出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「難病の神様」もう少しお待ち下さい 京都・大岩神社参道再生へ

倒木で被害を受けた大岩神社のほこらの損傷状態を確認する市職員ら。市民団体が参道整備に乗り出すことになった(京都市伏見区)
倒木で被害を受けた大岩神社のほこらの損傷状態を確認する市職員ら。市民団体が参道整備に乗り出すことになった(京都市伏見区)

 かつて「難病の神様」として多くの参拝者が訪れた京都市伏見区の大岩神社の参道再生に、地元住民が乗り出す。約2年前に管理者が不在となり、参道が倒木で荒れた状態になっているためで、日本画家の堂本印象がデザインした鳥居をアピールして、登山客を呼び込もうとしている。

 大岩山山頂付近にある大岩神社には、男女2人の神がまつられ、互いの病気を献身的な看病で治癒した伝承がある。昔は結核患者や陸軍病院(現京都医療センター)の傷病兵が祈願に訪れていた、という。

 しかし、2014年秋ごろから管理者がいなくなり、大岩街道から神社につながる参道は竹林や雑木林の倒木で荒廃。木が倒れ、壊れかけているほこらもある。

 近年、参道を市がトレイルコースとしてPRを始め、最近では外国人も散策するようになった。そんな中、昨年発足した市民グループ「深草まるごとつながりネットワーク」が、参道の環境整備を模索。5月から清掃活動を行い、今後、倒木の撤去や広場への遊具設置、社務所をくつろぎスペースとして活用するなどの再生策を検討している。

 また参道には1960年代に堂本印象が寄贈した二つの鳥居があり、グループは「新たな『印象』をつくろう!」をスローガンに、魅力を発信していく。

 メンバーの杉田鈴子さん(68)=伏見区=は「神社周辺や参道を子どもから大人まで楽しめる環境にしたい」としている。同ネットは取り組みへの協力者を募っている。問い合わせは事務局の伏見区役所深草支所TEL075(642)3203。

【 2016年10月06日 11時40分 】

ニュース写真

  • 倒木で被害を受けた大岩神社のほこらの損傷状態を確認する市職員ら。市民団体が参道整備に乗り出すことになった(京都市伏見区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      裏合意疑惑の庁舎耐震工事解約へ 滋賀・彦根市

      20180524000189

       滋賀県彦根市は24日、地方自治法に違反する「裏合意」があったとされる市役所庁舎耐震整備..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日大、反則問題で従来の主張踏襲
      意図的指示せず、関学大に再

      20180524000133

       アメリカンフットボールの悪質な反則問題で、日本大は24日、危険なタックルに至った経緯な..... [ 記事へ ]

      経済

      スバル、初のEVはフォレスター
      主力車で環境対応

      20180524000102

       SUBARU(スバル)が、2021年に発売する初の電気自動車(EV)をスポーツタイプ多..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発再稼働、地元同意対象拡大を
      福井の市民団体が協定締結要

      20180524000145

       脱原発などを訴える福井県の市民団体が24日、原発再稼働時の「地元同意」の対象を、原発か..... [ 記事へ ]

      国際

      台湾、ブルキナファソと断交
      中国が外交圧力

      20180524000210

       【台北共同】台湾の呉ショウ燮外交部長(外相)は24日夜、緊急記者会見を開き、同日付で西..... [ 記事へ ]