出版案内
福祉事業団

江戸期の宇治・伏見を詳細に 京都・平等院秋季展で屏風初公開

江戸時代の宇治や伏見の様子が分かる洛外図屏風が展示されている秋季展(宇治市宇治・平等院ミュージアム鳳翔館)
江戸時代の宇治や伏見の様子が分かる洛外図屏風が展示されている秋季展(宇治市宇治・平等院ミュージアム鳳翔館)

 京都宇治市宇治の平等院ミュージアム鳳翔館で、部屋の間仕切りや目隠しに使われる調度品に焦点を当てた秋季展「荘厳華麗、屏障具(へいしょうぐ)の美」が開かれている。江戸時代の宇治や伏見の様子を描いた洛外図屏風(びょうぶ)が初公開された。

■修理終えた中国・明代の漆絵衝立も

 平等院塔頭の浄土院が所蔵する洛外図屏風は江戸時代に手掛けられた六曲一双の作品。平等院は右端上部に描かれ、鳳凰堂や平安時代の武将・源頼政が自刃した扇の芝、北門の焼け跡が見て取れる。

 今はない北門は楠木正成が1336年に平等院を焼き打ちした際に難を免れたが、1698年の宇治大火で焼失。屏風は木組みだけが残る生々しい姿を伝え、「北門跡が描かれている図は珍しい」(平等院)という。

 洛外図屏風には万福寺(同市五ケ庄)や伏見稲荷大社、御香宮神社(いずれも京都市伏見区)も描かれ、往時を表す。

 秋季展では1年半かけて修理した中国・明時代の漆絵衝立(ついたて)(17世紀)も展示。松竹梅や賢人が色漆や螺鈿(らでん)で丁寧に表現された。平等院の神居文彰住職は「明の時代は中国で漆の技法が完成された時代です」と話している。

 秋季展は来年1月9日までだが、洛外図屏風の展示は11月下旬まで。入場には平等院の拝観料(大人600円)が必要。

【 2016年11月01日 09時31分 】

ニュース写真

  • 江戸時代の宇治や伏見の様子が分かる洛外図屏風が展示されている秋季展(宇治市宇治・平等院ミュージアム鳳翔館)
  • 洛外図屏風に木組みだけの姿が描かれている北門跡(左下)。右側に描かれているのは鳳凰堂
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      安楽死希望の元選手が来日し交流
      車いす陸上メダリストらと

      20170423000100

       昨年のリオデジャネイロ・パラリンピックの車いす陸上女子でメダルを獲得し、引退したベルギ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      新体操、柴山がアジア選手権代表
      代表選考会で1位

      20170423000102

       新体操のアジア選手権(6月・アスタナ=カザフスタン)の日本代表選考会が23日、群馬県の..... [ 記事へ ]

      経済

      滋賀県内4鉄道、3日間乗り放題 フリーきっぷ発売

      20170422000113

       JRや京阪電鉄など滋賀県の4鉄道が3日間乗り放題になる「滋賀・びわ湖フリーきっぷ」の販..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生アート、作者と会話楽しんで 京都のギャラリーで展示販売

      20170422000121

       芸術系の学生らの作品を見学、購入できる「クリエイターズマルシェ」が22日、京都市中京区..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      サンゴ白化防止、新たな保護区を
      専門家会議が緊急提言

      20170423000103

       沖縄県や鹿児島県で昨年、過去最大級のサンゴの白化現象が起きたのを受けて、環境省は23日..... [ 記事へ ]

      国際

      仏大統領選、投票へ
      第1回、テロ後厳戒の中

      20170423000006

       【パリ共同】11人が立候補したフランス大統領選は23日午前(日本時間同日午後)、全国約..... [ 記事へ ]