出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

大船鉾龍頭150年ぶり復活 祇園祭・後祭の山鉾巡行

真新しい龍頭を取り付けて巡行する大船鉾(24日午前11時27分、京都市下京区四条河原町交差点)
真新しい龍頭を取り付けて巡行する大船鉾(24日午前11時27分、京都市下京区四条河原町交差点)

 復活して3年目を迎えた祇園祭・後祭(あとまつり)の山鉾巡行が京都市内で行われた24日、巡行の掉尾(とうび)を飾る大船鉾は新調した木彫の龍頭を取り付けて巡行に臨んだ。150年余りの時を超え、威厳ある龍の勇姿が都大路によみがえった。

 龍頭は高さ約2メートル、重さ約220キロ。米原市の彫刻師森哲荘さん(69)らがヒノキを主体に作り上げた。幕末に「禁門の変」の影響で焼失した大船鉾は、それまでの巡行では大金幣(きんぺい)と龍頭を1年交代で船首に設置していた。2年前に大船鉾が復活してからは焼け残った大金幣を使っており、龍頭を付けての巡行は少なくとも152年ぶりとなる。

 出発前に大船鉾の龍頭が新町通から御池通へ現れると、観衆から大きなどよめきが起こった。見せ場の「辻(つじ)回し」では、にらみをきかせた龍の船首が少しずつ向きを変え、沿道の歓声を誘った。四条河原町で迫力ある姿を見た兵庫県丹波市の依藤寿音さん(12)は「すごくきれいで、すごい作りです。重い鉾をよく動かせるなと思いました」。

 巡行を終えた四条町大船鉾保存会の林邦彦理事長(64)は「昔の方々が出していた龍頭を、復活から3年目にして私たちでまた出せたことはうれしい限り。みなさんの協力あってのこと。感動しました」と話した。

【 2016年07月24日 22時10分 】

ニュース写真

  • 真新しい龍頭を取り付けて巡行する大船鉾(24日午前11時27分、京都市下京区四条河原町交差点)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      豪雨と地震、被災住宅支援に違い 京都府内、法適用の有無で

      20180716000057

       6月18日の大阪府北部地震と7月上旬の西日本豪雨は、京都府内で計5千棟を超える住宅に被..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      J1鳥栖入りFトレスに地元歓声
      ユニホーム姿を披露

      20180716000076

       J1鳥栖入りした元スペイン代表FWフェルナンドトレスが16日、佐賀市内で開催された歓迎..... [ 記事へ ]

      経済

      日本の工芸品、京都三条にショールーム 職人.com

      20180716000078

       日本の工芸品を扱うオンラインストア「職人.com」(京都市上京区)は、中京区のSACR..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生と企業、料理で交流深める 京都・宇治の大学で催し

      20180715000045

       京都文教大(京都府宇治市槙島町)は14日、インターンシップをする学生と受け入れ経験のあ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      カワウソ密輸、日本向けが最多
      東南アジアで摘発、32匹保護

      20180716000067

       ワシントン条約で国際取引が規制されているカワウソを東南アジアから密輸しようとして摘発さ..... [ 記事へ ]

      国際

      ラグビー日本代表マフィ選手保釈
      同僚に暴行容疑、来月に尋問

      20180716000049

       【シドニー共同】遠征先のニュージーランドで同僚選手に暴行した疑いで拘束されたスーパーラ..... [ 記事へ ]