出版案内
福祉事業団

「柴犬スタッフ」、高齢者癒やす 大津の施設

老人ホーム「ハーネスト唐崎」で入居者と触れ合う柴犬の小春(手前)と虎太郎
老人ホーム「ハーネスト唐崎」で入居者と触れ合う柴犬の小春(手前)と虎太郎

 大津市坂本1丁目の老人ホーム「ハーネスト唐崎」で日中を過ごしている柴犬2匹が、入居者や施設の職員の癒やしになっている。人によく懐き、お年寄りの表情を和ませるなど施設のコミュニケーションの潤滑油として一役買っている。職員らは「2匹ともスタッフの一員」と話し、愛情を注いでいる。

 2匹は、雌5歳の「小春」と、雄4歳の「虎太郎」。同ホームを運営する医療法人社団理事の武田直美さん(53)が飼っている。小春は武田さんの自宅で暮らし、生後3カ月ごろから毎日施設に通っている。虎太郎は生後10カ月までペットショップにいたところを武田さんに引き取られた。ただ、車酔いが激しいため施設で暮らしている。

 2匹は同ホーム玄関近くの廊下や事務所を定位置に腰を落ち着ける。職員の働きぶりもチェックしているようで、夜勤者と出勤者が毎朝開く申し送りのミーティングにも姿を見せる。日中は来訪者を出迎えるほか、入居者と触れ合い、疲れた人らを見掛けると寄り添って体をなでさせることもある。晴れた日には施設の庭を元気に駆け回り入居者や職員が見守っている。

 同ホームによると、施設にはペットと暮らしていたり、飼っていたペットを亡くしたり、年齢や体力の低下を考えてペットを飼うのを断念したりした入居者も少なくないという。2匹が施設内で過ごしていることが入居者の大きな癒やしになっているとみている。

 武田さんは「入居しているみなさんがペットとの思い出を懐かしく語ってくれる。2匹が来てから笑顔が増えて明るくなった」と語り、「ペットは家族の一員。最後まで一緒に暮らせるように、将来ペットと一緒に入居できる老人ホームを作れれば」と夢を描く。

【 2016年11月26日 10時00分 】

ニュース写真

  • 老人ホーム「ハーネスト唐崎」で入居者と触れ合う柴犬の小春(手前)と虎太郎
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      岡田節人氏死去 京大名誉教授、発生生物学の第一人者

      20170117000137

       発生生物学の第一人者で、岡崎国立共同研究機構長、JT生命誌研究館長などを務めた京都大名..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      空手荒賀、シンクロ乾ら表彰 2団体と10人に関西スポーツ賞

      20170117000161

       関西運動記者クラブ選定の第60回関西スポーツ賞の表彰式がこのほど、大阪市内のホテルで行..... [ 記事へ ]

      経済

      VW、「ティグアン」を全面改良
      8年ぶり、先進機能も採用

      20170117000104

       フォルクスワーゲン(VW)グループジャパン(愛知県豊橋市)は17日、小型のスポーツタイ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      通学域や統合、総意得た順に対応 大津市教委が学区説明会

      20170117000120

       将来の児童生徒数の減少が想定される中、大津市教育委員会は17日から、「小規模校」とされ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      インフルで患者3人死亡、松山
      31人にも感染

      20170117000121

       松山市の野本記念病院は17日、入院患者と職員の計34人がインフルエンザに集団感染し、う..... [ 記事へ ]

      国際

      ロシア外相、米と戦略対話に意欲
      核兵器やミサイル防衛も

      20170117000152

       【モスクワ共同】ロシアのラブロフ外相は17日のモスクワでの年頭記者会見で、核兵器やミサ..... [ 記事へ ]