出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

鐘突いて、先祖の霊お迎え 京都で「六道まいり」

強い日差しが照りつける中、「迎え鐘」を鳴らす参拝者たち(7日午前8時、京都市東山区・六道珍皇寺)
強い日差しが照りつける中、「迎え鐘」を鳴らす参拝者たち(7日午前8時、京都市東山区・六道珍皇寺)

 お盆を前に先祖の霊を迎える伝統行事「六道まいり」が7日、京都市東山区松原通東大路西入ルの六道珍皇寺で始まった。大勢の参拝者が突く「迎え鐘」の音が境内に響き続けた。

 同寺は平安時代の葬送地だった鳥辺野付近にあり、冥界の入り口にあたる「六道の辻」とされる。霊がここを通って戻ってくると信じられてきたため精霊迎えの行事として行われてきた。

 この日は早朝から鐘をつく長い列ができた。参拝者は鐘をつき、故人の名を記した水塔婆をお地蔵さんに供え、精霊が宿るとされるコウヤマキを持ち帰った。

 3年前に夫を亡くした伏見区の舩越幸子さん(85)は参拝して「孫やひ孫が交通事故に遭わないようにと旦那にあいさつしました」と話していた。10日まで。六道まいりに合わせ、重要文化財の「薬師如来座像」や閻魔(えんま)大王像、小野篁像、十一面観音像などを一般公開している。

【 2016年08月07日 23時16分 】

ニュース写真

  • 強い日差しが照りつける中、「迎え鐘」を鳴らす参拝者たち(7日午前8時、京都市東山区・六道珍皇寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      サンガ選手が豪雨義援金募る 清水や闘莉王ら参加

      20180716000159

       サッカーJ2京都サンガの選手たちが、西京極陸上競技場の周辺で西日本豪雨の義援金を募った..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      主将山県、旗手は上野有力
      アジア大会の日本選手団

      20180717000003

       8月18日開幕のジャカルタ・アジア大会に出場する日本選手団の主将に陸上男子短距離の山県..... [ 記事へ ]

      経済

      MRJが英でデモ飛行
      世界最大級の航空見本市開幕

      20180716000100

       【ファンボロー(英南部)共同】世界最大級の航空見本市「ファンボロー国際航空ショー」が1..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生と企業、料理で交流深める 京都・宇治の大学で催し

      20180715000045

       京都文教大(京都府宇治市槙島町)は14日、インターンシップをする学生と受け入れ経験のあ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      カワウソ密輸、日本向けが最多
      東南アジアで摘発、32匹保護

      20180716000067

       ワシントン条約で国際取引が規制されているカワウソを東南アジアから密輸しようとして摘発さ..... [ 記事へ ]

      国際

      ルイ王子洗礼時の写真公開
      英王室、家族で記念撮影

      20180716000137

       【ロンドン共同】英王室は16日までに、ウィリアム王子夫妻の次男ルイ王子の洗礼式の際に撮..... [ 記事へ ]