出版案内
福祉事業団

「柴犬スタッフ」、高齢者癒やす 大津の施設

老人ホーム「ハーネスト唐崎」で入居者と触れ合う柴犬の小春(手前)と虎太郎
老人ホーム「ハーネスト唐崎」で入居者と触れ合う柴犬の小春(手前)と虎太郎

 大津市坂本1丁目の老人ホーム「ハーネスト唐崎」で日中を過ごしている柴犬2匹が、入居者や施設の職員の癒やしになっている。人によく懐き、お年寄りの表情を和ませるなど施設のコミュニケーションの潤滑油として一役買っている。職員らは「2匹ともスタッフの一員」と話し、愛情を注いでいる。

 2匹は、雌5歳の「小春」と、雄4歳の「虎太郎」。同ホームを運営する医療法人社団理事の武田直美さん(53)が飼っている。小春は武田さんの自宅で暮らし、生後3カ月ごろから毎日施設に通っている。虎太郎は生後10カ月までペットショップにいたところを武田さんに引き取られた。ただ、車酔いが激しいため施設で暮らしている。

 2匹は同ホーム玄関近くの廊下や事務所を定位置に腰を落ち着ける。職員の働きぶりもチェックしているようで、夜勤者と出勤者が毎朝開く申し送りのミーティングにも姿を見せる。日中は来訪者を出迎えるほか、入居者と触れ合い、疲れた人らを見掛けると寄り添って体をなでさせることもある。晴れた日には施設の庭を元気に駆け回り入居者や職員が見守っている。

 同ホームによると、施設にはペットと暮らしていたり、飼っていたペットを亡くしたり、年齢や体力の低下を考えてペットを飼うのを断念したりした入居者も少なくないという。2匹が施設内で過ごしていることが入居者の大きな癒やしになっているとみている。

 武田さんは「入居しているみなさんがペットとの思い出を懐かしく語ってくれる。2匹が来てから笑顔が増えて明るくなった」と語り、「ペットは家族の一員。最後まで一緒に暮らせるように、将来ペットと一緒に入居できる老人ホームを作れれば」と夢を描く。

【 2016年11月26日 10時00分 】

ニュース写真

  • 老人ホーム「ハーネスト唐崎」で入居者と触れ合う柴犬の小春(手前)と虎太郎
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      蚊取り線香、製造ピーク
      緑の渦巻き、恋しい季節

      20170627000124

       蚊に悩まされる夏のシーズンを前に、「金鳥」の商標で知られる蚊取り線香の製造が「大日本除..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      五輪V4伊調選手がギネス授与式
      去就は明言せず

      20170627000128

       昨夏のリオデジャネイロ五輪レスリング女子で金メダルを獲得した伊調馨選手(33)=ALS..... [ 記事へ ]

      経済

      夏バテ牛に「着る端末」開発
      グンゼ、体温下げ乳量増

      20170627000111

       グンゼは乳牛向けのウエアラブル端末を開発した。夏の暑さによるストレスで乳量が落ちるのを..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      不当要求に対する基本方針策定 京都府立医大で調査委会合

      20170626000131

       京都府立医科大付属病院の虚偽診断疑惑などを検証する府公立大学法人の調査委員会の第3回会..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      福島第1、3号機屋根カバー搬入
      燃料取り出しに向け

      20170627000045

       東京電力福島第1原発3号機の使用済み核燃料プールからの燃料取り出しに向け、経済産業省は..... [ 記事へ ]

      国際

      劉暁波氏の即時釈放要求しデモ
      香港民主派

      20170627000112

       【香港共同】香港民主派は27日、末期の肝臓がんで中国の病院に入院したノーベル平和賞受賞..... [ 記事へ ]