出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

鮮やかに山飾る「宵掛け」修復 祇園祭・役行者山

修復した「宵掛け」の懸装品がかけられた役行者山。雲龍の図柄の見送。今年は山鉾町最古の角金具も取り付けた(京都市中京区)
修復した「宵掛け」の懸装品がかけられた役行者山。雲龍の図柄の見送。今年は山鉾町最古の角金具も取り付けた(京都市中京区)

 祇園祭の役行者(えんのぎょうじゃ)山保存会(京都市中京区室町通姉小路通下ル)が、山を飾る「宵掛け」と呼ばれる懸装(けそう)品を修復した。21日の宵々々山から23日の宵山までの3日間、会所前の山で見られる。

 期間中、懸装品を付けない山もある中で、役行者山は、巡行では使わない、専用の懸装品がある。今回修復したのは、前掛と東西の胴掛、後掛、見送、水引。

 前掛には、赤色の緋羅紗(ひらしゃ)地に宝珠や波濤(はとう)紋の刺繍(ししゅう)を施してある。両面の胴掛にも、それぞれ雲龍などを刺繍し、両面の龍が、前掛の玉のような宝珠に向かう図柄になっている。見送は雲龍の図柄の綴織(つづれおり)。

 保存会によると、これらの宵掛けの懸装品は「ぼろぼろ」の状態で、刺繍がほどけて糸が垂れていた状態だったという。そこで、昨年の祭りが終わってから修理に取りかかり、刺繍をほどいてとじ直す、細かな作業で修復した。袈裟(けさ)や刺繍修理の和光舎(伏見区)が修復に当たった。保存会の林寿一理事長(63)は「3日間は、宵掛けの懸装品を山に使い、巡行で使用するものは会所に飾る。両方を見てもらいたい」と話す。

 期間中は、現存する山鉾の飾り金具で最古という、18世紀前半までに作られた欄縁角金具(らんぶちすみかなぐ)も取り付ける。

【 2016年07月21日 09時51分 】

ニュース写真

  • 修復した「宵掛け」の懸装品がかけられた役行者山。雲龍の図柄の見送。今年は山鉾町最古の角金具も取り付けた(京都市中京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      東名あおり事故遺族も追悼に参列 京都、登校事故現場に

      20180423000072

       23日に発生から6年を迎えた京都府亀岡市の集団登校事故現場では、2017年6月に神奈川..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      米女子ゴルフ、畑岡19位
      ヒューゲルJTBCオープン

      20180423000060

       【ロサンゼルス共同】米女子ゴルフのヒューゲルJTBCオープンは22日、米ロサンゼルスの..... [ 記事へ ]

      経済

      宇治茶の初市、最高値は1キロ15万円 京都、最多量出品

      20180423000030

       今年の宇治茶の初市が22日、京都府城陽市寺田のJA全農京都茶市場であった。府内の茶業者..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      幻の実験機器、島津製に続々帰還 学校統廃合や校舎改築で

      20180422000042

       明治時代初期に教育用の理化学器械の製造を始めた島津製作所。明治・大正時代の機器や標本が..... [ 記事へ ]

      国際

      韓国、北朝鮮向け宣伝放送を中断
      「軍事的緊張緩和」

      20180423000048

       【ソウル共同】韓国国防省は23日、韓国が軍事境界線付近で北朝鮮に向けて拡声器で流してき..... [ 記事へ ]