宵掛け」の懸装品がかけられた役行者山。雲龍の図柄の見送。今年は山鉾町最古の角金具も取り付けた(京都市中京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      レトロに別れ、新ビルに 滋賀「守山銀座ビル」再開発で解体

      20171122000081

       老朽化で建て替えられることになったJR守山駅前の「守山銀座ビル」(滋賀県守山市守山1丁..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ロッテ、京大出身の田中英が引退
      大手商社へ就職

      20171122000052

       2015年にドラフト2位で入団して京大出身初のプロ野球選手となったロッテの田中英祐投手..... [ 記事へ ]

      経済

      初乗り値下げで利用者増なるか 京都府タクシー協会が懇談会

      20171122000022

       京都市域のタクシー運賃改定に向け、京都府タクシー協会は21日、消費者や労働者の代表らと..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      デジタル断食で健康増進を 京大、朝原さんらパネル討論

      20171120000143

       学生や教職員の健康増進を目指した京都大のヘルシーキャンパス運動の開始記念フォーラムが2..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPSでアルツハイマー予防薬 京大、組み合わせ候補発見

      20171122000013

       アルツハイマー病の原因物質の生産を抑制する既存薬の組み合わせを、京都大iPS細胞研究所..... [ 記事へ ]

      国際

      トランプ氏、七面鳥に恩赦
      オバマ氏の決定「覆さず」

      20171122000019

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は21日、米国の家庭で伝統的に七面鳥料理が振る舞われ..... [ 記事へ ]