出版案内
福祉事業団

「柴犬スタッフ」、高齢者癒やす 大津の施設

老人ホーム「ハーネスト唐崎」で入居者と触れ合う柴犬の小春(手前)と虎太郎
老人ホーム「ハーネスト唐崎」で入居者と触れ合う柴犬の小春(手前)と虎太郎

 大津市坂本1丁目の老人ホーム「ハーネスト唐崎」で日中を過ごしている柴犬2匹が、入居者や施設の職員の癒やしになっている。人によく懐き、お年寄りの表情を和ませるなど施設のコミュニケーションの潤滑油として一役買っている。職員らは「2匹ともスタッフの一員」と話し、愛情を注いでいる。

 2匹は、雌5歳の「小春」と、雄4歳の「虎太郎」。同ホームを運営する医療法人社団理事の武田直美さん(53)が飼っている。小春は武田さんの自宅で暮らし、生後3カ月ごろから毎日施設に通っている。虎太郎は生後10カ月までペットショップにいたところを武田さんに引き取られた。ただ、車酔いが激しいため施設で暮らしている。

 2匹は同ホーム玄関近くの廊下や事務所を定位置に腰を落ち着ける。職員の働きぶりもチェックしているようで、夜勤者と出勤者が毎朝開く申し送りのミーティングにも姿を見せる。日中は来訪者を出迎えるほか、入居者と触れ合い、疲れた人らを見掛けると寄り添って体をなでさせることもある。晴れた日には施設の庭を元気に駆け回り入居者や職員が見守っている。

 同ホームによると、施設にはペットと暮らしていたり、飼っていたペットを亡くしたり、年齢や体力の低下を考えてペットを飼うのを断念したりした入居者も少なくないという。2匹が施設内で過ごしていることが入居者の大きな癒やしになっているとみている。

 武田さんは「入居しているみなさんがペットとの思い出を懐かしく語ってくれる。2匹が来てから笑顔が増えて明るくなった」と語り、「ペットは家族の一員。最後まで一緒に暮らせるように、将来ペットと一緒に入居できる老人ホームを作れれば」と夢を描く。

【 2016年11月26日 10時00分 】

ニュース写真

  • 老人ホーム「ハーネスト唐崎」で入居者と触れ合う柴犬の小春(手前)と虎太郎
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      障害ある子の親に「親心の記録」 京都、不安緩和へノート

      20170820000116

       相続税対策などを支援する一般社団法人日本相続知財センター京都支部(京都市中京区)が、障..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サンガ、連敗ストップ 大分とドロー、サッカーJ2

      20170820000124

       サッカーJ2の第29節は20日、西京極陸上競技場ほかで11試合を行い、京都サンガFCは..... [ 記事へ ]

      経済

      「さくら筆」のメーク術を指導 京都で22日

      20170820000067

       化粧筆専門店「京都六角館さくら堂」(京都市中京区)を運営するMURAGISHI(大阪府..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      高校の発達障害支援手探り 京都、教員スキルや財政課題

      20170820000101

       京都府と京都市の両教育委員会が、発達障害に対する高校での支援の充実を図ろうとしている。..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      光合成遺伝子スイッチ先祖返りも 京都府立大教授ら解明

      20170819000129

       京都府立大と京都府立植物園が、同園内で育てられているシダやマツなどの植物を使って光合成..... [ 記事へ ]

      国際

      香港、雨傘主導者の実刑判決抗議
      5万人がデモ

      20170820000102

       【香港共同】香港民主派は20日、2014年の大規模民主化デモ「雨傘運動」の主導者、黄之..... [ 記事へ ]