出版案内
福祉事業団

江戸期の東北、近江商人記す 滋賀大史料館で企画展

ギャラリートークで江戸時代に東北を襲った地震の記録について解説する青柳館長(右)=彦根市馬場1丁目・滋賀大経済学部付属史料館
ギャラリートークで江戸時代に東北を襲った地震の記録について解説する青柳館長(右)=彦根市馬場1丁目・滋賀大経済学部付属史料館

 滋賀県彦根市馬場1丁目の滋賀大経済学部付属史料館で、江戸時代の東北地方で活動した近江商人の資料をひもとく企画展が開かれている。飢饉(ききん)や地震の被害を記した日記もあり、東日本大震災との共通点も見える。

 企画展「近江商人とみちのく」は、江戸時代中期に仙台市や石巻市、相馬市などに進出した八幡商人の谷口兵左衛門家と日野商人の中井源左衛門家に残された古文書28点を展示。両家は、木綿や古着を関西で仕入れ、東北で販売、伊達藩とも結びつき、特権的な商人として活躍した。

 1835(天保6)年に宮城県沖を震源とする地震の際、仙台に滞在していた中井家当主が記した日記には「誠に覚えざる大震、恐るべし」と記述、建物に被害が出たほか余震の多さも書き留めている。また、36(天保7)年の飢饉(ききん)では毎日30人ずつ死亡、藩が救済食料を準備するため商家に2万両を都合するよう命令が下ったことなども記されている。

 青柳周一館長は「商人目線での記録は、藩や幕府の公的な記録にはない庶民の動きが残っている」と話す。

 午前9時半~午後4時半。11月11日まで。27、28日と11月10、11日の午後0時半からギャラリートークがある。土日、祝日休館(11月5、6日は開館)。無料。同史料館TEL0749(27)1046。

【 2016年10月26日 10時32分 】

ニュース写真

  • ギャラリートークで江戸時代に東北を襲った地震の記録について解説する青柳館長(右)=彦根市馬場1丁目・滋賀大経済学部付属史料館
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      皇太子夫妻が育樹祭出席
      香川・まんのう町

      20171119000124

       香川県を訪問中の皇太子ご夫妻は19日、同県まんのう町の県満濃池森林公園を訪れ、第41回..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ボッチャ、日本がタイを破る
      ジャパンパラ大会最終日

      20171119000120

       ボッチャのジャパンパラ大会最終日は19日、東京・武蔵野総合体育館で行われ、昨年のリオデ..... [ 記事へ ]

      経済

      性的少数者の虹色、伝統工芸に 京都で動き広がる

      20171119000048

       京都の伝統工芸の職人の間で、LGBT(性的少数者)の尊厳を象徴するレインボーフラッグを..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      福知山マラソンの魅力満載、学生が冊子作製 ランナーに配布

      20171119000113

       福知山公立大(京都府福知山市堀)の学生たちが、23日に開催される福知山マラソンの魅力を..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      森林整備や省エネPR 京都・長岡京で環境フェア

      20171119000028

       京都府長岡京市内で展開している環境活動をPRする「環境フェア」が18日、同市天神4丁目..... [ 記事へ ]

      国際

      聖書博物館がワシントンで開館
      トランプ政権下の展示注目

      20171119000008

       【ワシントン共同】聖書の歴史や聖書が米国社会に与えた影響を振り返る「聖書博物館」が18..... [ 記事へ ]