出版案内
福祉事業団

大船鉾龍頭150年ぶり復活 祇園祭・後祭の山鉾巡行

真新しい龍頭を取り付けて巡行する大船鉾(24日午前11時27分、京都市下京区四条河原町交差点)
真新しい龍頭を取り付けて巡行する大船鉾(24日午前11時27分、京都市下京区四条河原町交差点)

 復活して3年目を迎えた祇園祭・後祭(あとまつり)の山鉾巡行が京都市内で行われた24日、巡行の掉尾(とうび)を飾る大船鉾は新調した木彫の龍頭を取り付けて巡行に臨んだ。150年余りの時を超え、威厳ある龍の勇姿が都大路によみがえった。

 龍頭は高さ約2メートル、重さ約220キロ。米原市の彫刻師森哲荘さん(69)らがヒノキを主体に作り上げた。幕末に「禁門の変」の影響で焼失した大船鉾は、それまでの巡行では大金幣(きんぺい)と龍頭を1年交代で船首に設置していた。2年前に大船鉾が復活してからは焼け残った大金幣を使っており、龍頭を付けての巡行は少なくとも152年ぶりとなる。

 出発前に大船鉾の龍頭が新町通から御池通へ現れると、観衆から大きなどよめきが起こった。見せ場の「辻(つじ)回し」では、にらみをきかせた龍の船首が少しずつ向きを変え、沿道の歓声を誘った。四条河原町で迫力ある姿を見た兵庫県丹波市の依藤寿音さん(12)は「すごくきれいで、すごい作りです。重い鉾をよく動かせるなと思いました」。

 巡行を終えた四条町大船鉾保存会の林邦彦理事長(64)は「昔の方々が出していた龍頭を、復活から3年目にして私たちでまた出せたことはうれしい限り。みなさんの協力あってのこと。感動しました」と話した。

【 2016年07月24日 22時10分 】

ニュース写真

  • 真新しい龍頭を取り付けて巡行する大船鉾(24日午前11時27分、京都市下京区四条河原町交差点)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      大久保氏再選、新人2人を破る 滋賀・彦根市長選

      20170423000126

       任期満了に伴う滋賀県彦根市長選は23日、投開票され、無所属現職の大久保貴氏(53)が、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ダルビッシュは2勝目
      ロイヤルズ戦

      20170424000009

       ▽レンジャーズ―ロイヤルズ(23日・アーリントン) レンジャーズのダルビッシュは先発で8..... [ 記事へ ]

      経済

      「生活に最低限の所得給付を」 京都でスイスの活動家らシンポ

      20170423000099

       暮らしに必要な所得を全員一律に支給する「ベーシックインカム(BI)」について、スイスで..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生アート、作者と会話楽しんで 京都のギャラリーで展示販売

      20170422000121

       芸術系の学生らの作品を見学、購入できる「クリエイターズマルシェ」が22日、京都市中京区..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      クニマス産卵の撮影成功、山梨
      生態解明へ一歩前進

      20170424000007

       秋田県・田沢湖の固有種で、富士五湖の西湖(山梨県富士河口湖町)で約70年ぶりに発見され..... [ 記事へ ]

      国際

      北朝鮮問題などで舌戦、韓国
      大統領選向け第1回討論会

      20170423000118

       【ソウル共同】韓国大統領選に向けた中央選挙管理委員会主催の第1回テレビ討論会が23日、..... [ 記事へ ]