出版案内
福祉事業団

故井堂さんの大絵馬優しく 京都・松尾大社

井堂さんの原画を使った来年の干支「酉」の大絵馬。漫画風の優しいタッチで描かれている(京都市西京区・松尾大社)
井堂さんの原画を使った来年の干支「酉」の大絵馬。漫画風の優しいタッチで描かれている(京都市西京区・松尾大社)

 京都市西京区の松尾大社に、来年の干支(えと)の「酉(とり)」を描いた大絵馬が、この年末も飾られた。版画家として市内で長く活動し、4月に70歳で亡くなった故・井堂雅夫さんが原画を手掛けた。井堂さんは生前に全十二支の原画を残しており、同大社は「故人の遺志を継ぎ、干支が一巡するまで作品を使いたい」としている。

 井堂さんは盛岡市出身。京都で染色の道に進んだ後、20代で木版画と出合い、30代から版画家として本格的に活動を始めた。日本版画協会の作品展に入選するなど実績を重ね、国内外で展覧会も開催。3年前には画業40周年を記念して、京都文化博物館(中京区)で作品展も開いた。

 絵馬の原画は、井堂さんが同大社で結婚式を挙げた縁もあって、大社側から依頼。2013年に初めて作品が飾られたが、翌14年に末期のがんにかかっていることが分かった。

 井堂さんは、版画家としてやり残したことがないようにと決意。自らが開設した画廊兼アトリエ「雅堂」(北区)で、未完だった申(さる)から辰(たつ)までの原画制作に掛かり、昨年のうちに全て描き切った。

 長男の雅之さん(38)が「人に喜んでもらうことが大好きな父で、絵馬も子どもが見て笑顔になれるよう描いた」と話すように、酉をはじめどの干支の原画も、リアルに再現せず漫画風の優しいタッチで描かれている。

 同大社の西村伴雄権禰宜(ごんねぎ)(62)は「プロとして最後まで描き上げた井堂さんに敬意を表し、その原画の絵馬を今後も大切に飾っていきたい」と話している。

【 2016年12月09日 10時30分 】

ニュース写真

  • 井堂さんの原画を使った来年の干支「酉」の大絵馬。漫画風の優しいタッチで描かれている(京都市西京区・松尾大社)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      原発事故避難者の思い、冊子に 京都の医療従事者ら作成

      20170823000061

       福島第1原発事故によって京都府内に避難する人々が健康への思いをつづった冊子「避難者集団..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      F東京・中島がポルトガル1部へ
      リオ五輪代表MF、期限付き

      20170823000050

       J1のFC東京は23日、MF中島翔哉(23)がポルトガル1部リーグのポルティモネンセに..... [ 記事へ ]

      経済

      待ってたで、新米! 滋賀・高島、「ハナエチゼン」初出荷

      20170823000037

       滋賀県内のトップを切り、本年度産「ハナエチゼン」が22日、高島市今津町日置前のJA今津..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      違法薬物、刑事が危険性訴え 京都の小学校で講演

      20170823000036

       違法薬物の危険性について理解を深める教諭対象の研修会が22日、京都市右京区の嵯峨小で開..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      脳科学で子どもの能力開発 京都で産学公プロジェクト

      20170822000199

       京都府が、企業や研究機関、NPO法人と連携し、脳科学などの最先端技術を活用して子どもの..... [ 記事へ ]

      国際

      「複数の爆破計画」と容疑者供述
      スペイン連続テロ取り調べ

      20170823000048

       【バルセロナ共同】スペイン連続テロで、マドリードの予審判事は22日、警察が拘束した4容..... [ 記事へ ]