出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

修験と貴族の文化、体感 京都・聖護院、特別公開

1676年に御所から移築された建造物を利用している重要文化財の書院内部(京都市左京区・聖護院)
1676年に御所から移築された建造物を利用している重要文化財の書院内部(京都市左京区・聖護院)

 京都市左京区の本山修験宗総本山・聖護院が、境内の特別公開を実施している。通常は事前予約が必要だが、12月18日まで予約なしに拝観できる。江戸時代前期の狩野派の絵師による、金碧の障壁画130面や重要文化財の不動明王像など、修験と貴族の文化を味わえるという。

 公開される主な建造物は、大玄関と宸(しん)殿、本堂、書院。狩野派の絵師による障壁画は、これらの建物の襖(ふすま)として使われている。

 宸殿は、天明の大火で御所が焼失した数年間、光格天皇が仮の御所とした建物。普段は法要を営む「三十畳の間」には、宗祖の役行者の木像を中心に不動明王や蔵王権現の木像が安置されている。また上段の間は光格天皇の執務室だった場所で、宮門跡の対面所として使われた。

 1968年再建の本堂には重文の本尊・不動明王像があり、重文の書院は後水尾天皇が女院のために建てた御殿を移築したとされ、修験の装束も展示される。

 特別公開は午前9時半~午後4時(受け付け終了)。大人800円、中高生500円。公開休止日は10月13~16日、11月5日、同28日、同29日。

【 2016年09月16日 12時10分 】

ニュース写真

  • 1676年に御所から移築された建造物を利用している重要文化財の書院内部(京都市左京区・聖護院)
  • 宸殿に安置されている役行者像。間近に拝観することができる(京都市左京区・聖護院)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      京大立て看撤去「表現の自由脅かす」 出身弁護士連名で声明

      20180522000161

       京都市の屋外広告物条例に違反するとして、京都大が吉田キャンパス(左京区)の周辺で立て看..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日本、意図的な指示また否定
      「言葉足らずだった」

      20180522000202

       日本大広報部は22日、アメリカンフットボール部の宮川泰介選手が記者会見を行ったことを受..... [ 記事へ ]

      経済

      4K録画テレビ、18年秋に発売 三菱電機、京都で開発

      20180522000167

       三菱電機は22日、今年12月に高精細映像の4K・8Kの衛星放送が始まるのに合わせ、今秋..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京都・宮津沿岸にミナミハンドウイルカ 海洋高生ら調査奮闘

      20180522000204

       京都府宮津市上司の海洋高の生徒たちが、先月から宮津市の沿岸に出現しているミナミハンドウ..... [ 記事へ ]

      国際

      タイ、軍事政権に抗議デモ断念
      リーダーら投降、拘束も

      20180522000158

       【バンコク共同】タイの軍事政権に抗議して首都バンコクでデモ行進を始めた市民グループのリ..... [ 記事へ ]