出版案内
福祉事業団

秋の彩り、あでやかな舞 京都・先斗町で「水明会」大ざらえ

水明会の大ざらえで本番さながらに踊りの所作を確認する芸舞妓ら(26日午前11時20分、京都市中京区・先斗町歌舞練場)=撮影・中尾悠希
水明会の大ざらえで本番さながらに踊りの所作を確認する芸舞妓ら(26日午前11時20分、京都市中京区・先斗町歌舞練場)=撮影・中尾悠希

 先斗町歌舞会の秋の舞台公演「第103回水明会」を前に、稽古の総仕上げとなる「大ざらえ」が26日、京都市中京区の先斗町歌舞練場で報道陣に公開された。芸舞妓40人が舞台での所作を入念に確かめていた。

 優美な祝儀曲の長唄「雛鶴三番叟(ひなづるさんばそう)」で始まり、元禄時代の衣装で軽快な槍(やり)踊りを交えた長唄「水仙丹前」、照明を凝らした清元「芝居小曲集」と続いた。猿と猿回しの深い愛情を子役らが熱演する常磐津「靭(うつぼ)猿」で締めくくる。

 日ごろの精進の成果を披露する水明会は1930年から続く伝統行事の一つ。大ざらえでは、関係者が見守る中、芸舞妓が本番さながらにあでやかな舞踊を披露した。

 27~30日の午後4時開演。指定席8千円、7千円。先斗町歌舞会TEL075(221)2025。

【 2016年10月26日 14時00分 】

ニュース写真

  • 水明会の大ざらえで本番さながらに踊りの所作を確認する芸舞妓ら(26日午前11時20分、京都市中京区・先斗町歌舞練場)=撮影・中尾悠希
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      燃料タンク油、自衛隊が回収へ
      米軍戦闘機の投棄問題

      20180221000107

       米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が同県東北町の小川原湖に燃料タンク2個を..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      アルペン男子立位の小池を追加
      平昌冬季パラ日本代表

      20180221000161

       日本パラリンピック委員会(JPC)は21日、平昌冬季パラリンピックの代表にアルペンスキ..... [ 記事へ ]

      経済

      スポーツ分野にVRやAI活用
      東京五輪見据え、幕張で産業展

      20180221000152

       仮想現実(VR)や人工知能(AI)などの新技術を取り入れたスポーツ関連商品・サービスを..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「宇治学」の授業を報告  京都、教員らフォーラム

      20180221000032

       京都府宇治市の小中学生が地域について学ぶ総合的な学習「宇治学」のフォーラムが20日、同..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大間原発、進捗率4割弱
      規制委の審査長引く

      20180221000070

       電源開発(Jパワー)は21日、青森県大間町で建設中の大間原発を報道陣に公開した。運転開..... [ 記事へ ]

      国際

      NZ地震の倒壊ビル跡地に公園
      日本から遺族ら出席して開園式

      20180221000139

       【クライストチャーチ共同】2011年2月22日のニュージーランド地震から7年となるのを..... [ 記事へ ]