出版案内
福祉事業団

民泊の指導強化へ 京都市が1日から新要綱

 マンションの空き部屋などを利用した「民泊」を巡るトラブルが相次いでいるのを踏まえ、京都市は、許可を得た民泊も含む宿泊業者を対象に、新たな指導要綱を策定した。12月1日から運用する。民泊開業前の近隣への周知や、客による迷惑行為の防止の徹底などを求めており、必要に応じて立ち入り調査を行う。無許可営業に対する刑事告発の手続きも定めた。

 旅館業の許可を得ていない場合や運営に問題がある場合、市は主に旅館業法に基づいて改善を求めてきたが、指導内容を定めた要綱はなかった。外国人観光客の増加に伴って民泊施設が増えており、騒音やごみ出しを巡る苦情が市に寄せられている。

 策定した要綱は、ホテルや旅館、簡易宿所などすべての旅館業施設が対象となる。事業者が利用客に防止を求めなければならない迷惑行為として、「早朝や夜間に旅行かばんを引く音などの騒音」「決まりに反したごみ出し」などと細かく定めた。新たに旅館業の許可を申請する場合は、施設のある町内会などへの説明が必要としている。

 無許可営業に対しては、連絡を求める文書を施設に貼り出し、指導に従わない場合は京都府警に告発するとした。市が今年4~10月に民泊を対象に行った調査では、対象の約880施設中、約430施設が無許可営業だった。うち約210施設の営業を中止させたが、所在地や営業者を突き止められなかった施設も半数近くに上った。

 市は要綱による指導強化に加え、旅館業関連や食中毒、感染症など衛生部門を集約化した庁内組織を来年4月に発足させる方針。さらに市は、自治体独自に民泊のあり方を定めた条例を制定できるよう、国に求めている。

【 2016年11月28日 08時56分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      声からし「最後のお願い」 衆院選、京都・滋賀の街頭

      20171021000148

       衆院選(22日投開票)の選挙運動が最終日を迎えた21日、京都や滋賀の候補者がそれぞれの..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー、酒井高はフル出場
      ハンブルガーSV0―1で敗れる

      20171022000018

       【ハンブルク(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグで酒井高徳と伊藤達哉のハンブルガ..... [ 記事へ ]

      経済

      ハロウィーン、幅広い年代に 京都で商戦活況

      20171021000136

       31日のハロウィーンに向け、京都の百貨店や商業施設で関連グッズの販売が本格化している。..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「日本とフランスの懸け橋に」 京都、学校移転で式典

      20171021000074

       京都市上京区の元待賢小にあったフランス人学校「京都国際フランス学園」が下京区の元有隣小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]

      国際

      チェコ、富豪の中道右派が第1党
      不正疑惑で連立協議難航も

      20171022000020

       【プラハ共同】チェコ下院(定数200)選は21日、開票が終了、統計局によると現政権の連..... [ 記事へ ]