出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

秋の情緒、芸舞妓優雅に 京都・宮川町「みずゑ会」6日開幕

みずゑ会を前に、総仕上げのけいこ「大ざらえ」で舞を披露する舞妓(4日午後1時15分、京都市東山区・宮川町歌舞練場)
みずゑ会を前に、総仕上げのけいこ「大ざらえ」で舞を披露する舞妓(4日午後1時15分、京都市東山区・宮川町歌舞練場)

 宮川町歌舞会による秋の舞台公演「みずゑ会」を前に、稽古の総仕上げ「大ざらえ」が4日、京都市東山区の宮川町歌舞練場で報道陣に公開された。芸舞妓56人が本番さながらに舞踊を披露し、立ち位置や舞の動きなどを細かく確かめた。

 黒紋付きの舞妓による地唄「鶴の声」で幕開け。「汐汲」は1811(文化8)年に初演された際の常磐津と長唄の掛け合いを復活させた。秋の情緒を表現した長唄「紅葉詣」や、とりもちの付いたさおで小鳥を捕る様子を舞踊に取り込んだ軽妙な清元「鳥刺」と続いた。

 「愁宵(しゅうしょう)旅つれづれに」では、新土佐節や金比羅船々など四国の民謡6曲に合わせて多彩な踊りを次々と披露。総踊りの「宮川小唄」でフィナーレを飾った。

 6~9日の午後4時開演。8、9日のみ午後1時との2回公演。4千、8千円。同歌舞会TEL075(561)1151。

【 2016年10月04日 22時17分 】

ニュース写真

  • みずゑ会を前に、総仕上げのけいこ「大ざらえ」で舞を披露する舞妓(4日午後1時15分、京都市東山区・宮川町歌舞練場)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      住宅火災で高齢男女死亡
      東京・練馬

      20180524000224

       24日午後8時5分ごろ、東京都練馬区錦1丁目の2階建て住宅から出火し、1階約30平方メ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大谷―田中は実現せず
      登板日が28日から変更に

      20180525000003

       【トロント共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手(23)の次回登板が27日(日本時..... [ 記事へ ]

      経済

      スバル、初のEVはフォレスター
      主力車で環境対応

      20180524000102

       SUBARU(スバル)が、2021年に発売する初の電気自動車(EV)をスポーツタイプ多..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      iPS細胞から免疫機能高める細胞作製 京大グループ発表

      20180524000201

       ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、免疫細胞を活性化させるリンパ球のような働きを持..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発再稼働、地元同意対象拡大を
      福井の市民団体が協定締結要

      20180524000145

       脱原発などを訴える福井県の市民団体が24日、原発再稼働時の「地元同意」の対象を、原発か..... [ 記事へ ]

      国際

      ナジブ前首相を再聴取
      マレーシア公金流用疑惑

      20180524000218

       【クアラルンプール共同】マレーシアの汚職対策委員会(MACC)は24日、首都クアラルン..... [ 記事へ ]