出版案内
福祉事業団

漫画文化、2人の役割迫る 京都で「小寺鳩甫と酒井七馬」展

小寺鳩甫が主筆時代の雑誌「大阪パック」の表紙などが展示されている会場(京都市中京区・京都国際マンガミュージアム)
小寺鳩甫が主筆時代の雑誌「大阪パック」の表紙などが展示されている会場(京都市中京区・京都国際マンガミュージアム)

 戦前戦後に関西の漫画界で活躍した師弟に焦点を当てた「小寺鳩甫(きゅうほ)と酒井七馬(しちま)-『大阪パック』から『新寶島(たからじま)』まで」が、京都市中京区の京都国際マンガミュージアムで開催されている。東京を中心に語られることの多い漫画文化の中で、2人が果たした役割に迫っている。

 小寺鳩甫(1889~1962年)は、40年以上にわたって続いた時事漫画誌「大阪パック」の主筆として活躍した。酒井七馬(1905~69年)は同誌の編集部に入って鳩甫に師事し、後に手塚治虫の「新寶島」の原作と構成を担当したことで知られる。

 鳩甫関連では、昨年に兵庫県伊丹市の自宅から見つかった漫画のスクラップなどの資料が展示されている。他には主筆時代(大正、昭和初期)の大阪パックの表紙や戦後に民主主義の啓発目的で描いたポスターが並ぶ。七馬については、戦時中に軍需工場などを慰問した際の資料をはじめ、七馬が中心となって発行し、手塚らが参加した雑誌、手掛けた紙芝居がある。

 同ミュージアムの伊藤遊研究員は「2人は漫画家としてだけではなく、編集者としての能力もあった。あまり知られていないが、漫画の礎を築いた人物だといえる」と話す。

 10月23日午後2時からは、トークイベント「酒井七馬というマンガ家が大阪にいた。」を開く。9月25日と10月2、23日の午後1時と3時には2人の作品を含む紙芝居の実演を行う。

 11月8日まで。要入場料。

【 2016年09月23日 12時30分 】

ニュース写真

  • 小寺鳩甫が主筆時代の雑誌「大阪パック」の表紙などが展示されている会場(京都市中京区・京都国際マンガミュージアム)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      渡辺氏、都議選で小池氏勢力応援
      新党設立は否定

      20170623000113

       日本維新の会に離党届を提出し、除名された渡辺喜美参院議員は23日、国会内で記者会見し、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サニブラウン2度の10秒06
      ケンブリッジ、桐生らも決勝進

      20170623000105

       陸上の世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権第1日は23日、大阪市のヤンマースタジアム..... [ 記事へ ]

      経済

      三菱自動車、益子氏が社長退任
      CEOは続投

      20170623000096

       三菱自動車は23日、益子修社長(68)が社長職を退任し、最高経営責任者(CEO)の専任..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      商店街にまちかどキャンパス 福知山公立大、空き店舗活用

      20170623000069

       京都府福知山市はこのほど、福知山公立大の講義や市民講座を行う「まちかどキャンパス」を、..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      民間開発衛星を初めて打ち上げ
      キヤノン電子、インドで

      20170623000143

       電気機械器具メーカーのキヤノン電子(埼玉県秩父市)は23日、地上にある1メートルの大き..... [ 記事へ ]

      国際

      万景峰、赤字続きの運航
      ロ朝航路開設1カ月

      20170623000087

       【ウラジオストク共同】ロシアと北朝鮮を結ぶ初の定期船航路として5月中旬に開設された貨客..... [ 記事へ ]