出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

国宝など滋賀・彦根に見にきて! 10月から観光キャンペーン

「彦根屏風」のレプリカを飾り、キャンペーンの開始をPRする(右から)JR西日本の岩崎京都支社長、大久保市長ら=彦根市金亀町・彦根城博物館
「彦根屏風」のレプリカを飾り、キャンペーンの開始をPRする(右から)JR西日本の岩崎京都支社長、大久保市長ら=彦根市金亀町・彦根城博物館

 滋賀県彦根市で10月から始まるJR西日本と市、市観光協会の観光キャンペーンを前に29日、期間中に彦根城博物館(同市金亀町)で特別公開される国宝「彦根屏風(びょうぶ)」や彦根城の報道関係者向け内覧会が行われた。

 キャンペーンはJR西が「ちょこっと関西歴史たび」と銘打ち、2013年春から季節ごとに各地の歴史名所で展開。今秋は彦根市で10月1日~12月22日に企画する。

 彦根藩井伊家伝来の彦根屏風の特別公開は、彦根城博物館で10月28日~11月27日に実施。江戸初期の狩野派の絵師の作とされる6曲1隻の屏風(縦94センチ、横271センチ)には、京の遊里で三味線やすごろくに興じる男女、南蛮貿易から広まったたばこ、ペットの洋犬などが描かれ、近世風俗画の傑作として知られる。

 また期間中、大坂の陣の関連資料17点を、3期に分けて7~8点ずつ同博物館で展示。井桁紋の旗印や2代目当主井伊直孝所用の胴具足、若江合戦図などを並べる。このほか、特別講座(3回)や、井伊家ゆかりの宗安寺と龍潭寺で寺宝の展示もある。

 同館での内覧会では彦根屏風のレプリカが飾られる中、JR西日本京都支社の岩崎悟志支社長が「最近は戦国ブームで、彦根観光に追い風が吹いている」と誘客に期待。大久保貴市長は「本物を十分味わってもらえるよう工夫を凝らしたい」と話した。

【 2016年09月30日 12時08分 】

ニュース写真

  • 「彦根屏風」のレプリカを飾り、キャンペーンの開始をPRする(右から)JR西日本の岩崎京都支社長、大久保市長ら=彦根市金亀町・彦根城博物館
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      首相「国際的な海洋秩序を強化」
      発足70年、海保の観閲式で

      20180520000119

       安倍晋三首相は20日、海上保安庁の発足70周年を記念して東京湾で開かれた観閲式に出席し..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      GP陸上、山県10秒13で2位
      桐生は10秒17、ガトリン

      20180520000074

       陸上のセイコー・ゴールデングランプリ大阪は20日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行わ..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の技体験、地張り提灯作りに挑戦 東京・六本木で催し

      20180519000112

       京都の地張り提灯の技に触れるワークショップが19日、東京都港区であった。定員の6倍を超..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      規制庁、東電に原発運転可能判断
      柏崎刈羽、住民に説明

      20180519000101

       原子力規制庁の担当者は19日、新潟県柏崎市であった住民説明会に出席し、東京電力柏崎刈羽..... [ 記事へ ]

      国際

      台湾、少子化最大の試練
      蔡総統、政権2年で訴え

      20180520000082

       【台北共同】台湾で独立志向の民主進歩党(民進党)の蔡英文政権が発足してから2年となった..... [ 記事へ ]