出版案内
福祉事業団

それぞれの一碗、想い寄せ 京都、文化人65人の茶碗展

逸話をまとった茶碗が並ぶ「私の一碗」展(京都市上京区・茶道資料館)
逸話をまとった茶碗が並ぶ「私の一碗」展(京都市上京区・茶道資料館)

 京都ゆかりの文化人らの愛蔵品を集めた秋季特別展「私の一碗―六十五碗 それぞれの想い―」(京都新聞共催)が22日、京都市上京区の茶道資料館で始まった。逸話をまとう、かけがえのない茶碗が並ぶ。

 学芸員が作品を選定する通常の展覧会とは一味違った新たな出合いの機会にと企画した。伝来の名品から日常使いのいとおしい品まで、65人が思いを込めて選んだ。

 千家十職の釜師十六代大西清右衛門さんは、十一代浄寿が今日庵に招かれた折、酒席から持ち帰った裏千家十一代玄々斎作の赤茶碗「夕月」を出展。当時の交流の深さをしのばせる。小林逸翁のコレクションを所蔵する逸翁美術館(大阪府池田市)は、大きく割れた宗赤絵の茶碗の一部に別の一碗を継いだ五彩蓮華(れんげ)文呼継(よびつぎ)茶碗を出した。継ぎの出来栄えを徳川三代将軍になぞらえ「家光」としたといい、逸翁の審美眼が光る。

 瓢亭の高橋英一さんは毎日の楽しみに使う唐津写茶碗「村雨」と、幼いころ料理の最後に母と茶を点(た)てていた思い出を紹介している。訪れた人たちは、茶碗に添えられた紹介文も読み進め、それぞれの物語を楽しんでいた。12月11日まで、一部展示替えあり。有料。

【 2016年09月22日 23時08分 】

ニュース写真

  • 逸話をまとった茶碗が並ぶ「私の一碗」展(京都市上京区・茶道資料館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      「アス飯、一人でも多くの方に」 レシピ本出版で山瀬理恵子さん

      20170823000059

       京都新聞朝刊で2014年4月から3年間、アスリート向けのレシピとコラムからなる「アス飯..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      U―18日本代表主将に清宮
      「2年前思い出して」と意気込み

      20170823000107

       野球のU―18(18歳以下)ワールドカップ(9月1日開幕・サンダーベイ=カナダ)に出場..... [ 記事へ ]

      経済

      東証6日ぶり反発、米株高を好感
      1万9500円回復の場面も

      20170823000095

       23日の東京株式市場は前日の米株高を好感して日経平均株価(225種)が6営業日ぶりに反..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      違法薬物、刑事が危険性訴え 京都の小学校で講演

      20170823000036

       違法薬物の危険性について理解を深める教諭対象の研修会が22日、京都市右京区の嵯峨小で開..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      脳科学で子どもの能力開発 京都で産学公プロジェクト

      20170822000199

       京都府が、企業や研究機関、NPO法人と連携し、脳科学などの最先端技術を活用して子どもの..... [ 記事へ ]

      国際

      米大統領、国境の壁「絶対必要」
      差別発言でメディア批判

      20170823000083

       【フェニックス共同】トランプ米大統領は22日、メキシコと国境を接する西部アリゾナ州フェ..... [ 記事へ ]