出版案内
福祉事業団

ゾウの美都、引きこもりから回復 京都市動物園、2年ぶり外へ

2年ぶりにグラウンドに出てくつろぐアジアゾウの美都(京都市左京区・京都市動物園)
2年ぶりにグラウンドに出てくつろぐアジアゾウの美都(京都市左京区・京都市動物園)

 京都市動物園(京都市左京区)で、ゾウ舎の新築に伴う環境の変化で舎内に引きこもっていたアジアゾウの美都(みと)(メス・推定45歳)が、2年ぶりにグラウンドで動き回る姿を見せるようになった。飼育の都合で転居を余儀なくされたため、市民やファンからは心配や園への非難の声も上がっていたが、ようやく元気を取り戻し、飼育員や来園者らは胸をなでおろしている。

 美都は1979年から旧ゾウ舎に住んでいたが、ラオスから寄贈された子ゾウの飼育のため建てられた新ゾウ舎に2014年10月、転居した。現存する国内で最も古いゾウ舎として美都が長く過ごした旧舎はその後、解体された。

 新ゾウ舎に移った直後から外に出なくなった美都の気持ちを落ち着かせようと、クラシック音楽を流したり、グラウンドに大好物のイモをつるしたりするなど試行錯誤を繰り返したが効果がなかった。今年1月に恐る恐る外に出たこともあったが、一度扉を閉めてゾウ舎に戻れなくしたところ、再び警戒心を強めて引きこもっていたという。

 ところが今月18日に突然、美都がグラウンドに出て歩き回るようになった。心配する周囲の気持ちが届いたのか、市民がこの春にゾウ舎の脇に植え、秋に収穫した山盛りのイモもグラウンドで瞬く間に完食。安心できる場所でしか行わない排便も外でするようになり、かつての元気な姿を取り戻した。

 同園の獣医師の岡橋要さん(48)は「元気な子ゾウとは対照的にふびんな美都がかわいそうと、批判の声も園に寄せられていた。どういう気持ちの変化で外に出られるようになったのか分からないが、本当に良かった」とホッとした様子。

 美都を見に来た会社員の一柳あきさん(38)=北区=は「出られる日がいつ来るのかと心配していた。知能の高い動物がとる行動だけに、私たちもいろいろと考えさせられる」と話していた。

【 2016年10月29日 23時10分 】

ニュース写真

  • 2年ぶりにグラウンドに出てくつろぐアジアゾウの美都(京都市左京区・京都市動物園)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      大学授業料「出世払い」に
      20年度導入目指し自民提言

      20170522000179

       自民党教育再生実行本部(本部長・桜田義孝元文部科学副大臣)は22日、安倍晋三首相が憲法..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サーフィン堀越と大音が2回戦へ
      WG第3日

      20170523000021

       【ビアリッツ(フランス)共同】2020年東京五輪の追加種目となったサーフィンの世界一を..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株続伸、89ドル高
      防衛関連株が支え

      20170523000010

       【ニューヨーク共同】週明け22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      私、店長の〇〇です…児童が名刺交換体験 京都の学習施設 

      20170522000046

       小学生が仮想の街で職業体験する、京都まなびの街生き方探究館(京都市上京区)の「スチュー..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「宇宙マウス」に遺伝異常なし
      長期滞在で人に応用も

      20170523000006

       国際宇宙ステーションに凍結乾燥保存された状態で、9カ月間強い宇宙放射線を浴びたマウスの..... [ 記事へ ]

      国際

      フリン前補佐官が議会召喚拒否
      ロシア疑惑、免責要求

      20170523000012

       【ワシントン共同】トランプ米政権のフリン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は22日..... [ 記事へ ]