出版案内
福祉事業団

国内最古の法堂、「蟠龍図」迫力 京都・相国寺で特別公開

「蟠龍図」を見上げながら、手をたたき、音の響きに聞き入る観光客ら(25日午後1時半、京都市上京区・相国寺)
「蟠龍図」を見上げながら、手をたたき、音の響きに聞き入る観光客ら(25日午後1時半、京都市上京区・相国寺)

 京都市上京区の臨済宗相国寺派大本山・相国寺で25日、秋の特別拝観が始まった。国内最古の法堂(はっとう)(重要文化財)や開山した夢窓国師像を安置した開山堂、168畳に及ぶ方丈が公開され、初日から大勢の参拝者が訪れた。

 法堂は豊臣秀頼の寄進により1605年に再建された。高さ11メートルの天井には狩野光信筆の円周9メートルの「蟠龍(ばんりゅう)図」が描かれ、真下で手を打つと堂内に独特の響きが生まれることから「鳴き龍」とも呼ばれている。

 秋だけ公開される開山堂の前庭は、本来は表と裏で分かれる禅宗の庭が一つになった珍しい庭で、かつて御所に水を供給していた水路の跡も残っている。観光客らは白砂が敷き詰められた静かな空間を眺め、ひとときを過ごしていた。

 友人と訪れた大阪市の岡本規子さん(77)は「法堂の蟠龍図のにらみは迫力があった。独特な反響音も心に届き、不思議な思いになった」と話した。

 12月15日まで(10月18~21日は拝観休止)。有料。

【 2016年09月25日 22時20分 】

ニュース写真

  • 「蟠龍図」を見上げながら、手をたたき、音の響きに聞き入る観光客ら(25日午後1時半、京都市上京区・相国寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      子ども食堂を地域づくりの一環に 大津で支援フォーラム

      20170821000058

       無料や安価で手作りの食事を提供する「子ども食堂」への支援を呼び掛けるフォーラムが20日..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      カブス上原、2失点で勝敗付かず
      Bジェイズ青木は1安打1打

      20170821000059

       ▽カブス―ブルージェイズ(20日・シカゴ) カブスの上原が3―3の延長十回から6番手で登..... [ 記事へ ]

      経済

      「さくら筆」のメーク術を指導 京都で22日

      20170820000067

       化粧筆専門店「京都六角館さくら堂」(京都市中京区)を運営するMURAGISHI(大阪府..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      高校の発達障害支援手探り 京都、教員スキルや財政課題

      20170820000101

       京都府と京都市の両教育委員会が、発達障害に対する高校での支援の充実を図ろうとしている。..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPS創薬応用へ初の提携契約 京都のベンチャーと理研

      20170820000123

       iPS細胞(人工多能性幹細胞)の創薬応用を推進するため、京都市上京区のベンチャー企業「..... [ 記事へ ]

      国際

      車3台で爆破テロ計画か
      警察、隠れ家遺体特定急ぐ

      20170821000013

       【バルセロナ共同】スペイン北東部カタルーニャ自治州の連続テロで、警察当局は20日の記者..... [ 記事へ ]