出版案内
福祉事業団

大船鉾龍頭150年ぶり復活 祇園祭・後祭の山鉾巡行

真新しい龍頭を取り付けて巡行する大船鉾(24日午前11時27分、京都市下京区四条河原町交差点)
真新しい龍頭を取り付けて巡行する大船鉾(24日午前11時27分、京都市下京区四条河原町交差点)

 復活して3年目を迎えた祇園祭・後祭(あとまつり)の山鉾巡行が京都市内で行われた24日、巡行の掉尾(とうび)を飾る大船鉾は新調した木彫の龍頭を取り付けて巡行に臨んだ。150年余りの時を超え、威厳ある龍の勇姿が都大路によみがえった。

 龍頭は高さ約2メートル、重さ約220キロ。米原市の彫刻師森哲荘さん(69)らがヒノキを主体に作り上げた。幕末に「禁門の変」の影響で焼失した大船鉾は、それまでの巡行では大金幣(きんぺい)と龍頭を1年交代で船首に設置していた。2年前に大船鉾が復活してからは焼け残った大金幣を使っており、龍頭を付けての巡行は少なくとも152年ぶりとなる。

 出発前に大船鉾の龍頭が新町通から御池通へ現れると、観衆から大きなどよめきが起こった。見せ場の「辻(つじ)回し」では、にらみをきかせた龍の船首が少しずつ向きを変え、沿道の歓声を誘った。四条河原町で迫力ある姿を見た兵庫県丹波市の依藤寿音さん(12)は「すごくきれいで、すごい作りです。重い鉾をよく動かせるなと思いました」。

 巡行を終えた四条町大船鉾保存会の林邦彦理事長(64)は「昔の方々が出していた龍頭を、復活から3年目にして私たちでまた出せたことはうれしい限り。みなさんの協力あってのこと。感動しました」と話した。

【 2016年07月24日 22時10分 】

ニュース写真

  • 真新しい龍頭を取り付けて巡行する大船鉾(24日午前11時27分、京都市下京区四条河原町交差点)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      口からビー玉、入院患者への虐待疑い謝罪 京都・舞鶴市民病院

      20170328000028

       舞鶴市立舞鶴市民病院(京都府舞鶴市倉谷)は27日、60代の男性入院患者2人について、体..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス、尾崎は世界1位に完敗
      マイアミ・オープン4回戦

      20170328000017

       【マイアミ共同】テニスのマイアミ・オープンは27日、米マイアミで女子シングルス4回戦が..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株8日続落、45ドル安
      政策懸念、5年8カ月ぶり

      20170328000006

       【ニューヨーク共同】週明け27日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、トラン..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「あられグラノーラ」高校生が商品化 京都、牛乳かけて食べて

      20170327000048

       京都すばる高(京都市伏見区)の3年生たちが、京都産の黒米やドライフルーツを使って、あら..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      神経難病、サルで再現
      治療、病態解明の手掛かり

      20170328000008

       遺伝子の改変によって神経難病である脊髄小脳変性症の症状があるマーモセット(小型のサル)..... [ 記事へ ]

      国際

      京都市・レジリエント統括監に、藤田副市長任命へ

      20170328000025

       京都市は、災害やテロが起きても早期に復旧できる都市を目指すため、米財団のプロジェクトに..... [ 記事へ ]