出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

国内最古の法堂、「蟠龍図」迫力 京都・相国寺で特別公開

「蟠龍図」を見上げながら、手をたたき、音の響きに聞き入る観光客ら(25日午後1時半、京都市上京区・相国寺)
「蟠龍図」を見上げながら、手をたたき、音の響きに聞き入る観光客ら(25日午後1時半、京都市上京区・相国寺)

 京都市上京区の臨済宗相国寺派大本山・相国寺で25日、秋の特別拝観が始まった。国内最古の法堂(はっとう)(重要文化財)や開山した夢窓国師像を安置した開山堂、168畳に及ぶ方丈が公開され、初日から大勢の参拝者が訪れた。

 法堂は豊臣秀頼の寄進により1605年に再建された。高さ11メートルの天井には狩野光信筆の円周9メートルの「蟠龍(ばんりゅう)図」が描かれ、真下で手を打つと堂内に独特の響きが生まれることから「鳴き龍」とも呼ばれている。

 秋だけ公開される開山堂の前庭は、本来は表と裏で分かれる禅宗の庭が一つになった珍しい庭で、かつて御所に水を供給していた水路の跡も残っている。観光客らは白砂が敷き詰められた静かな空間を眺め、ひとときを過ごしていた。

 友人と訪れた大阪市の岡本規子さん(77)は「法堂の蟠龍図のにらみは迫力があった。独特な反響音も心に届き、不思議な思いになった」と話した。

 12月15日まで(10月18~21日は拝観休止)。有料。

【 2016年09月25日 22時20分 】

ニュース写真

  • 「蟠龍図」を見上げながら、手をたたき、音の響きに聞き入る観光客ら(25日午後1時半、京都市上京区・相国寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      妊産婦向けベルト類似せず
      「長~く使える」商標訴訟

      20180719000157

       妊産婦向けの腹帯などを製造・販売する「犬印本舗」(大阪府松原市)が「長~く使える」とい..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      W杯槙野らにスポーツ特別功労賞
      ポーランド戦「指示難しかっ

      20180719000148

       サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会日本代表で、J1浦和に所属する槙野智章と遠藤..... [ 記事へ ]

      経済

      被災地で工場、店舗の復旧進む
      全面稼働にはなお時間も

      20180719000160

       西日本豪雨の影響で工場や店舗の休業などを余儀なくされた企業は手探りで復旧を進め、19日..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      九電玄海原発4号機が営業運転
      再稼働工程の最終検査完了

      20180719000126

       九州電力は19日、6月に約6年半ぶりに再稼働した玄海原発4号機(佐賀県玄海町)が原子力..... [ 記事へ ]

      国際

      日本からの遺骨送還で南北協力
      植民地時代の徴用巡り

      20180719000119

       【北京共同】南北交流を推進する韓国の民間団体「民族和解協力汎国民協議会(民和協)」は1..... [ 記事へ ]