出版案内
福祉事業団

江戸期の宇治・伏見を詳細に 京都・平等院秋季展で屏風初公開

江戸時代の宇治や伏見の様子が分かる洛外図屏風が展示されている秋季展(宇治市宇治・平等院ミュージアム鳳翔館)
江戸時代の宇治や伏見の様子が分かる洛外図屏風が展示されている秋季展(宇治市宇治・平等院ミュージアム鳳翔館)

 京都宇治市宇治の平等院ミュージアム鳳翔館で、部屋の間仕切りや目隠しに使われる調度品に焦点を当てた秋季展「荘厳華麗、屏障具(へいしょうぐ)の美」が開かれている。江戸時代の宇治や伏見の様子を描いた洛外図屏風(びょうぶ)が初公開された。

■修理終えた中国・明代の漆絵衝立も

 平等院塔頭の浄土院が所蔵する洛外図屏風は江戸時代に手掛けられた六曲一双の作品。平等院は右端上部に描かれ、鳳凰堂や平安時代の武将・源頼政が自刃した扇の芝、北門の焼け跡が見て取れる。

 今はない北門は楠木正成が1336年に平等院を焼き打ちした際に難を免れたが、1698年の宇治大火で焼失。屏風は木組みだけが残る生々しい姿を伝え、「北門跡が描かれている図は珍しい」(平等院)という。

 洛外図屏風には万福寺(同市五ケ庄)や伏見稲荷大社、御香宮神社(いずれも京都市伏見区)も描かれ、往時を表す。

 秋季展では1年半かけて修理した中国・明時代の漆絵衝立(ついたて)(17世紀)も展示。松竹梅や賢人が色漆や螺鈿(らでん)で丁寧に表現された。平等院の神居文彰住職は「明の時代は中国で漆の技法が完成された時代です」と話している。

 秋季展は来年1月9日までだが、洛外図屏風の展示は11月下旬まで。入場には平等院の拝観料(大人600円)が必要。

【 2016年11月01日 09時31分 】

ニュース写真

  • 江戸時代の宇治や伏見の様子が分かる洛外図屏風が展示されている秋季展(宇治市宇治・平等院ミュージアム鳳翔館)
  • 洛外図屏風に木組みだけの姿が描かれている北門跡(左下)。右側に描かれているのは鳳凰堂
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      皇太子夫妻が育樹祭出席
      香川・まんのう町

      20171119000124

       香川県を訪問中の皇太子ご夫妻は19日、同県まんのう町の県満濃池森林公園を訪れ、第41回..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ボッチャ、日本がタイを破る
      ジャパンパラ大会最終日

      20171119000120

       ボッチャのジャパンパラ大会最終日は19日、東京・武蔵野総合体育館で行われ、昨年のリオデ..... [ 記事へ ]

      経済

      性的少数者の虹色、伝統工芸に 京都で動き広がる

      20171119000048

       京都の伝統工芸の職人の間で、LGBT(性的少数者)の尊厳を象徴するレインボーフラッグを..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      福知山マラソンの魅力満載、学生が冊子作製 ランナーに配布

      20171119000113

       福知山公立大(京都府福知山市堀)の学生たちが、23日に開催される福知山マラソンの魅力を..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      森林整備や省エネPR 京都・長岡京で環境フェア

      20171119000028

       京都府長岡京市内で展開している環境活動をPRする「環境フェア」が18日、同市天神4丁目..... [ 記事へ ]

      国際

      聖書博物館がワシントンで開館
      トランプ政権下の展示注目

      20171119000008

       【ワシントン共同】聖書の歴史や聖書が米国社会に与えた影響を振り返る「聖書博物館」が18..... [ 記事へ ]