出版案内
福祉事業団

生まれた子が安心できる未来を 京都・出生祝いに無農薬野菜

新生児が生まれた家庭に贈られる「イチバンボシギフト」。農薬や化学肥料に頼らずに育てられた野菜などが入っている(京都市中京区)
新生児が生まれた家庭に贈られる「イチバンボシギフト」。農薬や化学肥料に頼らずに育てられた野菜などが入っている(京都市中京区)

 子どもが生まれた家庭に、農薬や化学肥料に頼らず育てられた野菜を贈る「イチバンボシギフト」が1日、京都市中京区で始まった。区役所や実行委員会は「取り組みを通じて、生まれた子どもが安心して暮らせる未来をみんなでつくりたい」としている。

 同ギフトは、一般社団法人オープン・ガーデン(下京区)などでつくる実行委員会と中京区役所、野菜を提供する野菜販売業「坂ノ途中」(南区)が連携して実施する。まちづくりに関わる市民らを後押しようと、同区役所が本年度から開始した新企画「中京クーチャーセンター」から生まれた。

 イチバンボシは「誕生したばかりの母子(ボシ)を歓迎したい」として名付けた。「愛のギフトボックス」と題し、季節の野菜6品ほどと野菜の説明書、栽培から家庭に届くまでを描いたオリジナル絵本を贈る。

 対象は、中京区在住で1日から来年3月末までに出生届を提出した家庭。区役所でもらうギフトチケットを使って、受け取ることができる。

 中京区では毎年約900人の新生児が生まれている。実行委の桜井肖典代表(39)は「将来の世代に豊かな自然環境や地域の未来を紡いでいくことが目的です」と話している。

【 2016年08月02日 15時00分 】

ニュース写真

  • 新生児が生まれた家庭に贈られる「イチバンボシギフト」。農薬や化学肥料に頼らずに育てられた野菜などが入っている(京都市中京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      首相、率先しプレ金
      国会論戦は小休止

      20170224000144

       安倍晋三首相は24日、月末の金曜日の仕事を早く終える「プレミアムフライデー(プレ金)」..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー追加は1会場のみ
      五輪組織委、カシマ軸

      20170225000006

       日本サッカー協会が2020年東京五輪の会場にカシマスタジアム(茨城県鹿嶋市)豊田スタジ..... [ 記事へ ]

      経済

      学生と企業、連携の成果発表 京都でグローカルフォーラム

      20170224000175

       地域で活躍する人材の育成をテーマにした「グローカル人材フォーラム」が24日、京都市下京..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      準備万端、25日から2次試験 京都・滋賀で1万5500人受験

      20170224000057

       国公立大の2次試験前期日程が25日、全国の大学で始まる。京都と滋賀では、京都大や滋賀大..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      佐賀・玄海町議会、再稼働に同意
      賛成多数、地元理解に前進

      20170224000064

       佐賀県玄海町議会は24日、原子力対策特別委員会を開き、町内に立地する九州電力玄海原発3..... [ 記事へ ]

      国際

      国境の壁、早期に建設と米大統領
      メディアは「国民の敵」

      20170225000003

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は24日、東部メリーランド州で保守系団体が開いた年次..... [ 記事へ ]