出版案内
福祉事業団

公式キャラ、京博の堅いイメージ払拭 「トラりん」人気ぐんぐん

種類が増えているトラりんのグッズ(京都市東山区・京都国立博物館)
種類が増えているトラりんのグッズ(京都市東山区・京都国立博物館)

 京都国立博物館(京都市東山区)の初の公式キャラクター「トラりん」の人気が高まり、グッズの種類が増殖中だ。ちょっぴり渋めのデザインが子どもだけでなく大人にも受け、今年はゆるキャラグランプリにも初参戦する。文化財保護活動にも取り組み、お堅いイメージの博物館で異彩を放つ親しみやすいキャラに育ちつつある。

■グッズの種類増殖中

 佐々木丞平館長が名付け親となったトラりんは、琳派400年を記念して昨年10月に誕生した。本名は「虎形琳ノ丞(こがたりんのじょう)」。尾形光琳の「竹虎図」がモチーフとなり、にらみをきかせた顔で愛嬌(あいきょう)たっぷりに描かれている。金、土、日曜や祝日に館内に現れるトラりんを目当てのファンもいて、ツイッターのフォロワーは4700人を超え、徐々に知名度がアップしてきた。

 デビュー時には人形やクリアファイル、バッジなどがあったグッズも次々と種類が増え、現在はマグカップ、トートバッグ、Tシャツなども加わり、全13種類になった。トラりんは文化財保護基金のPR大使見習いも担い、グッズの売り上げの一部は基金にあてられている。

 追い風に乗って、トラりんは今年の「ゆるキャラグランプリ」(投票は10月24日まで)と「ミュージアムキャラクターアワード」(投票期間9月14日まで)にもエントリーした。同博物館は「あまりゆるくはないキャラだが、ツイッターなどを通じて少しずつ知られてきた。トラりんを通じて博物館と文化財に親しみを持ってもらいたい」と期待する。

【 2016年08月03日 17時00分 】

ニュース写真

  • 種類が増えているトラりんのグッズ(京都市東山区・京都国立博物館)
  • 主に金、土、日曜、祝日に博物館内に登場するトラりん
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      浜岡原発再稼働「反対」
      静岡知事、初めて明言

      20170627000166

       静岡県の川勝平太知事は27日の記者会見で、中部電力が再稼働を目指す浜岡原発3、4号機(..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      柔道、ウルフが了徳寺学園へ
      今夏の世界選手権代表

      20170627000178

       柔道の世界選手権(8~9月・ブダペスト)男子100キロ級代表のウルフ・アロン(東海大)..... [ 記事へ ]

      経済

      夏バテ牛に「着る端末」開発
      グンゼ、体温下げ乳量増

      20170627000111

       グンゼは乳牛向けのウエアラブル端末を開発した。夏の暑さによるストレスで乳量が落ちるのを..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      不当要求に対する基本方針策定 京都府立医大で調査委会合

      20170626000131

       京都府立医科大付属病院の虚偽診断疑惑などを検証する府公立大学法人の調査委員会の第3回会..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      H2Aロケット胴体を公開
      日本版GPSの衛星搭載

      20170627000131

       三菱重工業は27日、H2Aロケット35号機の胴体部分を飛島工場(愛知県飛島村)で報道陣..... [ 記事へ ]

      国際

      中国を最低ランクに格下げ
      米、人身売買の報告書

      20170628000001

       【ワシントン共同】ティラーソン米国務長官は27日午前(日本時間同日夜)、世界各国の人身..... [ 記事へ ]