出版案内
福祉事業団

「柴犬スタッフ」、高齢者癒やす 大津の施設

老人ホーム「ハーネスト唐崎」で入居者と触れ合う柴犬の小春(手前)と虎太郎
老人ホーム「ハーネスト唐崎」で入居者と触れ合う柴犬の小春(手前)と虎太郎

 大津市坂本1丁目の老人ホーム「ハーネスト唐崎」で日中を過ごしている柴犬2匹が、入居者や施設の職員の癒やしになっている。人によく懐き、お年寄りの表情を和ませるなど施設のコミュニケーションの潤滑油として一役買っている。職員らは「2匹ともスタッフの一員」と話し、愛情を注いでいる。

 2匹は、雌5歳の「小春」と、雄4歳の「虎太郎」。同ホームを運営する医療法人社団理事の武田直美さん(53)が飼っている。小春は武田さんの自宅で暮らし、生後3カ月ごろから毎日施設に通っている。虎太郎は生後10カ月までペットショップにいたところを武田さんに引き取られた。ただ、車酔いが激しいため施設で暮らしている。

 2匹は同ホーム玄関近くの廊下や事務所を定位置に腰を落ち着ける。職員の働きぶりもチェックしているようで、夜勤者と出勤者が毎朝開く申し送りのミーティングにも姿を見せる。日中は来訪者を出迎えるほか、入居者と触れ合い、疲れた人らを見掛けると寄り添って体をなでさせることもある。晴れた日には施設の庭を元気に駆け回り入居者や職員が見守っている。

 同ホームによると、施設にはペットと暮らしていたり、飼っていたペットを亡くしたり、年齢や体力の低下を考えてペットを飼うのを断念したりした入居者も少なくないという。2匹が施設内で過ごしていることが入居者の大きな癒やしになっているとみている。

 武田さんは「入居しているみなさんがペットとの思い出を懐かしく語ってくれる。2匹が来てから笑顔が増えて明るくなった」と語り、「ペットは家族の一員。最後まで一緒に暮らせるように、将来ペットと一緒に入居できる老人ホームを作れれば」と夢を描く。

【 2016年11月26日 10時00分 】

ニュース写真

  • 老人ホーム「ハーネスト唐崎」で入居者と触れ合う柴犬の小春(手前)と虎太郎
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      義母殺害容疑で男逮捕、岐阜
      妻の遺体も発見、大垣署

      20170324000073

       24日午前7時半ごろ、岐阜県大垣市古知丸の住宅で、男の声で「家族を殺してしまった」と1..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      新国立競技場、工事は「順調」
      4月から本体の基礎へ

      20170324000078

       日本スポーツ振興センター(JSC)は24日、2020年東京五輪・パラリンピックのメイン..... [ 記事へ ]

      経済

      デザインと伝統美、化粧品箱を海外客へ 京都の23歳起業

      20170324000071

       京都の大学でデザインを学んだ男性が卒業後1年足らずで起業し、第1弾商品として化粧品箱を..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      6年間の思い出胸に、巣立ちの春 京都府内公立小で卒業式

      20170323000066

       京都府内の多くの公立小学校で23日、卒業式が行われた。児童が6年間の思い出や中学校生活..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      鳥インフル宮城で22万羽殺処分
      千葉も6万羽、高病原性確認

      20170324000004

       宮城県は24日、同県栗原市の養鶏場で21日以降に死んだ鶏を遺伝子検査した結果、H5型の..... [ 記事へ ]

      国際

      セウォル号の一部切断成功
      韓国、運搬船積み込みへ

      20170324000072

       【珍島共同】2014年に韓国南西部、珍島沖で沈没した旅客船セウォル号の引き揚げで、韓国..... [ 記事へ ]