出版案内
福祉事業団

斬新さ際立つ「青山」、重文指定特別展 京都・樂美術館

重要文化財に指定された黒樂茶碗「青山」(手前)と赤樂茶碗「鵺」が並ぶ「樂道入展」=京都市上京区・樂美術館
重要文化財に指定された黒樂茶碗「青山」(手前)と赤樂茶碗「鵺」が並ぶ「樂道入展」=京都市上京区・樂美術館

 樂道入作の黒樂茶碗「青山」が国の重要文化財に指定されたことを記念した秋期特別展「三代樂道入・ノンカウ展」が10日、京都市上京区の樂美術館で始まった。赤と黒の樂茶碗を中心に、香合や置(おき)灯籠など、時代を追い続けた道入作品約50点が一堂に並んでいる。

 道入(1599~1656年)は二代常慶の長男として生まれ、ノンカウの愛称で親しまれてきた。侘(わ)びを極めた初代長次郎以来の伝統に軸足を置きながら、本阿弥光悦らとの交流で大ぶりで薄造りの開放的な茶碗を作陶、創造性豊かなモダンな作品を残した。

 今年新たに重文に指定された黒樂茶碗「青山」は、艶やかな黒釉(ゆう)に萌黄(もえぎ)色の鮮やかな抽象紋が斬新さを際立たせる。同展では、先に重文指定されている赤樂茶碗「鵺(ぬえ)」も出展、幕釉(まくぐすり)が特徴的な黒樂茶碗「烏帽子(えぼし)」や蛇蝎釉(じゃかつゆう)がむらむらと現れた黒樂茶碗「荒磯」なども並んでいる。

 訪れた人は、工夫を重ね続けた道入の足跡をたどるように、味わい深い茶碗に見入っていた。11月27日まで、一部展示替えあり。月曜休館(祝日は開館)、有料。

【 2016年09月10日 22時20分 】

ニュース写真

  • 重要文化財に指定された黒樂茶碗「青山」(手前)と赤樂茶碗「鵺」が並ぶ「樂道入展」=京都市上京区・樂美術館
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      渡辺氏、都議選で小池氏勢力応援
      新党設立は否定

      20170623000113

       日本維新の会に離党届を提出し、除名された渡辺喜美参院議員は23日、国会内で記者会見し、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サニブラウン2度の10秒06
      ケンブリッジ、桐生らも決勝進

      20170623000105

       陸上の世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権第1日は23日、大阪市のヤンマースタジアム..... [ 記事へ ]

      経済

      三菱自動車、益子氏が社長退任
      CEOは続投

      20170623000096

       三菱自動車は23日、益子修社長(68)が社長職を退任し、最高経営責任者(CEO)の専任..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      商店街にまちかどキャンパス 福知山公立大、空き店舗活用

      20170623000069

       京都府福知山市はこのほど、福知山公立大の講義や市民講座を行う「まちかどキャンパス」を、..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      民間開発衛星を初めて打ち上げ
      キヤノン電子、インドで

      20170623000143

       電気機械器具メーカーのキヤノン電子(埼玉県秩父市)は23日、地上にある1メートルの大き..... [ 記事へ ]

      国際

      万景峰、赤字続きの運航
      ロ朝航路開設1カ月

      20170623000087

       【ウラジオストク共同】ロシアと北朝鮮を結ぶ初の定期船航路として5月中旬に開設された貨客..... [ 記事へ ]