出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

江戸期の東北、近江商人記す 滋賀大史料館で企画展

ギャラリートークで江戸時代に東北を襲った地震の記録について解説する青柳館長(右)=彦根市馬場1丁目・滋賀大経済学部付属史料館
ギャラリートークで江戸時代に東北を襲った地震の記録について解説する青柳館長(右)=彦根市馬場1丁目・滋賀大経済学部付属史料館

 滋賀県彦根市馬場1丁目の滋賀大経済学部付属史料館で、江戸時代の東北地方で活動した近江商人の資料をひもとく企画展が開かれている。飢饉(ききん)や地震の被害を記した日記もあり、東日本大震災との共通点も見える。

 企画展「近江商人とみちのく」は、江戸時代中期に仙台市や石巻市、相馬市などに進出した八幡商人の谷口兵左衛門家と日野商人の中井源左衛門家に残された古文書28点を展示。両家は、木綿や古着を関西で仕入れ、東北で販売、伊達藩とも結びつき、特権的な商人として活躍した。

 1835(天保6)年に宮城県沖を震源とする地震の際、仙台に滞在していた中井家当主が記した日記には「誠に覚えざる大震、恐るべし」と記述、建物に被害が出たほか余震の多さも書き留めている。また、36(天保7)年の飢饉(ききん)では毎日30人ずつ死亡、藩が救済食料を準備するため商家に2万両を都合するよう命令が下ったことなども記されている。

 青柳周一館長は「商人目線での記録は、藩や幕府の公的な記録にはない庶民の動きが残っている」と話す。

 午前9時半~午後4時半。11月11日まで。27、28日と11月10、11日の午後0時半からギャラリートークがある。土日、祝日休館(11月5、6日は開館)。無料。同史料館TEL0749(27)1046。

【 2016年10月26日 10時32分 】

ニュース写真

  • ギャラリートークで江戸時代に東北を襲った地震の記録について解説する青柳館長(右)=彦根市馬場1丁目・滋賀大経済学部付属史料館
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      京大立て看撤去「表現の自由脅かす」 出身弁護士連名で声明

      20180522000161

       京都市の屋外広告物条例に違反するとして、京都大が吉田キャンパス(左京区)の周辺で立て看..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日本、意図的な指示また否定
      「言葉足らずだった」

      20180522000202

       日本大広報部は22日、アメリカンフットボール部の宮川泰介選手が記者会見を行ったことを受..... [ 記事へ ]

      経済

      4K録画テレビ、18年秋に発売 三菱電機、京都で開発

      20180522000167

       三菱電機は22日、今年12月に高精細映像の4K・8Kの衛星放送が始まるのに合わせ、今秋..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京都・宮津沿岸にミナミハンドウイルカ 海洋高生ら調査奮闘

      20180522000204

       京都府宮津市上司の海洋高の生徒たちが、先月から宮津市の沿岸に出現しているミナミハンドウ..... [ 記事へ ]

      国際

      タイ、軍事政権に抗議デモ断念
      リーダーら投降、拘束も

      20180522000158

       【バンコク共同】タイの軍事政権に抗議して首都バンコクでデモ行進を始めた市民グループのリ..... [ 記事へ ]