出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「難病の神様」もう少しお待ち下さい 京都・大岩神社参道再生へ

倒木で被害を受けた大岩神社のほこらの損傷状態を確認する市職員ら。市民団体が参道整備に乗り出すことになった(京都市伏見区)
倒木で被害を受けた大岩神社のほこらの損傷状態を確認する市職員ら。市民団体が参道整備に乗り出すことになった(京都市伏見区)

 かつて「難病の神様」として多くの参拝者が訪れた京都市伏見区の大岩神社の参道再生に、地元住民が乗り出す。約2年前に管理者が不在となり、参道が倒木で荒れた状態になっているためで、日本画家の堂本印象がデザインした鳥居をアピールして、登山客を呼び込もうとしている。

 大岩山山頂付近にある大岩神社には、男女2人の神がまつられ、互いの病気を献身的な看病で治癒した伝承がある。昔は結核患者や陸軍病院(現京都医療センター)の傷病兵が祈願に訪れていた、という。

 しかし、2014年秋ごろから管理者がいなくなり、大岩街道から神社につながる参道は竹林や雑木林の倒木で荒廃。木が倒れ、壊れかけているほこらもある。

 近年、参道を市がトレイルコースとしてPRを始め、最近では外国人も散策するようになった。そんな中、昨年発足した市民グループ「深草まるごとつながりネットワーク」が、参道の環境整備を模索。5月から清掃活動を行い、今後、倒木の撤去や広場への遊具設置、社務所をくつろぎスペースとして活用するなどの再生策を検討している。

 また参道には1960年代に堂本印象が寄贈した二つの鳥居があり、グループは「新たな『印象』をつくろう!」をスローガンに、魅力を発信していく。

 メンバーの杉田鈴子さん(68)=伏見区=は「神社周辺や参道を子どもから大人まで楽しめる環境にしたい」としている。同ネットは取り組みへの協力者を募っている。問い合わせは事務局の伏見区役所深草支所TEL075(642)3203。

【 2016年10月06日 11時40分 】

ニュース写真

  • 倒木で被害を受けた大岩神社のほこらの損傷状態を確認する市職員ら。市民団体が参道整備に乗り出すことになった(京都市伏見区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      滋賀・長浜市議選告示、29人立候補

      20180715000117

       任期満了に伴う滋賀県長浜市議選が15日告示され、定数26に対して29人が立候補した。2..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      最優秀選手はモドリッチ
      FIFAが各賞を発表

      20180716000009

       【モスクワ共同】国際サッカー連盟(FIFA)は15日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会..... [ 記事へ ]

      経済

      本場も認めた、グラニータで世界一 京都のジェラート職人親子

      20180715000063

       ジェラートの一種「グラニータ」の本場イタリアで開かれた国際大会で、京都のジェラート職人..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生と企業、料理で交流深める 京都・宇治の大学で催し

      20180715000045

       京都文教大(京都府宇治市槙島町)は14日、インターンシップをする学生と受け入れ経験のあ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京都・西山のチョウ標本寄贈 地元男性、オオムラサキなど49匹

      20180714000050

       西山の麓に位置する西代里山公園(京都府長岡京市奥海印寺)の管理棟に、地元の男性がこのほ..... [ 記事へ ]

      国際

      北朝鮮の卓球選手団が韓国入り
      合同チーム結成へ

      20180715000094

       【大田共同】韓国中部・大田で開催される卓球のワールドツアーの韓国オープンに参加する北朝..... [ 記事へ ]