出版案内
福祉事業団

江戸期の宇治・伏見を詳細に 京都・平等院秋季展で屏風初公開

江戸時代の宇治や伏見の様子が分かる洛外図屏風が展示されている秋季展(宇治市宇治・平等院ミュージアム鳳翔館)
江戸時代の宇治や伏見の様子が分かる洛外図屏風が展示されている秋季展(宇治市宇治・平等院ミュージアム鳳翔館)

 京都宇治市宇治の平等院ミュージアム鳳翔館で、部屋の間仕切りや目隠しに使われる調度品に焦点を当てた秋季展「荘厳華麗、屏障具(へいしょうぐ)の美」が開かれている。江戸時代の宇治や伏見の様子を描いた洛外図屏風(びょうぶ)が初公開された。

■修理終えた中国・明代の漆絵衝立も

 平等院塔頭の浄土院が所蔵する洛外図屏風は江戸時代に手掛けられた六曲一双の作品。平等院は右端上部に描かれ、鳳凰堂や平安時代の武将・源頼政が自刃した扇の芝、北門の焼け跡が見て取れる。

 今はない北門は楠木正成が1336年に平等院を焼き打ちした際に難を免れたが、1698年の宇治大火で焼失。屏風は木組みだけが残る生々しい姿を伝え、「北門跡が描かれている図は珍しい」(平等院)という。

 洛外図屏風には万福寺(同市五ケ庄)や伏見稲荷大社、御香宮神社(いずれも京都市伏見区)も描かれ、往時を表す。

 秋季展では1年半かけて修理した中国・明時代の漆絵衝立(ついたて)(17世紀)も展示。松竹梅や賢人が色漆や螺鈿(らでん)で丁寧に表現された。平等院の神居文彰住職は「明の時代は中国で漆の技法が完成された時代です」と話している。

 秋季展は来年1月9日までだが、洛外図屏風の展示は11月下旬まで。入場には平等院の拝観料(大人600円)が必要。

【 2016年11月01日 09時31分 】

ニュース写真

  • 江戸時代の宇治や伏見の様子が分かる洛外図屏風が展示されている秋季展(宇治市宇治・平等院ミュージアム鳳翔館)
  • 洛外図屏風に木組みだけの姿が描かれている北門跡(左下)。右側に描かれているのは鳳凰堂
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      バリアフリー促進に向け法改正へ
      交通事業者に計画義務化

      20180123000004

       2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、鉄道など公共交通のバリアフリー化を推進する..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      エイバルの乾、後半途中に退く
      スペイン1部リーグ

      20180123000016

       サッカーのスペイン1部リーグでエイバルの乾貴士は22日、ホームのマラガ戦に先発し、後半..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株続伸、最高値更新
      政府閉鎖解除見通しで

      20180123000011

       【ニューヨーク共同】週明け22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅に続..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「学問のため」帝国と同化 <京大が持ち去った人骨>

      20180122000110

       京都大は、戦前から収集してきた人骨標本について、存否を含め一切の回答を拒んでいる。樺太..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      チェック形骸化、有期雇用成果焦りか 京大iPS研論文不正

      20180122000216

       京都大iPS細胞研究所(京都市左京区)で22日、論文の不正が発覚した。所長を務める山中..... [ 記事へ ]

      国際

      米、自由の女神に客足戻る
      観光客、正常化に安堵

      20180123000015

       【ニューヨーク共同】米連邦政府機関の一部閉鎖で業務が停止していたニューヨークの観光名所..... [ 記事へ ]