出版案内
福祉事業団

復活「赤ソバ」満開、秋空に映え 滋賀・東近江

満開になった赤ソバの花(東近江市紙岸本町)+
満開になった赤ソバの花(東近江市紙岸本町)+

 滋賀県東近江市上岸本町に、真っ赤なソバ畑が現れた。地元商工会の女性たちが、かつて育てられていた「赤ソバ」を復活させ、店を出すようになって5年。メンバーは、満開になったソバの花を「みんなで団結した結果です」と見守る。

 赤ソバは旧愛東町で栽培されていたが、収穫量が少ないため廃れ、2007年に愛東商工会が復活を目指し始めた。いったんは中断したが、現東近江市商工会女性部愛東支部のメンバーが試みを引き継いだ。5年前には収穫したそば粉を使った手打ちそば店「そば処 あかそばの郷」をオープン。土日に毎月4回の営業を続けている。

 今年は同町の畑約2500平方メートルで栽培しており、赤い花を付けている。実がなると、11月中旬に刈り取り、約500キロのそば粉にする。支部長の山本美千代さん(69)は「店には常連さんが増えた。来てもらえるおもてなしをこれからも心がけたい」と話している。

【 2016年10月28日 22時30分 】

ニュース写真

  • 満開になった赤ソバの花(東近江市紙岸本町)+
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      「アス飯、一人でも多くの方に」 レシピ本出版で山瀬理恵子さん

      20170823000059

       京都新聞朝刊で2014年4月から3年間、アスリート向けのレシピとコラムからなる「アス飯..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      U―18日本代表主将に清宮
      「2年前思い出して」と意気込み

      20170823000107

       野球のU―18(18歳以下)ワールドカップ(9月1日開幕・サンダーベイ=カナダ)に出場..... [ 記事へ ]

      経済

      東証6日ぶり反発、米株高を好感
      1万9500円回復の場面も

      20170823000095

       23日の東京株式市場は前日の米株高を好感して日経平均株価(225種)が6営業日ぶりに反..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      違法薬物、刑事が危険性訴え 京都の小学校で講演

      20170823000036

       違法薬物の危険性について理解を深める教諭対象の研修会が22日、京都市右京区の嵯峨小で開..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      脳科学で子どもの能力開発 京都で産学公プロジェクト

      20170822000199

       京都府が、企業や研究機関、NPO法人と連携し、脳科学などの最先端技術を活用して子どもの..... [ 記事へ ]

      国際

      米大統領、国境の壁「絶対必要」
      差別発言でメディア批判

      20170823000083

       【フェニックス共同】トランプ米大統領は22日、メキシコと国境を接する西部アリゾナ州フェ..... [ 記事へ ]