出版案内
福祉事業団

国宝など滋賀・彦根に見にきて! 10月から観光キャンペーン

「彦根屏風」のレプリカを飾り、キャンペーンの開始をPRする(右から)JR西日本の岩崎京都支社長、大久保市長ら=彦根市金亀町・彦根城博物館
「彦根屏風」のレプリカを飾り、キャンペーンの開始をPRする(右から)JR西日本の岩崎京都支社長、大久保市長ら=彦根市金亀町・彦根城博物館

 滋賀県彦根市で10月から始まるJR西日本と市、市観光協会の観光キャンペーンを前に29日、期間中に彦根城博物館(同市金亀町)で特別公開される国宝「彦根屏風(びょうぶ)」や彦根城の報道関係者向け内覧会が行われた。

 キャンペーンはJR西が「ちょこっと関西歴史たび」と銘打ち、2013年春から季節ごとに各地の歴史名所で展開。今秋は彦根市で10月1日~12月22日に企画する。

 彦根藩井伊家伝来の彦根屏風の特別公開は、彦根城博物館で10月28日~11月27日に実施。江戸初期の狩野派の絵師の作とされる6曲1隻の屏風(縦94センチ、横271センチ)には、京の遊里で三味線やすごろくに興じる男女、南蛮貿易から広まったたばこ、ペットの洋犬などが描かれ、近世風俗画の傑作として知られる。

 また期間中、大坂の陣の関連資料17点を、3期に分けて7~8点ずつ同博物館で展示。井桁紋の旗印や2代目当主井伊直孝所用の胴具足、若江合戦図などを並べる。このほか、特別講座(3回)や、井伊家ゆかりの宗安寺と龍潭寺で寺宝の展示もある。

 同館での内覧会では彦根屏風のレプリカが飾られる中、JR西日本京都支社の岩崎悟志支社長が「最近は戦国ブームで、彦根観光に追い風が吹いている」と誘客に期待。大久保貴市長は「本物を十分味わってもらえるよう工夫を凝らしたい」と話した。

【 2016年09月30日 12時08分 】

ニュース写真

  • 「彦根屏風」のレプリカを飾り、キャンペーンの開始をPRする(右から)JR西日本の岩崎京都支社長、大久保市長ら=彦根市金亀町・彦根城博物館
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      大砂嵐関、車の運転は否定
      弁護士が説明、捜査継続

      20180122000040

       1月初旬に長野県内で車の運転中に追突事故を起こしたとして、県警に道交法違反容疑で捜査を..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      フィギュアの宮原、坂本らが調整
      24日から四大陸選手権

      20180122000063

       【台北共同】欧州以外の国・地域が参加して24日に開幕するフィギュアスケートの四大陸選手..... [ 記事へ ]

      経済

      九州FGの証券子会社開業
      業容拡大で基盤強化狙う

      20180122000024

       肥後銀行(熊本市)と鹿児島銀行(鹿児島市)を傘下に置く、九州フィナンシャルグループ(F..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都橘高吹奏楽部、米パレード出場を華やか報告

      20180122000023

       今年の元旦に米国で開催された同国最大級のパレード「ローズパレード」に出場した京都橘高(..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      31日に全国で「皆既月食」
      妖しい色、観察チャンス

      20180121000076

       月が地球の影にすっぽり隠れる「皆既月食」が今月31日夜に日本各地で起きる。夜中までの比..... [ 記事へ ]

      国際

      ペンス副大統領、イスラエル訪問
      国会で米の首都認定説明へ

      20180122000011

       【エルサレム共同】ペンス米副大統領は21日夜、イスラエルに到着した。22日にネタニヤフ..... [ 記事へ ]