出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

江戸期の宇治・伏見を詳細に 京都・平等院秋季展で屏風初公開

江戸時代の宇治や伏見の様子が分かる洛外図屏風が展示されている秋季展(宇治市宇治・平等院ミュージアム鳳翔館)
江戸時代の宇治や伏見の様子が分かる洛外図屏風が展示されている秋季展(宇治市宇治・平等院ミュージアム鳳翔館)

 京都宇治市宇治の平等院ミュージアム鳳翔館で、部屋の間仕切りや目隠しに使われる調度品に焦点を当てた秋季展「荘厳華麗、屏障具(へいしょうぐ)の美」が開かれている。江戸時代の宇治や伏見の様子を描いた洛外図屏風(びょうぶ)が初公開された。

■修理終えた中国・明代の漆絵衝立も

 平等院塔頭の浄土院が所蔵する洛外図屏風は江戸時代に手掛けられた六曲一双の作品。平等院は右端上部に描かれ、鳳凰堂や平安時代の武将・源頼政が自刃した扇の芝、北門の焼け跡が見て取れる。

 今はない北門は楠木正成が1336年に平等院を焼き打ちした際に難を免れたが、1698年の宇治大火で焼失。屏風は木組みだけが残る生々しい姿を伝え、「北門跡が描かれている図は珍しい」(平等院)という。

 洛外図屏風には万福寺(同市五ケ庄)や伏見稲荷大社、御香宮神社(いずれも京都市伏見区)も描かれ、往時を表す。

 秋季展では1年半かけて修理した中国・明時代の漆絵衝立(ついたて)(17世紀)も展示。松竹梅や賢人が色漆や螺鈿(らでん)で丁寧に表現された。平等院の神居文彰住職は「明の時代は中国で漆の技法が完成された時代です」と話している。

 秋季展は来年1月9日までだが、洛外図屏風の展示は11月下旬まで。入場には平等院の拝観料(大人600円)が必要。

【 2016年11月01日 09時31分 】

ニュース写真

  • 江戸時代の宇治や伏見の様子が分かる洛外図屏風が展示されている秋季展(宇治市宇治・平等院ミュージアム鳳翔館)
  • 洛外図屏風に木組みだけの姿が描かれている北門跡(左下)。右側に描かれているのは鳳凰堂
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      住宅火災で高齢男女死亡
      東京・練馬

      20180524000224

       24日午後8時5分ごろ、東京都練馬区錦1丁目の2階建て住宅から出火し、1階約30平方メ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大谷―田中は実現せず
      登板日が28日から変更に

      20180525000003

       【トロント共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手(23)の次回登板が27日(日本時..... [ 記事へ ]

      経済

      スバル、初のEVはフォレスター
      主力車で環境対応

      20180524000102

       SUBARU(スバル)が、2021年に発売する初の電気自動車(EV)をスポーツタイプ多..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      iPS細胞から免疫機能高める細胞作製 京大グループ発表

      20180524000201

       ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、免疫細胞を活性化させるリンパ球のような働きを持..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発再稼働、地元同意対象拡大を
      福井の市民団体が協定締結要

      20180524000145

       脱原発などを訴える福井県の市民団体が24日、原発再稼働時の「地元同意」の対象を、原発か..... [ 記事へ ]

      国際

      ナジブ前首相を再聴取
      マレーシア公金流用疑惑

      20180524000218

       【クアラルンプール共同】マレーシアの汚職対策委員会(MACC)は24日、首都クアラルン..... [ 記事へ ]