出版案内
福祉事業団

お菓子の家、サンタは宇宙人!? 大津のホテルで滋賀短大生

滋賀短期大の学生が人と宇宙人が楽しく共生する湖国のクリスマスを表現した「お菓子の家」(大津市におの浜4丁目・びわ湖大津プリンスホテル)=撮影・三木千絵
滋賀短期大の学生が人と宇宙人が楽しく共生する湖国のクリスマスを表現した「お菓子の家」(大津市におの浜4丁目・びわ湖大津プリンスホテル)=撮影・三木千絵

 大津市竜が丘の滋賀短期大の学生が作った「お菓子の家」が、同市におの浜4丁目のびわ湖大津プリンスホテルのロビーで展示されている。雪景色の湖国が色鮮やかに表現され、クリスマス気分を盛り上げている。

 作ったのは大学のパン・スイーツ研究サークル「ベーカリー塾」の27人。授業でお菓子の家作りに取り組み、地域の幼稚園や保育園などに贈っている。

 ホテルでの展示は3年前から始まり、今年のテーマが「実は宇宙人がサンタだった」。11月中旬から準備を始め、湖国で人と宇宙人が仲良く共生する様子を表した。

 お菓子の家は土台を含めて縦1メートル、横1・8メートル、高さ70センチ。砂糖とアーモンドの粉を混ぜて着色した「マジパン」で作った人形も所狭しと並ぶ。スキーを楽しむ人や、サンタ姿のタヌキ、温泉を楽しむ宇宙人など、どれも表情が豊かで、2年の山口紗稀さん(20)=東近江市=は「できるだけにぎやかに見せる工夫をした」と話す。

 26日に正月用のお色直しをし、1月中旬まで展示する。24、25日は同ホテルのコーヒーショップ「マルモラーダ」で、クリスマスにちなんだケーキなど学生が開発したメニューを提供する。

【 2016年12月06日 11時10分 】

ニュース写真

  • 滋賀短期大の学生が人と宇宙人が楽しく共生する湖国のクリスマスを表現した「お菓子の家」(大津市におの浜4丁目・びわ湖大津プリンスホテル)=撮影・三木千絵
  • クッキーやマジパンでお菓子の家を作る学生たち
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      障害ある子の親に「親心の記録」 京都、不安緩和へノート

      20170820000116

       相続税対策などを支援する一般社団法人日本相続知財センター京都支部(京都市中京区)が、障..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サンガ、連敗ストップ 大分とドロー、サッカーJ2

      20170820000124

       サッカーJ2の第29節は20日、西京極陸上競技場ほかで11試合を行い、京都サンガFCは..... [ 記事へ ]

      経済

      「さくら筆」のメーク術を指導 京都で22日

      20170820000067

       化粧筆専門店「京都六角館さくら堂」(京都市中京区)を運営するMURAGISHI(大阪府..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      高校の発達障害支援手探り 京都、教員スキルや財政課題

      20170820000101

       京都府と京都市の両教育委員会が、発達障害に対する高校での支援の充実を図ろうとしている。..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      光合成遺伝子スイッチ先祖返りも 京都府立大教授ら解明

      20170819000129

       京都府立大と京都府立植物園が、同園内で育てられているシダやマツなどの植物を使って光合成..... [ 記事へ ]

      国際

      香港、雨傘主導者の実刑判決抗議
      5万人がデモ

      20170820000102

       【香港共同】香港民主派は20日、2014年の大規模民主化デモ「雨傘運動」の主導者、黄之..... [ 記事へ ]