出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

百人一首、京都巡り50コース かるた研代表が出版

「百人一首を通して京都の魅力を再発見してほしい」と語る河田さん(京都市中京区)
「百人一首を通して京都の魅力を再発見してほしい」と語る河田さん(京都市中京区)

 百人一首ゆかりの地を巡り歩くウオークツアーの企画者で、「京都百人一首・かるた研究会」代表の河田久章さんがこのほど、2010年から歩き続けて完成させた計50コースを本にまとめた。「百人一首で京都を歩く」と題し、地図入りで順路を紹介するとともに、各史跡の解説や百人一首とのつながりを詳述している。

 1年で10コース、5年かけて全てを回るツアーには、これまで延べ6千人が参加。引率して解説役を務める河田さんは、どのコースも10回以上を歩いているといい、「実際に歩くことで歌が詠まれた時代の文化や風俗を感じることができる。百人一首は、京都の歴史そのもの」と語る。

 コースは京都市内とその近郊。2、3時間で歩ける範囲で、テーマを決めて設定している。例えば「京都御苑周辺」では、白峯神宮(上京区)や菅原院天満宮神社(同)を紹介しながら、崇徳院や菅原道真といった「6人の位高き悲劇の歌人たち」の足跡に思いをはせる。嵯峨・嵐山地域の「百人一首歌碑群めぐり」では、百人一首の基になった勅撰(ちょくせん)集について考える。

 また。源実朝の後室が創建したと伝わる本覚寺(下京区)や、右大将道綱母ゆかりの般若寺跡(右京区)など、観光スポットとしては知られていない場所も数多く紹介。河田さんは「ある程度都市化しつつも、至る所に史跡が残る京都だからこそできるツアーです」と話す。

 「百人一首で京都を歩く」は1296円。会は、全50コースを一から回るツアーを今月13日に始める予定で、参加者を募っている(有料)。購入、ツアーいずれも問い合わせは河田さんの携帯電話090(9879)1010へ。

【 2016年10月11日 17時00分 】

ニュース写真

  • 「百人一首を通して京都の魅力を再発見してほしい」と語る河田さん(京都市中京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      首相「国際的な海洋秩序を強化」
      発足70年、海保の観閲式で

      20180520000119

       安倍晋三首相は20日、海上保安庁の発足70周年を記念して東京湾で開かれた観閲式に出席し..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      GP陸上、山県10秒13で2位
      桐生は10秒17、ガトリン

      20180520000074

       陸上のセイコー・ゴールデングランプリ大阪は20日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行わ..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の技体験、地張り提灯作りに挑戦 東京・六本木で催し

      20180519000112

       京都の地張り提灯の技に触れるワークショップが19日、東京都港区であった。定員の6倍を超..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      規制庁、東電に原発運転可能判断
      柏崎刈羽、住民に説明

      20180519000101

       原子力規制庁の担当者は19日、新潟県柏崎市であった住民説明会に出席し、東京電力柏崎刈羽..... [ 記事へ ]

      国際

      台湾、少子化最大の試練
      蔡総統、政権2年で訴え

      20180520000082

       【台北共同】台湾で独立志向の民主進歩党(民進党)の蔡英文政権が発足してから2年となった..... [ 記事へ ]