出版案内
福祉事業団

公式キャラ、京博の堅いイメージ払拭 「トラりん」人気ぐんぐん

種類が増えているトラりんのグッズ(京都市東山区・京都国立博物館)
種類が増えているトラりんのグッズ(京都市東山区・京都国立博物館)

 京都国立博物館(京都市東山区)の初の公式キャラクター「トラりん」の人気が高まり、グッズの種類が増殖中だ。ちょっぴり渋めのデザインが子どもだけでなく大人にも受け、今年はゆるキャラグランプリにも初参戦する。文化財保護活動にも取り組み、お堅いイメージの博物館で異彩を放つ親しみやすいキャラに育ちつつある。

■グッズの種類増殖中

 佐々木丞平館長が名付け親となったトラりんは、琳派400年を記念して昨年10月に誕生した。本名は「虎形琳ノ丞(こがたりんのじょう)」。尾形光琳の「竹虎図」がモチーフとなり、にらみをきかせた顔で愛嬌(あいきょう)たっぷりに描かれている。金、土、日曜や祝日に館内に現れるトラりんを目当てのファンもいて、ツイッターのフォロワーは4700人を超え、徐々に知名度がアップしてきた。

 デビュー時には人形やクリアファイル、バッジなどがあったグッズも次々と種類が増え、現在はマグカップ、トートバッグ、Tシャツなども加わり、全13種類になった。トラりんは文化財保護基金のPR大使見習いも担い、グッズの売り上げの一部は基金にあてられている。

 追い風に乗って、トラりんは今年の「ゆるキャラグランプリ」(投票は10月24日まで)と「ミュージアムキャラクターアワード」(投票期間9月14日まで)にもエントリーした。同博物館は「あまりゆるくはないキャラだが、ツイッターなどを通じて少しずつ知られてきた。トラりんを通じて博物館と文化財に親しみを持ってもらいたい」と期待する。

【 2016年08月03日 17時00分 】

ニュース写真

  • 種類が増えているトラりんのグッズ(京都市東山区・京都国立博物館)
  • 主に金、土、日曜、祝日に博物館内に登場するトラりん
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      液体被害防げ、清水寺など27社寺を点検 京都・東山署

      20170428000189

       世界遺産の下鴨神社(京都市左京区)など全国の寺社で油のような液体がまかれる被害が相次い..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      西2―2ロ(28日)
      救援陣踏ん張り引き分け

      20170428000184

       救援陣が踏ん張り、延長十二回で引き分けた。ロッテは0―1の六回に荻野の二塁打などで2点..... [ 記事へ ]

      経済

      村田製、純益1560億円 円高で減収減益に 

      20170428000167

       村田製作所が28日発表した2017年3月期連結決算(米国会計基準)は、純利益が前期比2..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      おなら、毛虫もするのかな… 子の素朴な疑問絵本に

      20170428000058

       毛虫もおならをするのだろうか? そんな素朴な問いが子どもたちの笑いにつながればと、建築..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      パリ協定への対処表明へ
      トランプ氏、脱退か否か

      20170428000091

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は27日、ロイター通信とのインタビューで、地球温暖化..... [ 記事へ ]

      国際

      ナチス「ガス室」発言で混乱
      仏極右、党首代行を交代

      20170428000166

       【パリ共同】フランスの極右、国民戦線(FN)幹部は28日、大統領選で決選投票に進み、党..... [ 記事へ ]