出版案内
福祉事業団

漫画文化、2人の役割迫る 京都で「小寺鳩甫と酒井七馬」展

小寺鳩甫が主筆時代の雑誌「大阪パック」の表紙などが展示されている会場(京都市中京区・京都国際マンガミュージアム)
小寺鳩甫が主筆時代の雑誌「大阪パック」の表紙などが展示されている会場(京都市中京区・京都国際マンガミュージアム)

 戦前戦後に関西の漫画界で活躍した師弟に焦点を当てた「小寺鳩甫(きゅうほ)と酒井七馬(しちま)-『大阪パック』から『新寶島(たからじま)』まで」が、京都市中京区の京都国際マンガミュージアムで開催されている。東京を中心に語られることの多い漫画文化の中で、2人が果たした役割に迫っている。

 小寺鳩甫(1889~1962年)は、40年以上にわたって続いた時事漫画誌「大阪パック」の主筆として活躍した。酒井七馬(1905~69年)は同誌の編集部に入って鳩甫に師事し、後に手塚治虫の「新寶島」の原作と構成を担当したことで知られる。

 鳩甫関連では、昨年に兵庫県伊丹市の自宅から見つかった漫画のスクラップなどの資料が展示されている。他には主筆時代(大正、昭和初期)の大阪パックの表紙や戦後に民主主義の啓発目的で描いたポスターが並ぶ。七馬については、戦時中に軍需工場などを慰問した際の資料をはじめ、七馬が中心となって発行し、手塚らが参加した雑誌、手掛けた紙芝居がある。

 同ミュージアムの伊藤遊研究員は「2人は漫画家としてだけではなく、編集者としての能力もあった。あまり知られていないが、漫画の礎を築いた人物だといえる」と話す。

 10月23日午後2時からは、トークイベント「酒井七馬というマンガ家が大阪にいた。」を開く。9月25日と10月2、23日の午後1時と3時には2人の作品を含む紙芝居の実演を行う。

 11月8日まで。要入場料。

【 2016年09月23日 12時30分 】

ニュース写真

  • 小寺鳩甫が主筆時代の雑誌「大阪パック」の表紙などが展示されている会場(京都市中京区・京都国際マンガミュージアム)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      原発事故避難者の思い、冊子に 京都の医療従事者ら作成

      20170823000061

       福島第1原発事故によって京都府内に避難する人々が健康への思いをつづった冊子「避難者集団..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      F東京・中島がポルトガル1部へ
      リオ五輪代表MF、期限付き

      20170823000050

       J1のFC東京は23日、MF中島翔哉(23)がポルトガル1部リーグのポルティモネンセに..... [ 記事へ ]

      経済

      待ってたで、新米! 滋賀・高島、「ハナエチゼン」初出荷

      20170823000037

       滋賀県内のトップを切り、本年度産「ハナエチゼン」が22日、高島市今津町日置前のJA今津..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      違法薬物、刑事が危険性訴え 京都の小学校で講演

      20170823000036

       違法薬物の危険性について理解を深める教諭対象の研修会が22日、京都市右京区の嵯峨小で開..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      脳科学で子どもの能力開発 京都で産学公プロジェクト

      20170822000199

       京都府が、企業や研究機関、NPO法人と連携し、脳科学などの最先端技術を活用して子どもの..... [ 記事へ ]

      国際

      「複数の爆破計画」と容疑者供述
      スペイン連続テロ取り調べ

      20170823000048

       【バルセロナ共同】スペイン連続テロで、マドリードの予審判事は22日、警察が拘束した4容..... [ 記事へ ]