出版案内
福祉事業団

湖国仏教・神道の名宝一堂に 滋賀県立近美で企画展

琵琶湖文化館に寄託された湖国の仏像を眺める来館者たち(大津市瀬田南大萱町・県立近代美術館)=撮影・三木千絵
琵琶湖文化館に寄託された湖国の仏像を眺める来館者たち(大津市瀬田南大萱町・県立近代美術館)=撮影・三木千絵

 現在休館中の滋賀県立琵琶湖文化館(大津市打出浜)の収蔵品や同館の役割を伝える企画展「つながる美・引き継ぐ心」(京都新聞など主催)が、8日から同市瀬田南大萱町の県立近代美術館で始まる。湖国の社寺から寄託された貴重な仏教・神道美術を一堂に展示する。

 文化館は1961年に博物館として開館し、2008年に建物の老朽化や県の財政難から休館した。収蔵品は近代美術館を再整備して20年3月に開設予定の新生美術館に引き継ぐ。

 前期と、11月1日から始まる後期で計75点を紹介する。金銀の彩りと繊細な細工が目を引く神照寺(長浜市)の国宝「透彫華籠(すかしぼりけご)」は平安時代作を前期に、鎌倉時代作を後期に並べる。正法寺(大津市)の重要文化財「帝釈天立像」は平安後期らしい華やかな作風。

 文化館では、新たに指定を受けた文化財を集めて展覧会を開いていたことから、15年度に県指定を受けた栗東市の五百井(いおのい)神社の「男神坐像(だんしんざぞう)」など収蔵品以外も展示した。五百井神社は、13年の台風18号で本殿と拝殿が押し流されたが、土砂の中から主神像の坐像が発見されて話題となった。

 11月23日まで。月曜休館(10月10日は開館、11日休館)。有料。

【 2016年10月07日 22時30分 】

ニュース写真

  • 琵琶湖文化館に寄託された湖国の仏像を眺める来館者たち(大津市瀬田南大萱町・県立近代美術館)=撮影・三木千絵
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      流出は産廃汚泥と判断
      岐阜県、中央道土砂崩れ

      20170821000174

       岐阜県瑞浪市の中央自動車道脇の斜面が崩れ、車4台を巻き込んだ土砂は、市内の窯業原料製造..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      レスリング、泉は4回戦で屈す
      世界選手権、屋比久らも敗れる

      20170821000154

       【パリ共同】レスリングの世界選手権は21日、パリで開幕して男子グレコローマンスタイルの..... [ 記事へ ]

      経済

      農水予算2・6兆円要求へ
      収入保険開始に数百億円

      20170821000167

       農林水産省は21日、2018年度の農林水産関係予算の概算要求額を17年度当初予算比約1..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      源氏と響けユーフォ比較 京都文教大、物語の聖地化考察

      20170821000073

       物語作品の舞台を探訪する「聖地巡礼」について考える連続講座が20日、京都府宇治市槙島町..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPS創薬応用へ初の提携契約 京都のベンチャーと理研

      20170820000123

       iPS細胞(人工多能性幹細胞)の創薬応用を推進するため、京都市上京区のベンチャー企業「..... [ 記事へ ]

      国際

      文氏、慰安婦で従来主張を伝達
      訪韓中の額賀氏らに

      20170821000159

       【ソウル共同】韓国を訪問している超党派の日韓議員連盟会長の額賀福志郎元財務相(自民党)..... [ 記事へ ]