出版案内
福祉事業団

鐘突いて、先祖の霊お迎え 京都で「六道まいり」

強い日差しが照りつける中、「迎え鐘」を鳴らす参拝者たち(7日午前8時、京都市東山区・六道珍皇寺)
強い日差しが照りつける中、「迎え鐘」を鳴らす参拝者たち(7日午前8時、京都市東山区・六道珍皇寺)

 お盆を前に先祖の霊を迎える伝統行事「六道まいり」が7日、京都市東山区松原通東大路西入ルの六道珍皇寺で始まった。大勢の参拝者が突く「迎え鐘」の音が境内に響き続けた。

 同寺は平安時代の葬送地だった鳥辺野付近にあり、冥界の入り口にあたる「六道の辻」とされる。霊がここを通って戻ってくると信じられてきたため精霊迎えの行事として行われてきた。

 この日は早朝から鐘をつく長い列ができた。参拝者は鐘をつき、故人の名を記した水塔婆をお地蔵さんに供え、精霊が宿るとされるコウヤマキを持ち帰った。

 3年前に夫を亡くした伏見区の舩越幸子さん(85)は参拝して「孫やひ孫が交通事故に遭わないようにと旦那にあいさつしました」と話していた。10日まで。六道まいりに合わせ、重要文化財の「薬師如来座像」や閻魔(えんま)大王像、小野篁像、十一面観音像などを一般公開している。

【 2016年08月07日 23時16分 】

ニュース写真

  • 強い日差しが照りつける中、「迎え鐘」を鳴らす参拝者たち(7日午前8時、京都市東山区・六道珍皇寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      皇太子夫妻が育樹祭出席
      香川・まんのう町

      20171119000124

       香川県を訪問中の皇太子ご夫妻は19日、同県まんのう町の県満濃池森林公園を訪れ、第41回..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ボッチャ、日本がタイを破る
      ジャパンパラ大会最終日

      20171119000120

       ボッチャのジャパンパラ大会最終日は19日、東京・武蔵野総合体育館で行われ、昨年のリオデ..... [ 記事へ ]

      経済

      性的少数者の虹色、伝統工芸に 京都で動き広がる

      20171119000048

       京都の伝統工芸の職人の間で、LGBT(性的少数者)の尊厳を象徴するレインボーフラッグを..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      福知山マラソンの魅力満載、学生が冊子作製 ランナーに配布

      20171119000113

       福知山公立大(京都府福知山市堀)の学生たちが、23日に開催される福知山マラソンの魅力を..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      森林整備や省エネPR 京都・長岡京で環境フェア

      20171119000028

       京都府長岡京市内で展開している環境活動をPRする「環境フェア」が18日、同市天神4丁目..... [ 記事へ ]

      国際

      聖書博物館がワシントンで開館
      トランプ政権下の展示注目

      20171119000008

       【ワシントン共同】聖書の歴史や聖書が米国社会に与えた影響を振り返る「聖書博物館」が18..... [ 記事へ ]